和浦丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.05.14:起工 13.10.12:進水、命名:和浦丸 13.12.20:竣工、船主:三菱商事株式會社
--.--.--:紐育航路 15.03.--:中間検査 16.04.--:中間検査 16.--.--:樺太〜内地
16.09.24:徴傭:陸軍 16.10.--:宇品〜大連 16.10.05:大連〜10.13西貢10.16〜10.17ドスオンドン10.18〜10.21西貢10.22〜11.10宇品 16.11.16:宇品〜11.20高雄 16.12.01:高雄〜馬公
16.12.01:軍隊区分:機密菲島部隊第一急襲隊命令第1号:輸送船隊(船番号:4) 16.12.07:(輸送船隊)馬公〜12.10アパリ第一錨地(タパル沖) 16.12.10:0600 陸軍田中支隊上陸成功      1330 巡洋艦「名取」が至近弾を受け損傷 16.12.11:1300 アパリ第三錨地(サンヴィセント港附近)に転錨 16.12.13:1700 荷揚終了 16.12.13:(輸送船隊)サンヴィセント〜12.14高雄
16.12.--:高雄〜12.16馬公〜12.19高雄 16.12.21:高雄〜12.30ラオアグ12.31〜サマローグ01.03〜01.03リンガエン01.04〜01.13ビガン〜      〜01.27リンガエン01.28〜01.29カムラン01.31〜02.13宇品 17.02.15:門司〜03.25蘭貢03.26〜03.31高雄 17.05.12:高雄〜05.18門司 17.05.21:門司〜 17.05.28:中間検査完了 17.06.--:宇品〜唐津湾 17.06.03:佐世保鎮守府信電令作第73号:       左に依り南海支隊用陸軍船団七隻(パラオ経由ラボール行弾薬糧積載)の護衛を実施すべし      1.直接護衛       (イ)護衛艦 河北丸、平島第三十六號哨戒艇       (ロ)護衛指揮官 河北丸艦長       (ハ)輸送船 ぶりすべん丸、和浦丸、ありぞな丸川丸大井川丸、三共丸、妙高丸、速力10節半       (ニ)集合 6月5日1700唐津湾       (ホ)出発 5日夜       (ヘ)航路 唐津相崎瀬戸通航大東島の東       (ト)第四艦隊に引続き東経133度北緯20度9日夕刻の予定       (チ)其の他指揮官所定      2.佐防戦艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし      3.佐世保航空隊博多航空隊各司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし      4.夕凪は右に協力門司附近より適宜護衛を行へ 17.06.06:(南海支隊輸送船団)唐津湾〜      〜06.10 0620(N19.00-E133.00)護衛が特設砲艦河北丸」から第三十驅逐隊に交代〜      〜06.13パラオ 17.06.25:パラオ〜06.27ダバオ07.02〜07.04パラオ 17.07.07:パラオ〜07.07マニラ 17.07.--:マニラ〜07.28ダバオ07.29〜07.30タモロ08.--〜08.09パラオ 17.08.--:パラオ〜08.13ラバウル 17.08.17:ラバウル〜08.18バサブア泊地 17.08.18:第四次リ号研究作戦−南海支隊主力を揚陸 17.08.19:バサブア泊地〜08.21ラバウル 17.08.30:ラバウル〜08.31バサブア09.01〜09.04ラバウル 17.09.19:ラバウル〜09.20バザブア09.21〜09.22ラバウル 17.09.--:ラバウル〜10.04パラオ 17.10.05:パラオ〜10.09ダバオ10.10〜10.11セブ10.14〜10.19マニラ 17.10.20:マニラ〜10.23高雄 17.10.26:高雄〜10.27基隆11.03〜11.08門司 17.12.06:門司〜12.11上海12.14〜12.14宇品 17.12.--:中間検査 17.12.27:宇品〜12.28釜山12.28〜12.28門司 17.12.28:門司〜佐伯 18.01.05:佐伯〜      〜北緯29度線にて「第三十九號驅潜艇」の護衛終了〜      〜01.24トラック 18.01.24:トラック〜01.24ラバウル 18.02.01:ラバウル〜02.01パラオ 18.02.01:パラオ〜02.16バリックパパン02.25〜03.01昭南 18.03.04:昭南〜03.05ジャカルタ03.--〜03.31パラオ 18.04.10:パラオ〜04.15マニラ 18.04.16:マニラ〜04.19高雄 18.05.09:高雄〜05.13門司 18.06.06:門司〜釜山 18.06.20:(オ007船団)佐伯〜06.29パラオ 18.3Q :船主:三菱汽船株式會社に変更 18.07.06:パラオ〜07.12宇品 18.07.18:宇品〜08.12ラバウル 18.08.17:(オ703船団)ラバウル〜08.22パラオ 18.09.10:パラオ〜10.06昭南 18.10.11:昭南〜10.27高雄 18.11.03:高雄〜11.19~戸 18.12.31:門司〜01.01高雄 19.01.06:(臨時S船団)高雄〜01.09マニラ 19.01.12:(H13船団)マニラ〜01.13カタインガン01.14〜01.17ダバオ01.19〜      〜01.21 1207 カウ湾内にて「第四號掃海艇」及び「第五號掃海艇」の護衛終了〜      〜01.21ワシレ湾 19.01.24:1714 スバイムにて「第四號掃海艇」を横付け真水供給 19.01.30:(M船団)ハルマヘラ〜01.31セブ02.02〜02.05マニラ 19.02.--:マニラ〜02.27パラオ03.05〜トラック03.17〜03.24サイパン〜03.30横浜 19.04.01:(竹船団)~戸〜泗礁山04.21〜04.28マニラ 19.05.01:(竹船団)マニラ〜      〜05.04 海軍配當船じゃんび丸」が船団から分離〜      〜05.06 1402 驅逐艦「藤波」が潜水艦発見〜      〜05.06 1402 陸軍徴傭船亞丁丸」、但馬丸」、天津山丸」被雷〜      〜05.06 1406 陸軍徴傭船「亞丁丸」沈没〜      〜05.06 1408 「第百四號哨戒艇」が掃蕩開始〜      〜05.06 1452 「第百二號哨戒艇」が敵潜水艦を探知補足、攻撃開始〜      〜05.07バンカ泊地 19.05.08:(竹船団護衛)バンカ泊地〜      〜05.08 1555(N01.24-E125.44)「第百二號哨戒艇」が敵潜望鏡を発見、爆雷攻撃3個〜      〜05.08 1800 「第三十八號驅潜艇」と「第百二號哨戒艇」が掃蕩続行〜      〜05.09ワシレ 19.05.13:(竹船団)ワシレ〜05.14レンヘーン泊地〜05.20マニラ 19.05.30:マニラ〜06.13八幡 19.07.25:宇品〜 19.08.01:(モ05船団)門司〜08.05沖縄金武湾 19.08.08:那覇〜08.10緑華山08.10〜08.11呉淞 19.08.16:(第609船団)呉淞〜08.19那覇 19.08.21:(ナモ103船団)那覇〜08.24長崎 19.08.--:長崎〜08.31門司 19.09.01:宇品〜09.08上海 19.09.12:(節船団)門司〜09.15上海 19.09.--:上海〜09.28基隆10.01〜11.10宇品 19.11.10:宇品〜11.12馬公11.17〜11.18門司 19.11.19:門司〜11.20釜山11.21〜11.23門司 19.12.--:門司〜 19.12.05:(タマ35船団)高雄〜12.05車城12.06〜12.07サンピオクイント12.08〜12.08カラヤン島12.09〜      〜12.11マニラ 19.12.--:マニラ〜12.19高雄 19.12.30:(マタ38船団)サンフェルナンド〜      〜12.30(N17.11-E120.24)サンフェルナンド北方65km付近で空爆により          右舷六番船倉水線付近に大穴〜      〜ラポック湾〜応急修理12.31〜      〜01.02高雄 19.01.15:高雄〜01.18~戸 20.02.23:陸亞普第211號:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼 20.03.--:中間検査
20.03.17:病院船衛生第五一班(曉第六一六三部隊)乗船 20.03.17:門司〜基隆〜03.25西貢 20.03.26:西貢〜      〜03.29(N15.05-E09.23)にてB-24の爆撃により至近弾を受け損傷〜      〜03.31昭南 20.04.02:昭南〜04.20香港04.20〜04.25門司 20.04.25:病院船衛生第五一班(曉第六一六三部隊)退船
20.04.26:門司〜05.30釜山06.02〜06.05馬山06.05〜06.07門司 20.06.15:門司〜06.16釜山06.16〜06.21萩 20.07.15:舞鶴〜南鮮浦項〜釜山 20.07.20:触雷により航行不能〜港内に曳航、任意擱坐
20.08.15:残存 20.08.17:解傭

同型船

 富士川丸鬼怒川丸昭浦丸

兵装

 要調査

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和14年10月号 海と空社
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.36)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1981年4月号「日本商船隊の懐古 No.22」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2004年10月号「思い出の日本貨物船その98」
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.101)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.812)

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る