第四海洋の船歴

 年 月 日:船歴

16.05.23:起工 17.01.20:進水 17.07.03:官房機密第8210号:無線兵器換装の件訓令 17.07.17:竣工
17.07.17:官房第4400号:昭和十五年度新造雑役船       命名:雑役船「第四海洋」       船種:海洋觀測船(二百瓲)       所属:水路部、定数別:臨時附属       製造所:三菱彦島造船所       契約納入場所:呉工廠       竣工予定期日:昭和17年06月末日 17.08.17:横須賀〜08.31東京 17.--.--:船長:佐藤 孫七 17.09.--:伊豆沖からマリアナ諸島北部海域に至る北太平洋一斉海洋観測 17.09.--:油津を基地として九州南部沖縄近海海域の海象観測 17.09.25:東京〜10.10油津10.16〜10.19東京 17.11.25:東京〜ラバウル 18.01.--:所属:第八気象隊 18.01.末:ガダルカナル島作戦に参加、      基地の東方約500m、S04-E160オントング付近で観測通信作業中B-17と交戦、      銃撃を受け船尾の爆雷に命中、右舷船尾宗逸、後部甲板破壊、操舵不能、翌日基地に帰還 18.--.--:工作船にて応急修理 18.--.--:ラバウル〜トラック 18.--.--:浮船渠にて修理 18.--.--:赤道附近にてB-24と交戦〜カビエン〜ラバウル 18.11.02:東飛行場附近の錨地から北側に避航中、敵機と交戦、至近弾に依り航行不能 18.--.--:特設工作艦山彦丸」に接舷し応急修理 18.12.06:(第2063船団)ラバウル〜12.10トラック --.--.--:トラック〜01.--横須賀 19.--.--:三菱重工業株式會社下関造船所にて入渠、第修理 19.09.--:所属:気象部 19.09.--:(N24-E136)定点で気象観測、哨戒 19.--.--:駿河湾にて海洋観測 19.10.01:横須賀〜      〜10.05 0530 作業地着、漂泊開始〜      〜10.06 2230(N24.50-E135.19)台風中心遭遇 20.08.--:呉〜笠岡
20.08.15:残存:SCAJAP No. K-091 20.--.--:燈台の被害調査、修理資材の補給 21.05.--:水路業務 23.07.19:(現在)船長:技官 佐藤 孫七 23.07.19:(海象観測)山川〜長崎〜下関〜伏木〜酒田〜函館〜小樽〜09.15稚内
23.08.20:船舶の番号制定:運輸省告示第230号:       船種:測量船(HG)、番号:HG 01、船名:第四海洋 23.09.18:(海象観測)稚内〜網走〜枝幸〜09.21稚内 23.10.01:(海象観測)函館〜釧路〜厚岸〜室蘭〜10.17函館 23.11.15:所属制定:海上保安庁達第19号:       所属:水路局、測量船、番号:HG 01、船名:第四海洋 23.12.04:(海象観測)浦賀〜釜石〜気仙沼〜小名浜〜12.19東京 24.08.01:海上保安庁達第47号(08.26附):海難救助船として使用       船名:HG 01 第四海洋丸、所属:水路部、総噸数:二〇〇、五五、       機関の種類馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇、〇、船体:鋼造 24.08.08:日本海海象観測(08.21まで) 24.09.25:本州南方海域象観測(10.13まで) 24.10.20:船舶の番号廃止:運輸省告示第302号(24.10.18附): 24.10.20:船舶の番号制定:海上保安庁告示第36号(24.10.18附):       船種:測量船、番号:HG 01、船名:第四海洋丸 25.01.23:船長:海上保安官(一等海上保安士)佐藤 孫七 25.07.01:船舶の番号改正:海上保安庁告示第22号(25.08.16附):       船種:測量船、番号:HM 01、船名:第四海洋丸 28.08.--:船長:(佐藤海上保安官、明洋船長に転任) 29.04.01:海上保安庁達第10号(29.03.10附):海難救助船として指定       船名:HM 01 第四海洋丸、所属:水路部、排水トン数:二七七、       機関の種類及馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇・〇、船体:鋼造 29.05.01:船舶の番号改正:海上保安庁告示第5号(29.04.16附):       船種:測量船、番号:HM 01、船名:第四海洋丸 30.09.01:海上保安庁達第22号:海難救助船の指定に関する達の一部改正       船名:HM 01 第四海洋丸、所属:水路部、排水屯数:二七七、       機関の種類及馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇、〇、船体:鋼造 31.04.21:海上保安庁達第14号:海難救助船の指定に関する達の一部改正       船名:HM 01 第四海洋丸、所属:水路部、排水トン数:二七七、       機関の種類及馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇、〇、船体:鋼造 31.04.21:海上保安庁達第14号:海難救助船の指定に関する達の一部改正       船名:HM 01 第四海洋丸、所属:水路部、排水トン数:二七七、       機関の種類及馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇、〇、船体:鋼造 31.12.15:船舶の番号改正:海上保安庁告示第54号:       船種:測量船、番号:HM 01、船名:海洋 32.11.11:海上保安庁達第37号:海難救助船の指定に関する達の一部改正       船名:HM 01 海洋、所属:水路部、排水トン数:二七七トン、       機関の種類及馬力:ディーゼル一基、四〇〇馬力、速力:一〇、〇、船体:鋼造
39.03.26:解役 39.03.26:船舶の番号削除:海上保安庁告示第78号

同型船

 第一海洋第二海洋第三海洋第五海洋第六海洋

兵装

(18.01)
 七粍七単装機銃、小銃、爆雷。

()
 十三粍単装機銃3基、七粍七単装機銃2基、爆雷。

(終戦時)
 十三粍単装機銃4基、七粍七単装機銃2基、爆雷12個。

写真資料

 「残存帝国艦艇」図書出版社 S47.12 木俣慈郎 (P.363-364)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(174)
 「海上保安庁三十年史」S54.05 財団法人海上保安協会 (P.312)
 「水路要報第67号」S36.08 海上保安庁(P.86)
 "UC San Diego"

前の船へ ← 海洋觀測船 → 次の船へ

Homeへ戻る