第三十三號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.05.14:起工、仮称艦名:第532號艦 18.02.18:進水 18.04.30:命名:達第96号:第三十三號驅潜特務艇 18.04.30:類別等級制定:内令第816号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.04.30:本籍仮定:内令第815号:佐世保鎮守府 18.05.21:竣工
18.05.21:本籍:内令第1000号:佐世保鎮守府 18.05.21:内令第924号:佐世保防備隊所属 18.05.21:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 18.05.21:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第43号(06.01):海面防備部隊佐世保部隊 18.05.--:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第--号:佐世保部隊湾口部隊第四哨戒部隊 18.05.22:佐世保〜哨戒〜 18.05.26:佐世保〜哨戒〜05.29佐世保 18.06.01:佐世保〜哨戒、航路指示〜06.07佐世保 18.06.09:佐世保防備戦隊信令第44号:シ第103船団を上海まで直接護衛、帰路出来ればモ第606船団護衛に協力 18.06.10:佐世保〜06.10伊万里湾 18.06.11:伊萬里湾集合地管理官機密第111120番電:      1.シ第一〇三船団3隻        護衛艦 第三十三號驅潜特務艇        11日0600伊万里湾発、15日0320ベルブイ着の予定、速力五節、        航路 古志岐島北3浬S六〇、S六一経由余山に向う        昌江丸(浚渫船)JQIR637噸上海(八所)上總丸JCQE、下總丸JCRE以上270噸厦門(八所)      2.正午位置        11日古志岐島35度7浬        12日北緯33度11分東経127度07分        13日北緯32度40分東経125度11分        14日北緯31度51分東経123度15分      3.上總丸、下總丸ベルブイにて分離南下、大陸接岸、19日0600厦門着の予定        正午位置        15日北緯30度20分東経122度20分        16日北緯28度19分東経122度07分        17日北緯26度40分東経120度50分        18日北緯24度55分東経119度33分 18.06.11:(シ第一〇三船団護衛)伊万里湾〜      〜06.13 2020(N31.59-E122.54)霧の為、船団離散〜      〜06.15上海 18.06.16:上海〜06.16呉淞 18.06.16:上根機密第160807番電:      1.モ第六〇六船団(八幡行礦石船)        鳴尾丸7000噸陸兵749名、大圖丸3970噸、大冶丸3660噸、東泰丸4450噸、浦戸丸8900噸、御影丸3300噸      2.護衛艦 峯風、第三十三號驅潜特務艇、速力八節      3.16日0600呉淞発、航路三〇〇八、三〇一六、18日0900黄島着、19日未明六連島着の予定      4.正午位置        17日北緯31度55分東経125度50分 18.06.16:(モ第六〇六船団護衛)呉淞〜06.16ベルブイ06.16〜06.18佐世保 18.06.21:佐世保〜航路指示〜06.24佐世保 18.06.27:佐世保〜哨戒〜06.佐世保
18.07.01:内令第1317号:第一根據地隊所属 18.07.01:戦時編制:聯合艦隊南東方面艦隊第八艦隊第一根據地隊 18.07.03:入渠、探信儀装備工事予定 18.07.14:出渠予定 18.07.24:工事完成予定 18.07.26:佐世保〜07.26津屋崎07.27〜07.27安土庄07.28〜07.28高松07.29〜      〜07.31 御前崎の250度約18浬にて飛行機の嚮導により爆雷攻撃〜      〜08.01横須賀 18.08.03:(第3083船団護衛)横須賀〜父島〜サイパン〜08.19トラック 18.08.23:(「日豐丸」護衛)トラック〜08.25ポナペ 18.08.29:ポナペ〜      〜08.29 1200 「第二十五號驅潜特務艇」と合同〜      〜クサイ〜ヤルート
18.09.01:内令第1833号:第三特別根據地隊所属 18.09.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第三特別根據地隊 19.01.01:軍隊区分:機密南洋方面部隊命令作第6号:マーシャル方面防備部隊
19.01.05:内令第51号:第六十七警備隊所属
19.01.31:沈没 19.03.31:内令第515号:第六十七警備隊所属解除 19.03.31:類別等級削除:内令第500号 19.03.31:除籍:内令第516号
喪失場所:N.-E. ナウル 喪失原因:米機による空爆

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る