文山丸の船歴

 年 月 日:船歴

15.04.05:起工 16.08.27:進水、命名:文山丸 17.04.27:竣工
17.12.02:徴傭:陸軍 17.12.02:宇品〜12.06ラバウル 17.12.28:ラバウル〜01.20エレベンタ01.21〜01.23セブ01.24〜01.28ダバオ03.03〜03.12パラオ 18.04.26:(第三次ウエワク輸送作戦)パラオ〜05.01ウエワク05.01〜05.06パラオ 18.05.07:パラオ〜05.28宇品 18.06.09:門司〜06.17パラオ 18.06.26:パラオ〜07.03ラバウル08.15〜08.19タリナー08.25〜08.27ラバウル 18.09.07:RX方面防備部隊電令作第479号:       第五日の丸、文山丸7日1130ラバウル発1930RPGの南2浬8日0815ブカ島北2浬       0700文山丸解列1030ブカ島着9日0200ショートランド湾北口0400ブイン泊地着       第二十八號掃海艇は第五日の丸の指揮を受け護衛すべし 18.09.07:ラバウル〜09.14タリナー09.16〜09.20ラバウル 18.09.28:ラバウル〜09.29タリナー09.30〜10.12ラバウル 18.10.22:ラバウル〜パラオ 18.11.05:(フ五〇三船団)パラオ〜      〜11.09 1320(N21.40-E131.12)陸軍徴傭船多賀丸」被雷、航行不能〜      〜11.11 1135(N27.40-E130.24)特設運送船興西丸」被雷、航行不能〜      〜11.11 1502 雷撃を受けるが被害なし〜      〜11.11 1614 雷撃を受けるが被害なし〜      〜11.11 1800 加計呂麻島入江に避泊〜      〜11.15宇品 18.11.18:大阪〜01.09マノクワリ01.12〜01.18高雄 19.02.01:高雄〜02.04大坂 19.02.04:大阪〜03.03マニラ 19.03.--:マニラ〜ワシレ 19.04.27:ワシレ〜      〜04.30 1155 「第四號掃海艇」、特設運送船安州丸」と分離〜   〜マノクワリ〜05.04ソロン〜ワシレ 19.05.--:ワシレ〜05.29マノクワリ05.29〜06.04ハルマヘラ 19.06.24:ハルマヘラ〜06.26ソロン 19.06.26:空爆により小破 19.06.27:ソロン〜06.30ハルマヘラ 19.07.--:ハルマヘラ〜07.30バンカ08.12〜08.16トリトリ09.03〜09.16サンダカン 19.10.03:(マタ28船団)マニラ〜10.03キャプキャパン10.04〜10.04サンタクルーズ 19.10.05:(マタ28船団)サンタクルーズ〜10.05サンフェルナンド 19.10.06:(マタ28船団)サンフェルナンド〜      〜10.06 1500 臨時配當船北嶺丸」被雷〜      〜10.06 1502 「第二山水丸」被雷沈没〜      〜10.06 ---- ラポック着〜      〜10.07 0224 ラポック発楡林に向け避退開始〜      〜10.08 2325 陸軍徴傭船湖北丸」被雷沈没〜      〜10.11香港 19.10.15:香港〜10.15九龍 19.10.15:入渠
19.10.16:沈没 19.10.16:解傭
喪失場所:日立造船株式會社九龍造船所 喪失原因:米陸軍第14航空隊による空爆

同型船

D型標準船

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 「海洋少年」通巻41号 海と空社
 「笠戸船渠株式会社 創業40年を顧みて」S34.09 笠戸船渠株式会社

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る