長野丸の船歴

 年 月 日:船歴

T05.10.12:起工 T06.04.25:進水、命名:長野丸 T06.05.21:竣工、船主:日本郵船株式會社、登録総噸数:3,810、登録純噸数:2,343
T07.--.--:登録総噸数:3,819、登録純噸数:2,281に変更 T08.--.--:登録総噸数:3,824、登録純噸数:2,307に変更 T12.11.13:Sydney〜門司〜神戸〜12.20横浜 T13.02.07:Melbourne〜Sydney〜Brisbane〜神戸〜03.11横浜 T13.08.23:紐育〜Norfolk〜Cristbal〜Balboa〜10.14横浜 T14.01.13:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜香港〜門司〜神戸〜02.17横浜 06.04.08:船主:近海郵船株式會社に変更
12.09.12:徴傭:陸軍 12.12.12:解傭 13.06.26:徴傭:陸軍 14.01.15:解傭
  14.08.16:船主:日本郵船株式會社に変更
16.06.16:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府配属 16.09.10:解傭
16.10.17:徴傭:陸軍 16.11.20:宇品〜11.30西貢 16.12.02:西貢〜カムラン湾 16.12.--:輸送船隊区分:第三分隊(船番号:14) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 1800 巡洋艦「川内」が分離〜      〜12.16シンゴラ 16.12.16:第五師団主力揚陸開始 16.12.22:揚陸完了 16.12.22:シンゴラ〜01.17青島〜01.21宇品 17.01.21:宇品〜01.22青島01.28〜シンゴラ02.11〜02.20西貢 17.02.21:西貢〜ミリ〜コーラブライト03.10〜03.10ラブアン03.11〜ブライト〜パマンカット〜03.19昭南 17.03.27:昭南〜03.28ミリ〜ラブアン〜リンガエン〜アルガオ〜タリセイ04.11〜04.12セブ 17.04.26:セブ〜04.29バラング05.07〜05.08オロンガポン〜05.15カタバロガン〜05.25カリガラ05.21〜      〜06.01マニラ 17.06.--:マニラ〜06.27高雄 17.07.05:高雄〜07.15広畑 17.07.31:解傭
17.08.15:徴傭:船舶運營會 17.12.27:徴傭
17.12.27:徴傭:陸軍 18.01.13:門司〜01.25パラオ 18.02.10:パラオ〜02.18ラバウル 18.03.03:ラバウル〜03.11パラオ 18.03.17:パラオ〜03.24ラバウル 18.03.25:ラバウル〜03.28セブ〜04.22マニラ 18.05.01:マニラ〜05.19ラバウル 18.06.03:ラバウル〜06.11パラオ 18.06.21:パラオ〜06.27ハンサ06.27〜07.02パラオ 18.07.03:パラオ〜07.20ハンサ07.31〜08.01パラオ 18.08.28:(第7次ウエワク輸送作戦)パラオ〜09.02ウエワク09.04〜09.06ホランジヤ 18.10.07:(第1次ホランジヤ輸送作戦)ホランジヤ〜10.11パラオ 18.10.18:パラオ〜10.28宇品 18.12.20:宇品〜01.04モトロック01.21〜01.22トラック
19.02.17:沈没 19.02.17:解傭
喪失場所:N07.21-E151.56 トラック諸島夏島の東 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型船

 秋田丸山形丸臺海丸富浦丸まどらす丸

兵装

 野砲、機銃4基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2001年3月号「日本商船隊の懐古 No.260」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.172)
 「トラック大空襲」光人社 S62.03 吉村朝之(P.187-188)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.51)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.520)
  "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.134)
 小樽市博物館所蔵(27-3, 101-8)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る