松江丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.05.12:起工 14.12.09:進水、命名:松江丸 15.03.10:竣工
15.11.05:船長:海軍嘱託 中川 伊助(部内限り奏任官待遇)
16.10.30:徴傭 16.11.10:入籍:内令第1391号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.--.--:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.--.--:〜12.01古仁屋12.09〜12.10久慈12.14〜12.14古仁屋12.16〜12.17佐世保 16.12.16:官房機密第116966号:居住施設その他整備の件訓令 16.12.30:佐世保〜01.05ダバオ01.14〜01.16メナド01.17〜01.17バンカ01.18〜      〜01.19メナド01.22〜01.22バンカ01.27〜01.27メナド02.01〜02.01バンカ 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:直卒部隊      (マカッサル攻略作戦−第二梯団) 17.02.02:バンカ〜02.04ケンダリー02.06〜02.08マカッサル(揚陸)02.16〜      〜02.22パラオ02.25〜02.25ガラスマオ03.03〜03.11門司 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:直卒部隊 17.03.14:門司〜03.14津久見03.18〜03.20東京03.25〜04.03ブラウン04.06〜      〜04.08ウオッゼ04.10〜04.11メジュロ04.16〜04.17クエゼリン05.03〜      〜05.14門司05.14〜05.15佐世保
17.04.10:除籍:内令第662号 17.05.20:解傭発令 17.05.24:解傭授受:佐世保 17.05.27:解傭
--.--.--:徴傭:船舶運營會 18.03.14:佐世保鎮守府信電令作第19号:       佐世保防備戦隊司令官は一艇を派遣し第一海上護衛隊の船団護衛(護衛艦:第三十六號哨戒艇)に       協力せしむべし      1.第一三七船団六隻松江丸六甲丸日美丸北光丸華陽丸、松江丸(陸軍兵員2,700名乗船速力        9節)      2.3月15日1100門司発高雄行      3.護衛協力区域 大瀬崎北方より北緯30度30分東経134度30分附近迄 18.03.15:(第137船団)門司〜03.20高雄 18.03.--:高雄〜03.22楡林 18.03.22:第1次海軍指定船 18.03.--:揚荷1,419.553t(容積) 18.03.25:楡林〜03.25八所(海南島) 18.03.--:揚荷892.591t(容積)、積荷4,000t 18.03.29:八所〜03.29楡林 18.03.--:積荷4,180t 18.04.01:楡林〜04.06基隆 18.04.07:基隆在勤海軍武官機密第071130番電:      1.基隆発第二船団四隻      2.護衛艦 海威      3.7日0900発速力九、七節、        乾進丸 石炭4300瓲、松江丸 礦石7100瓲、門司着12日0800        長山丸 船客170名、雑貨5600瓲、大連着11日2400        若草丸 雑貨1530瓲、青島着11日0700      4.富貴角、牛山島、北漁山、釣掛埼、寶島、柏埼瀬戸、壹岐水道、青島、大連行は北漁山より接岸北上      5.六連島行 8日七星島             9日北緯29度27分東経123度48分             10日北緯30度54分東経127度36分             11日生月島、        青島行  9日北緯30度00分東経122度30分             10日北緯33度40分東経121度53分        大連行  11日山東高角 18.04.07:(基第二船団)基隆〜04.16横浜 18.04.--:揚荷8,180t 18.04.22:横浜〜04.25若松04.28〜04.29唐津04.30〜伊万里湾 18.05.03:伊萬里湾集合地管理官機密第031907番電:      1.佐第十四船団8隻        3日0600伊萬里湾発、5日0600花鳥山着の予定、速力九節、相崎瀬戸通過後三〇一六、三〇〇八        同和丸(JGXR)貨車、呉淞行、日高丸(JYVR)南華丸(JHMA)安國丸(JGJR)以上空船        順陽丸(JKLB)軍属以上蕪湖行、玉鉾丸(JIWD)軍隊、雑貨、上海行、松江丸(JQYG)材木、八所行        宇賀丸(JYTA)空船、下三山      2.正午位置        3日北緯32度53分東経129度08分         4日北緯31度42分東経125度28分      3.松江丸、花鳥山にて分離、大陸接岸10日0300八所着予定        5日北緯29度51分東経122度42分         6日北緯26度11分東経120度18分        7日北緯23度08分東経117度18分         8日北緯21度36分東経114度06分        9日北緯20度18分東経110度40分      4.護衛艦         3日1100相崎瀬戸にて会合す 18.05.03:(佐第十四船団)伊万里湾〜花鳥山〜05.11八所 18.05.--:積荷7,250t 18.05.18:八所〜05.24基隆05.28〜八幡向け航行中、被雷
18.05.29:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N29.37-E125.00 東支那海六横島東方275km付近 喪失原因:米潜水艦Saury(SS-189)の雷撃

同型船

 西江丸北江丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和15年1月号、昭和15年6月号
 「戦没船写真集」 H13.08 全日本海員組合

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る