乾洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.11.24:起工 13.08.08:進水、命名:乾洋丸 13.10.15:竣工
--.--.--:三井物産船舶部の傭船 --.--.--:大連、樺太方面の石炭輸送 --.--.--:マレー方面の鉱石輸送 14.06.19:壱岐の平島で座礁 16.06.12:改名:乾陽丸
16.09.02:徴傭 16.09.04:浦賀船渠株式會社にて艤装工事開始 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設運送船(雑用船)「乾洋丸」、横須賀鎮守府所管
16.09.05:監督官:海軍大佐 本田 源三 16.09.30:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:海軍省配属、横須賀鎮守府所属、特設運送船(甲) 16.11.21:神戸〜ルオット 16.12.17:ルオット〜12.27横須賀 17.01.08:崎戸〜三亞〜高雄〜レガスピー 17.01.15:0000 ケンダリ攻略部隊編成 17.01.16:レガスピー〜01.18ダバオ 17.01.--:ダバオ〜バンカ 17.01.21:(ケンダリ攻略作戦:第二梯団)バンカ〜01.24ケンダリ 17.01.24:揚陸 17.--.--:ケンダリ〜佐世保〜02.16横須賀 17.01.29:官房機密第12599号:特設運送船兵装工事の件訓令       部下海軍工廠をして首題の件左記に依り施行せしむべし        記      1.施行船名及施行場所        船名   種別 施行場所        御嶽山丸 雑用 横須賀海軍工廠        乾洋丸  同  同        明天丸  同  同        武庫丸  同  同        昌平丸  同  呉海軍工廠        辰鳳丸  同  同        明陽丸  同  同        廣コ丸  給兵 佐世保海軍工廠        那智山丸 雑用 同        萬光丸  同  同        辰和丸  同  同        山霧丸  同  同      2.工事要領        左の兵器を装備すると共に之に関連する弾火薬庫、通信装置等を整備するものとし詳細は工事施行の        海軍工廠に於て計画の上実施するものとす         四十口径八糎砲   一門(弾薬50発)         九二式七、七粍機銃 一挺(普通弾薬包3,000箇、曵跟弾薬包1,000箇)(廣コ丸のみ)         軽便防雷具     一組      3.所要兵器        海軍艦政本部長をして直接関係海軍需部長に通牒せしむ      4.試験        (イ)八糎砲は常装薬演習弾一発、七、七粍機銃は普通弾薬包三〇発以内発射を以て装備発射に代ふ        (ロ)防雷具は曳航試験を施行す      5.完成期        時機得次第速に      6.費目        (省略) 17.02.27:監督官:海軍大佐 谷井 末吉 17.03.01:横浜〜04.21横浜 17.04.23:横浜〜04.25相生05.24〜05.25横須賀 17.05.23:軍隊区分:大海機密第554番電:聯合艦隊第三期作戦用輸送船として 06.05以降当分の間第二艦隊司令長官指揮下 17.05.28:横須賀〜05.31佐世保 17.06.04:第85通信隊機密第14番電:       待機部隊左記に依りトラックに進出の予定      1.佐世保第五特別陸戦隊、第八十五通信隊、第八十五潜水艦基地隊(筥崎丸、乾洋丸、廣コ丸金龍丸        に分乗)金龍丸及び第二十三驅潜隊(第二十二號驅潜艇欠)は6月7日午後1時佐世保発6月16日        トラック着      2.第十三設営隊、第十四設営隊(吾妻丸松本丸畿内丸野島丸に分乗)及第三十二驅潜隊(        第二十八號驅潜艇欠)6月10日午後1時佐世保発6月20日トラック着      3.第二十二號驅潜艇第二十八號驅潜艇は攻略部隊電令作第11号に依り尾上丸日威丸日朗丸及         淀川丸を護衛し6月10日杵築湾発6月20日トラック着 17.06.07:佐世保〜06.16トラック 17.06.19:軍隊区分:大海機密第855番電:第二艦隊司令長官の指揮を解き第四艦隊司令長官指揮下
17.06.--:軍隊区分:機密SN作戦第二護衛隊命令?:第二護衛隊 17.06.26:(SN作戦)トラック〜07.01ラエ 17.07.01:ラエ〜07.03ラバウル      (リ号研究作戦第三次−海軍第十四・第十五設営隊輸送) 17.08.06:ラバウル〜反転08.08〜08.09ラバウル      (リ号研究作戦第四次−海軍第十五設営隊、台南空の人員輸送) 17.08.17:ラバウル〜08.18バサブア(揚陸)08.19〜08.21ラバウル      〜10.13横須賀 17.10.20:監督官:海軍大佐 富田 賢四郎 17.10.25:横須賀〜11.02トラック 18.01.07:横須賀〜01.10徳山01.15〜01.15若松01.18〜01.18呉01.20〜 18.03.22:サイパン〜本土向け航行中、船橋下、船尾に計2発被雷
18.03.23:沈没 18.05.01:除籍:内令第835号 18.05.01:解傭
喪失場所:N17.16-E144.56 ググアン島西方95km付近 喪失原因:米潜水艦Whale(SS-239)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 四十口径八糎砲1門、軽便防雷具1組。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年11月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.35)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2001年7月号「思い出の日本貨物船その59」
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.233) 
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十一巻(P.34)
 「播磨造船所50年史」 S35.11 株式会社播磨造船所(P.127)
 「乾汽船60年の歩み」S43.08 乾汽船株式会社(P.147)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る