第四百五十一號魚雷艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

--.--.--:起工 --.--.--:進水 18.08.15:命名:達第190ノ3号:第四百五十一號魚雷艇 18.08.15:類別等級制定:内令第1671号:種別:特務艇、類別:魚雷艇、艇型:第二百一號型 18.08.15:本籍仮定:内令第1664号:佐世保鎮守府 18.09.01:本籍:内令第1832号ノ2:佐世保鎮守府 18.09.01:内令第1833号:佐世保防備隊所属 18.09.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 18.09.05:内令第1860号:佐世保防備隊所属解除 18.09.05:内令第1858号:第二十一魚雷艇隊所属 18.09.05:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第一南遣艦隊第二十一魚雷艇隊 18.09.05:特務艇長:海軍上等兵曹 谷内 清馬 18.--.--:竣工
18.10.16:(「第二圖南丸」に搭載)佐世保〜11.03昭南 18.11.01:特務艇長:海軍兵曹長 谷内 清馬 18.11.03:軍隊区分:第十特別根據地隊司令官指揮下 18.11.16:昭南〜11.16リンガ泊地 18.11.17:第十六戦隊司令官指導の下に訓練実施(11.23まで) 18.11.24:リンガ泊地〜11.25昭南 18.12.04:内令第1664号取消し 18.12.04:命名:達第306号:第四百五十一號魚雷艇(達第190ノ3号は18.08.15に遡及して廃止) 18.12.04:類別等級改正:内令第2631号:種別:特務艇、類別:魚雷艇、艦型:第二百一號型 19.01.12:軍隊区分:本隊 19.02.03:昭南〜02.03カリムン島泊地02.04〜02.04マラッカ02.05〜02.05ポートセッテンハム02.06〜      〜02.06ルムット02.07〜02.07彼南 19.02.07:軍隊区分:第九警備隊司令官指揮下 19.02.17:軍隊区分:ペナン派遣隊 19.02.17:彼南警信令第17号:1700出港、北水道より防御海面北端附近に至り伊號第百六十二潜水艦の対潜警戒 19.02.17:彼南〜入港の「伊號第百六十二」潜水艦を護衛〜02.17彼南 19.02.24:彼南〜北口七番浮標より三番浮標の近海を哨戒〜02.24彼南 19.03.03:彼南〜南口四番浮標180度6浬「第二松丸」人命救助及び対潜掃蕩〜03.04彼南 19.03.07:彼南〜第三十潜水隊護衛〜03.07彼南 19.03.12:(308號糧食船護衛)彼南〜03.12彼南 19.03.13:彼南〜南口四番浮標15浬圏内哨戒〜03.13彼南 19.03.15:内令第439号:第二十一魚雷艇隊所属 19.03.18:(陸軍船団護衛)彼南〜ポートセッテンハム〜03.20彼南 19.09.--:第九警備隊附属 19.09.--:彼南 19.09.04:ランカウイ島連絡(09.05まで) 19.09.05:15Bg機密第051830番電:09.06彼南発プーケット進出、附近海面の敵潜掃蕩 19.09.06:彼南〜プーケット派遣(10.09まで) 19.10.10:彼南南口哨戒(10.12まで) 19.10.13:潜水艦護衛 19.10.14:彼南北口哨戒(10.23まで) 19.10.24:彼南(10.27まで) 19.10.28:対潜掃蕩(10.29まで) 19.10.30:彼南南口哨戒(10.31まで) 19.11.05:内令第1240号:第二十一魚雷艇所属解除
19.11.05:内令第1241号:第一南遣艦隊所属 19.11.05:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第一南遣艦隊 19.11.--:プーケット〜11.24彼南 20.02.05:戦時編制:聯合艦隊第十方面艦隊第一南遣艦隊
21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 22.05.03:除籍:復二第327号

同型艇

 第二百一號二百二號第二百三號第二百四號第二百五號第二百十三號第二百十四號第二百十五號第二百十六號第二百十七號第二百十八號第四百一號第四百二號第四百三號第四百四號第四百五號第四百六號第四百七號第四百八號第四百九號第四百十號第四百五十一號第四百五十二號第四百五十三號第四百五十四號

兵装

 九三式十三粍単装機銃1基、四十五糎魚雷落射機2基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 魚雷艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る