特殊漁船(その1)

特殊漁船について

昭和17年日本本土東方の太平洋上に哨戒線を築くにあたって、第五艦隊は特設監視艇を最小限120隻必要としましたが、既に徴傭すべき漁船に余力がなかったため90隻の配当に止まりました。そこで特設監視艇の補助として太平洋方面に出漁する鰹鮪船のうち短波無線電信機を有するもの29隻に対して海軍が燃料を支給する代わりに、その行動を規制し概ね東経160度付近に出漁させて洋上監視力の増強に寄与させました。これは「徴用特殊船団」の名称で農林省が募集を行いました。軍務一機密第102号という文書が「戦没船を記録する会」のウエブサイトでご覧になれますので詳しくはそちらをご覧ください。なお、のちに第一繁伍丸など4隻は特設監視艇に転用されました。

特殊漁船の諸元

ここをクリックして下さい。

特殊漁船の船歴

下の各船の画像をクリックして下さい。

第三太洋丸

C正丸

第六勇喜丸

第二海王丸

第十五號事代丸

第八太洋丸

第十五號源榮丸

第五號萬榮丸

八幡丸

第十一號正榮丸

明鷹丸

第十住吉丸

若丸

第五振興丸

第三祐昌丸

第一繁伍丸

第二松生丸

第三明神丸

昭榮丸

 

写真出典:

 

*****