更新履歴とひとりごと

2021年5月08日 Version 21.18非公開

大湊警備府・大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和18年07月まで。組込んだ船歴は石埼、白神、八丈、石垣、國後、常盤、永保丸、第二高運丸、三穂丸、第二御崎丸、第36号駆潜艇、第41号駆潜艇、第43号駆潜艇、建武丸、昭浦丸、い號壽山、山丸。
本屋で「海軍軍医のソロモン海戦」という文庫を見付け「特設掃海艇軍医長の先陣日記」という副題により、特設掃海艇とは珍しいと衝動買い。家に戻って特設掃海艇の何丸かとパラパラめくってみるとアレッ第二文丸。嫌な予感は見事に的中「単行本 平成十二年六月「海ゆかば」改題」とある。やってもうた。

2021年4月30日 Version 21.17非公開

大湊警備府・大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和18年06月まで。組込んだ船歴は石埼、白神、八丈、石垣、國後、永保丸、第二高運丸、三穂丸、第二御崎丸、第14号駆潜艇、第15号駆潜艇、第36号駆潜艇、第41号駆潜艇、第43号駆潜艇、淀橋、第二十三號驅潜特務艇、日進、常盤、興東丸、第二号新興丸、いくしま丸、民星丸、磐城丸、睦洋丸、~龍丸、第八御影丸、日興丸、利山丸、乾瑞丸、生駒山丸、崎戸丸、高島丸、岩木丸。
遅ればせながら瑜伽山にお参りに行く。
天翔氏が「土と兵隊」という映画の事をTweatしておられたので、Youtubeからその部分だけ録画。大元丸の写真資料にこの映画名を追記。

2021年04月23日 Version 21.16非公開

大湊警備府・大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和18年05月まで。組込んだ船歴は石埼、白神、八丈、石垣、國後、永保丸、第二高運丸、三穂丸、第二御崎丸、初島、立石、第41号駆潜艇、第43号駆潜艇、葵丸、天領丸、崎戸丸、めるぼるん丸、伏見丸、龍丸、神龍丸、三興丸、長田丸、浪切、公稱第763號、公稱第1560號曳船、公稱第3742號水船、公稱第3827號重油船、公稱第4448號、公稱第4626號、公稱第4627號、公稱第5159號特型運貨船。
吉備津彦神社と最上稲荷にお詣りに行く。
サムネイル問題については、とりあえず
1. 本ファイルを作業フォルダにバックアップ。
2. 作業フォルダからPicrureフォルダを削除。
3. Version 21.12のindexファイル、Pictureフォルダ等を作業フォルダに上書き保存。
4. 作業フォルダをアップロード。
という手順をとってみようかと思う。
面倒だが、これで自分専用のページと公開用のページを使い分けられる。ただ「写真準備中」だらけも恰好悪いので、使えるものはサバニ画伯や舞沙P画伯のアイコンに順じ変えていこうと思う。
25日から5月11日まで東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に、緊急事態宣言を発令。最初は緊急事態でも3回目ともなれば緊急事態ではなく非常事態というべきだと思うのだが。。。

2021年04月16日 Version 21.15非公開

「写真準備中」のサムネイル画像を本来掲載したかった画像にほぼ差替完了。あとは戻ってからスキャン。
20日から「まん延防止等重点措置」が埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県にも適用されるとか。

2021年04月10日 Version 21.14非公開

「写真準備中」のサムネイル画像を本来掲載したかった画像に差替え中。
ぎっくり腰も漸く回復に向かっているが、まだ何か集中できないので更新も遅れ気味。ようやく、プリンタとキッチン家具を購入し、車が到着し、免許の住所変更も終わり、エアコンも設置できたので、これでひと段落。意外と通勤時間はかかるが、それでも30分は短縮されるのでやはり地方は樂。
12日から「まん延防止等重点措置」が東京、京都、沖縄の3都府県が追加されるとか。そしてわが社でも送別会をしていた連中に複数の感染者が出たとか。昔の部下に送別会をしてあげると言われたものの涙ながらにお断りした身からすれば、お前らなぁである。

2021年04月03日 Version 21.13非公開

「写真準備中」のサムネイル画像の多くを本来掲載したかった画像に差し替える。
3月26日荷出し、3月29日車を業者に委ね、すぐに岡山に移動、3月30日荷物搬入、3月31日業務引継ぎ、4月1日転入届(混雑で5時間を要す)。路線バスは1時間に1本しかなく車が届かないので足がない。故に移動にやたらと時間を要す。そして無理してるのでギッグリ腰が全く治らない。
5日から大阪府、兵庫県、宮城県に対して、「まん延防止等重点措置」が適用される。我が家でも1年ぶりに外食。転勤の移動などで食べざるを得ない。腰が痛いし、やる事が山積みで更新どころではない。

2021年03月19日 Version 21.12公開

大湊警備府・大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和18年03月まで。組込んだ船歴は石埼、白神、八丈、石垣、國後、永保丸、第二高運丸、三穂丸、第二御崎丸、淀橋、葵丸、帝海丸、昭浦丸、山百合丸、公安丸、越前丸、京津丸、宇洋丸、~護丸、玄山丸、雪川丸、公稱第763號曳船、公稱第3742號水船、公稱第5699號重油船、高島丸、豊崎丸、咸鏡丸、昭浦丸、宇品丸、めるぼるん丸、~龍丸、昭鳳丸、春幸丸、辰宮丸、三興丸。
お気づきかと思いますが今回の更新で多くのサムネイル画像が「写真準備中」に変更されました。これは某科学館かいつのまにか規約を変更し1点3,000円の使用料をとると宣言していることを知ったからです。Webでの利用を前提にした規定ではないようですが、万一いきなり多額の請求をされては堪らないとあわてて削除したことによります。本来当サイトは筆者の筆者による筆者の為の趣味のDBで、これを公開することで多くの方から叱咤激励、情報提供をいただけることを励みに運営してきたものです。しかしこの科学館に限らず本来すでに著作権が失効しパブリックドメインにあるはずの写真に何らかの権利を主張される方が多くなってきました。一般に公開することで本来作りたかったDBが作れなくなるのは本末転倒ではないかと思いはじめ、転勤を期にサムネイル画像の問題に何らかの解決策を見出すまで、この「更新履歴とひとりごと」以外の更新をしばらく中止することにしました。シンガポール赴任のときみたいに一時閉鎖することはしませんが、ウエブ上の情報はアップデートしません。更新自体はローカルで続けるので、もしも最新版をご希望の方がいらっしゃれば何らかの方法でご提供できる方策を検討しようと思っています。大変申し訳ございませんが事情ご理解の上、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

2021年03月12日 Version 21.11公開

大湊警備府・大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和17年09月まで。組込んだ船歴は石埼、白神、八丈、石垣、永保丸、第二高運丸、三穂丸、第二御崎丸、帝仙丸、ぼるねお丸。
石埼・浮島特務艇隊戦時日誌再調査。組込んだ船歴は石埼、浮島、第26号駆潜艇。
2月半ばに調査したときに比べ大和ミュージアムの写真がさらに追加されている。まだまだ追加されるなら、すべて完了してから調査した方が効率が良いのだが、いつ非公開になるかもしれないので、とにかくめぼしいものだけは急ぎDLする。週の後半はもっぱらこの作業に時間をとられる。
気分転換にランチの頁をランチ(發動機附)に変えて更新。
そして6度目のギッグリ腰。

2021年03月05日 Version 21.10公開

大湊警備府戦時日誌再調査中。昭和17年06月まで。組込んだ船歴は永保丸、第二高運丸、三穂丸、石垣、八丈、國後、帝久丸、nR丸、葵丸。
大湊防備隊戦時日誌再調査中。昭和17年06月まで。組込んだ船歴は白神、八丈、第三十四號哨戒艇、第三十五號哨戒艇、第八號驅潜艇、永保丸、三穂丸、第二御崎丸、第二高運丸。
千島防備部隊戦時日誌再調査。組込んだ船歴は石垣、八丈、國後、尻矢、君川丸、會幸丸、興東丸、快鳳丸。
一都三県の緊急事態宣言は2週間延長されるとのこと。すでに解除した愛知、大阪はまた着実に増加に転じている。

2021年02月26日 Version 21.09公開

2Eの頁を作成。
今週は週3日の出勤。東京都の新規感染者は270人、緊急事態宣言について6府県は2月末で解除。そして、またまた左遷され、昨日は0人、今日は4人の新規感染者がでた県に4月から赴任。

2021年02月19日 Version 21.08公開

2Eの頁を作成中。川南工業深堀の建造船について作成完了。あとは三菱若松建造船だけ。
3EにC瀧川丸を追加。戦後の起工ではなかったため。
今週も週2日の出勤。

2021年02月12日 Version 21.07公開

3Eの頁作成、
2Eの頁を作成中。2Eを建造した4大造船所の内、播磨造船所松の浦工場と東京造船所の建造船については作成を完了したものの隻数が多いのでだんだん飽きてきた。
2Eの諸元に入れていた海興丸は1Eだったので削除訂正。JACARで公開されている昭和18年版の徴傭船舶名簿だと1Eの海興丸は20.03.29沈没になっている。だが20.03.29に沈没したのは蓬莱タンカー(船主は変わっているので大洋興業とするWikiの記述は誤り)の海興丸とするのが一般的。徴傭船舶名簿がただの誤記か、それとも本当はあべこべなのか?
天翔さんとこで大和ミュージアムの「つがる」の写真が紹介されており、初見かなぁと思って調べるとやはりDLはしていない。ということで、もう少し調べて見るとDBに写真が追加されているようである。例の武蔵の写真も追加されているし、特設艦船だと愛國丸、朝日丸、第十一京丸、第十一昭南丸あたりに初見の写真がある。
今週も週2日の出勤。旗日があるからね。

2021年02月05日 Version 21.06公開

2Dの頁作成、2E(含む3E)の諸元作成。
今週は週2日の出勤。

2021年01月29日 Version 21.05公開

2Aの頁作成、2Eの諸元作成中。
結局今週も週3日の在宅勤務。

2021年01月22日 Version 21.04公開

2ETの頁作成、2Eの諸元作成中。
結局今週は週3日の在宅勤務。

2021年01月15日 Version 21.03公開

1TM、2TL、2TMの頁、2Dの諸元作成。「第二次戦標船は初め改A、改D、改Eと称していたが、正規には2A、2Dとした。しかし、E型はゴロの関係もあって”改E”が使われた。」(若松造船所-歴史と回想-P.12)とあるように、改E型戰時標準船は2E型第二次戰時標準船のこと。 播磨造船所は「播磨造船所50年史」の中で建造船をすべて改E型とし2E型とはしていない。よって改Eを特別に分類する必要はないと考え2Eに統合することにした。そして空いたスペースに応急油槽船である2ATを2Aから独立させて掲載。2ATがあとで改造されて再び2Aとなったりして区分に曖昧なところがあるのだが、まぁこんなところかと。大雅丸については遠藤昭著「日本船舶史(抄)」で紹介された「本多戦標船台帳」(雑誌「船の科学」1993年4月号)では2ATとされていない。おそらくはこれが出所として大雅丸は一般に2Aとされているが前後の大明丸、大盈丸が2ATであるにもかかわらず何故本船が2ATでないのか不可解な点がある。このことに加え、「武装商船警戒隊戦闘詳報第348号」でも船舶運營會の資料(JACAR:A03032222800)でも本船が陸軍配当の油槽船とされていることから本サイトでは2ATとして掲載することにした。改Eの油槽船については「播磨造船所50年史」の中でわざわざ2ETと分けて書いてあり、「日本船舶史(抄)」(雑誌「船の科学」1994年9月号)の記述を併せ読むと「貨物船を改造した応急油槽船」が改Eの油槽船で、「油槽船として新しく設計されたもの」が2ETのようなのでそのまま残置とする。
11都府県に緊急事態宣言拡大。本日は久々の在宅勤務。

2021年01月09日 Version 21.02公開

1TM以外の第一次戰時標準船、改E、3ETについて頁作成完了。
東京の感染者は一気に2,400人を超え、ついに1都3県に緊急事態宣言再発。果たしてヤマトは人類滅亡の日までにコスモクリーナーを持って帰ることができるのか。

2021年01月02日 Version 21.01公開

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
いろいろ訳あって諸元についてはMS Excelから直接HTMLに変換するのを止めて徐々にPDFに移行させている。それで外国傭船(フランス船)の諸元を修正するのにたった11隻分だけするのも何だしなぁと思い、ドイツ船やイタリア船も一緒にすることにした。ということで、外国傭船(佛蘭西船)の頁を更新すると共に外国傭船(独逸/丁抹/芬蘭船)、外国傭船(伊太利/葡萄牙/瑞典船)の頁を作成。これらは傭船だから傭船料を支払っているにもかかわらず、なんでもかんでも拿捕船と言っている日本人の何と多いことでしょう。ボーっと生きてるんじゃ。。。
「帝寶丸」と「ぼごた丸」の関係がよく分からないでいたが、船歴を作成してみるとある程度想像がついた。傭船期間中に「帝寶丸」と改名したものの、傭船契約がきれれば返船しなければならないわけで、しかも返船した期間にドイツが特設艦船として使用しているため原名に復し、今度はドイツの降伏によって抑留船となって「ぼごた丸」と改名したという経緯をとるわけである。これを「コンテ・ベルデ」にあてはめると「帝京丸」と「壽丸」の関係も自然と分かる。それでコンテ・ベルデの備考を削除。
戦標船についてもこの際、まとめておこうかと思い調査を開始。各船の船歴の中に書いてある1TLや1Kの同型船に抜けがあることに気づく。また、一般徴傭船などの諸元と齟齬が生じる部分がでてきたり、日本船名録の誤記にも気づいたのでこそっと訂正。


2020年の履歴はこちら  2019年の履歴はこちら  2018年の履歴はこちら  2017年の履歴はこちら  2016年の履歴はこちら
2015年の履歴はこちら  2014年の履歴はこちら  2013年の履歴はこちら  2012年の履歴はこちら  2011年の履歴はこちら
2010年の履歴はこちら  2009年の履歴はこちら  2008年の履歴はこちら  2007年の履歴はこちら  2006年の履歴はこちら
2005年の履歴はこちら  2004年の履歴はこちら  2003年の履歴はこちら

Homeへ戻る