辨天丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 13.03.--:進水、命名:辨天丸 --.--.--:竣工
--.--.--:
16.12.03:徴傭 16.12.05:入籍:内令第1600号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
16.12.05:監視艇長:海軍特務少尉 佐々木 林太郎 16.12.31:内令第1780号:横須賀海軍警備隊所属 16.12.31:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀海軍警備隊 16.12.31:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第31号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.01.10:横須賀〜 17.01.12:警備部隊機密第119番電:丙哨戒隊O七区哨戒      〜01.23横須賀 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.02.07:横須賀〜02.17横須賀 17.03.05:横須賀〜 17.03.06:警備部隊機密第275番電:03.07 0800以降哨区N八 17.03.11:警備部隊機密第292番電:03.12 0600発動哨区N九 17.03.17:警備部隊機密第309番電:横須賀帰投      〜03.19横須賀 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.04.03:横須賀〜N三哨区哨戒〜04.21横須賀
17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第四監視艇隊 17.04.10:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第四監視艇隊 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.04.10:監視艇長:海軍特務少尉 佐々木 林太郎 17.04.24:横須賀〜04.24三崎 17.04.--:修理 17.05.--:監視艇長:海軍兵曹長 岩崎 徳造 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.05.--:軍隊区分:第一哨戒隊 17.05.12:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜05.25横須賀 17.06.03:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜06.16横須賀 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.06.25:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜07.09横須賀 17.07.18:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜07.28横須賀 17.08.07:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜08.18横須賀 17.08.29:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜09.08横須賀 17.09.16:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜09.27横須賀 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.10.07:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜10.18横須賀 17.10.23:横須賀〜10.24小名浜 17.10.24:通信中継任務 17.10.28:小名浜〜10.28中之作 17.10.28:通信中継任務 17.11.06:中之作〜11.07長浦 17.11.14:長浦〜11.14横浜 17.11.14:神奈川造船にて修理(12.14まで) 17.12.14:横浜〜12.14長浦 17.12.21:長浦〜第一哨戒線哨戒〜12.26鮎川 17.12.29:鮎川〜第一哨戒線哨戒〜01.04長浦 18.01.20:長浦〜第一哨戒線哨戒〜01.23気仙沼 18.01.26:気仙沼〜第一哨戒線哨戒〜03.31横須賀 18.04.08:横須賀〜 18.05.01:南三B機密第010800番電:特設砲艦京津丸」遭難現場附近にて救難作業及び対潜掃蕩 18.05.05:哨区哨戒 18.05.21:哨区哨戒 18.06.05:女川〜哨区〜 18.06.15:特設監視艇隊編制:内令第1207号:第四監視艇隊の項を削る
18.06.15:内令第1209号:女川防備隊所属 18.06.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 18.06.15:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊南三陸部隊特設監視艇(乙) 18.06.20:女川〜哨区〜06.30女川 18.07.05:女川〜哨区〜07.11女川 18.07.20:女川〜哨区〜07.25女川 18.08.04:女川〜哨区〜08.09女川 18.08.16:女川〜対潜掃蕩〜08.17女川 18.08.19:女川〜哨区〜08.24女川 18.09.01:女川〜哨区〜09.04女川 18.09.06:女川〜哨区〜09.11女川 18.09.21:女川〜哨区〜09.26女川 18.10.06:女川〜哨区〜10.10女川 18.10.20:女川〜哨区〜10.25女川 18.11.04:女川〜哨区〜11.09女川 18.11.18:女川〜11.18釜石 18.11.18:修理(02.01まで) 18.11.29:軍隊区分:機密南三陸部隊命令作第7号:第三哨戒隊(6)第六小隊(25) 19.02.01:石巻〜02.01女川 19.02.02:女川〜哨区〜02.07女川 19.02.17:女川〜哨区〜02.22女川 19.02.27:女川〜哨区〜03.03女川 19.03.08:女川〜哨区〜03.14女川 19.03.18:女川〜哨区〜03.23女川 19.04.02:女川〜哨区〜04.07女川 19.04.16:女川〜哨区〜04.21女川 19.05.01:女川〜哨区〜05.06女川 19.05.21:女川〜哨区〜05.27女川 19.05.28:女川〜哨区〜06.01女川 19.06.05:女川〜哨区〜06.10女川 19.06.15:女川〜哨区〜06.19女川 19.06.25:女川〜哨区〜06.30女川 19.07.07:女川〜哨区〜07.08女川 19.07.09:女川〜哨区〜07.09女川 19.07.10:女川〜哨区〜07.15女川 19.07.20:女川〜哨区〜07.26女川 19.07.31:女川〜哨区〜07.31女川 19.08.03:南三陸部隊機密第031352番電:      1.第三十三號掃海艇第一鶚丸及び第三哨戒隊は4日0800女川発、夫々金華山、小名浜哨区及び 第一哨戒線配備に就け、第三哨戒隊北より第二長周丸長功丸辨天丸及び第一須山丸の順序      2.第四十四驅潜艇第三魁丸及び第一哨戒隊は夫々交代帰投せよ 19.08.04:女川〜哨区〜      〜08.08(N37.09-E142.05)浮流機雷1個処分〜哨区〜      〜08.09女川 19.08.15:女川〜哨区〜08.15女川 19.08.18:南三陸部隊機密第181922番電:      1.第二號金剛丸第二幸昌丸及び第三哨戒隊は19日0800女川発、夫々金華山、小名浜哨区及び        第一哨戒線に就け、第三哨戒隊北より長功丸、辨天丸、第一須山丸及び第二長周丸の順序 19.08.19:女川〜哨区〜08.24女川 19.08.29:女川〜哨区〜08.29女川 19.09.02:南三陸部隊機密第021448番電:      1.第三十三號掃海艇、第一鶚丸及び第三哨戒隊は3日0830女川発、夫々金華山、小名浜哨区及び 第一哨戒線に就け、第三哨戒隊北より辨天丸、第五盛秋丸、第二長周丸及び長功丸の順序      2.第二號金剛丸、第二幸昌丸及び第二哨戒隊は夫々交代帰投せよ 19.09.03:女川〜哨区〜09.09女川 19.09.18:女川〜哨区〜09.24女川 19.10.03:女川〜哨区〜10.09女川 19.10.10:女川〜小渕にて浮流機雷1個処分〜10.10女川 19.10.18:女川〜哨区〜10.24女川 19.11.01:女川〜哨区〜11.06女川 19.11.04:軍隊区分:横鎮信電令作第734号:当分の間、東京湾部隊指揮下 19.11.08:女川〜11.10浦賀
19.12.20:内令第1376号:横須賀防備隊所属 19.12.20:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊横須賀防備隊 19.12.20:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第二特設監視艇隊 19.12.20:上架修理のため石巻太平洋造船所に回航中(03.19まで) 20.02.--:監視艇長:海軍少尉 岩埼 徳造 20.03.--:石巻〜03.19浦賀 20.03.20:浦賀泊待機(03.31まで) 20.06.06:久里浜〜06.30浦賀 20.07.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第一特攻戦隊横須賀防備隊 20.07.15:久里浜〜07.23大津
20.08.15:残存 20.09.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備隊 20.11.30:除籍:第301730番電 20.11.30:解傭

同型船

 要調査

兵装

 要調査

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る