辰鳳丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.08.02:起工 13.01.19:進水、命名:辰鳳丸 13.04.30:竣工
13.--.--:京浜〜阪神〜基隆〜台南〜高雄
16.04.17:徴傭 16.04.18:船長:海軍嘱託 入江 槇次(部内限り奏任官待遇) 16.05.10:入籍:内令第500号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
16.05.10:監督官:海軍大佐 辻田 正一 16.10.04:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(甲) 16.12.07:高雄 16.12.23:三亜〜カムラン 17.01.29:官房機密第12599号:特設運送船兵装工事の件訓令       部下海軍工廠をして首題の件左記に依り施行せしむべし        記      1.施行船名及施行場所        船名   種別 施行場所        御嶽山丸 雑用 横須賀海軍工廠        乾洋丸  同  同        明天丸  同  同        武庫丸  同  同        昌平丸  同  呉海軍工廠        辰鳳丸  同  同        明陽丸  同  同        廣コ丸  給兵 佐世保海軍工廠        那智山丸 雑用 同        萬光丸  同  同        辰和丸  同  同        山霧丸  同  同      2.工事要領        左の兵器を装備すると共に之に関連する弾火薬庫、通信装置等を整備するものとし詳細は工事施行の        海軍工廠に於て計画の上実施するものとす         四十口径八糎砲   一門(弾薬50発)         九二式七、七粍機銃 一挺(普通弾薬包3,000箇、曵跟弾薬包1,000箇)(廣コ丸のみ)         軽便防雷具     一組      3.所要兵器        海軍艦政本部長をして直接関係海軍需部長に通牒せしむ      4.試験        (イ)八糎砲は常装薬演習弾一発、七、七粍機銃は普通弾薬包三〇発以内発射を以て装備発射に代ふ        (ロ)防雷具は曳航試験を施行す      5.完成期        時機得次第速に      6.費目        (省略) 17.03.30:1800(N13.20-E160.20)横須賀向け航行中、米潜水艦Tambor(SS-198)の雷撃を受ける      1803 潜没しつつある潜水艦中央に乗上げる      〜04.04横須賀 17.04.--:運輸機密第679番電:軍需品輸送任務 17.04.08:横須賀〜芝浦〜ブラウン〜内地 17.05.28:横須賀〜八戸〜室蘭 17.06.22:特設砲艦靜海丸」に石炭補給 17.07.02:特設砲艦「靜海丸」を横付け、石炭補給(07.03まで) 17.--.--:ラバウル〜 17.08.--:ガソリン積載 17.08.17:監督官:海軍大佐 北 正一郎 17.08.--:徳山〜門司08.19〜メナド向け航行中、左舷四番艙に被雷
17.08.22:沈没 17.09.15:除籍:内令第1711号 17.09.15:解傭
喪失場所:N25.52-E121.29 台湾富貴角北西34km付近 喪失原因:米潜水艦Haddok(SS-231)の雷撃

同型船

 辰和丸辰宮丸辰春丸

兵装

 四十口径八糎砲1門、軽便防雷具1組。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年2月号、昭和13年5月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.47)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1995年9月号「日本商船隊の懐古 No.194」山田早苗
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.135)
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.96)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第四巻(P.115)
 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.169)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.77)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る