妙高丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.10.21:起工、発注者:日本郵船株式會社 14.03.20:進水、命名:妙高丸 14.10.05:竣工、船主:東亞海運株式會社
16.11.20:徴傭:陸軍 16.11.20:名古屋〜12.11レガスピー12.12〜12.22高雄 16.12.30:高雄〜01.20シラングイン01.20〜01.26高雄 17.01.26:高雄〜02.10門司 17.02.16:門司〜03.25蘭貢03.26〜03.31昭南 17.--.--:昭南〜05.01大連 17.05.02:大連〜05.06大阪 17.05.27:宇品〜唐津湾 17.06.03:佐世保鎮守府信電令作第73号:       左に依り南海支隊用陸軍船団七隻(パラオ経由ラボール行弾薬糧積載)の護衛を実施すべし      1.直接護衛       (イ)護衛艦 河北丸、平島第三十六號哨戒艇       (ロ)護衛指揮官 河北丸艦長       (ハ)輸送船 ぶりすべん丸和浦丸ありぞな丸川丸大井川丸、三共丸、妙高丸、速力10節半       (ニ)集合 6月5日1700唐津湾       (ホ)出発 5日夜       (ヘ)航路 唐津相崎瀬戸通航大東島の東       (ト)第四艦隊に引続き東経133度北緯20度9日夕刻の予定       (チ)其の他指揮官所定      2.佐防戦艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし      3.佐世保航空隊博多航空隊各司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし      4.夕凪は右に協力門司附近より適宜護衛を行へ 17.06.06:(南海支隊輸送船団)唐津湾〜      〜06.10 0620(N19.00-E133.00)護衛が特設砲艦河北丸」から第三十驅逐隊に交代〜      〜06.13パラオ 17.07.02:ダバオ〜07.04パラオ 17.07.05:パラオ〜07.06香港〜07.31ダバオ08.05〜08.16ラバウル 17.08.19:ラバウル〜08.21ブナ08.22〜08.23ラバウル 17.08.24:ラバウル〜08.28ダバオ〜09.19マニラ 17.09.20:マニラ〜10.05ラバウル 17.--.--:ラバウル〜10.09ショートランド10.16〜10.17ラバウル 17.10.18:ラバウル〜10.25高雄 17.11.15:高雄〜11.19上海 17.11.20:上海〜11.25高雄 17.12.22:高雄〜12.26マニラ 17.12.27:マニラ〜01.05ラバウル 18.01.05:ラバウル〜01.07ラエ 18.01.08:1230 空爆を受け任意擱坐      1500 総員退避、船体放棄
18.01.08:放棄 18.01.08:解傭
喪失場所:S06.49-E147.04 ラエ 喪失原因:米陸軍航空隊による空爆

同型船

 妙見丸妙義丸妙法丸黄浦丸

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年5月号、11月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1988年8月号「日本商船隊の懐古 No.109」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.240)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.143)
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所 (P.61)
 「石川島技報」 S16.04 石川島技報編輯部

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る