第二十五號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.03.21:起工、仮称艦名:第524號艦 17.12.15:命名:達第339号:第二十五號驅潜特務艇 17.12.15:類別等級制定:内令第2310号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 17.12.15:本籍仮定:内令第2297号:佐世保鎮守府 18.02.20:進水 18.04.--:米子〜04.25舞鶴 18.04.28:舞鶴海軍工廠に引渡し 18.05.14:竣工
18.05.14:本籍:内令第924号:佐世保鎮守府、佐世保防備隊所属 18.05.14:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:海面防備部隊佐世保部隊 18.05.--:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第--号:佐世保部隊湾口部隊第四哨戒部隊 18.05.--:舞鶴〜05.21佐世保 18.05.23:佐世保〜交通〜05.25佐世保 18.05.28:佐世保〜哨戒〜      〜05.31 0135 佐防機密第310135番電(直ちに出撃、平島に協同敵潜を撃滅すべし)〜      〜05.31 0150 哨区発〜      〜05.31 1242 現場着〜      〜05.31 1926 佐海防電令作第67号(1.第二十五號驅潜特務艇は明日1000迄に富江に回航、鷹島に爆雷             補給後佐世保に帰投すべし、2.鷹島は明日天明後現場発富江に回航、             第二十五號驅潜特務艇より爆雷全部を受取り現場に向うべし)〜      〜06.01 0847 佐海防電令作第68号(爆雷補給を取止め佐世保に帰投すべし)〜      〜06.02佐世保 18.06.03:佐世保〜訓練〜06.03佐世保 18.06.04:佐世保〜向後埼哨区哨戒〜06.06佐世保 18.06.09:佐世保〜四、五哨区哨戒〜06.15佐世保 18.06.18:佐世保〜二、三哨区哨戒〜06.21佐世保 18.06.22:佐世保〜哨戒〜06.23佐世保 18.06.23:敷設艇鷹島」から便乗者60名が移乗 18.06.24:佐世保〜哨戒〜06.27佐世保
18.07.01:内令第1317号:第一根據地隊所属 18.07.01:戦時編制:聯合艦隊南東方面艦隊第八艦隊第一根據地隊 18.07.03:入渠、探信儀装備工事予定 18.07.14:出渠予定 18.07.24:工事完成予定 18.07.26:佐世保〜07.26津屋崎07.27〜07.27安土庄07.28〜07.28高松07.29〜      〜07.31 御前崎の250度約18浬にて飛行機の嚮導により爆雷攻撃〜      〜08.01横須賀 18.08.03:(第3083船団護衛)横須賀〜父島〜サイパン〜08.19トラック 18.08.27:(第5872船団護衛)トラック〜      〜08.29 1200 「第三十三號驅潜特務艇」と合同〜      〜クサイ〜ヤルート
18.09.01:内令第1833号:第三特別根據地隊所属 18.09.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第三特別根據地隊 18.09.28:(第3928船団護衛)横須賀〜父島 19.01.01:軍隊区分:機密南洋方面部隊命令作第6号:マーシャル方面防備部隊
19.01.05:内令第51号:第六十七警備隊所属
19.01.31:沈没 19.03.31:内令第515号:第六十七警備隊所属解除 19.03.31:類別等級削除:内令第500号 19.03.31:除籍:内令第516号
喪失場所:N.-E. ナウル島 喪失原因:米軍機による空爆

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る