第百六十六號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.01.09:起工、仮称艦名:第2016號艦 19.04.05:命名:達第107号:第百六十六號驅潜特務艇 19.04.05:類別等級制定:内令第534号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.04.05:本籍仮定:内令第532号:舞鶴鎮守府 19.04.06:進水 19.06.10:竣工
19.06.10:本籍:内令第748号:舞鶴鎮守府 19.06.10:内令第749号:舞鶴防備隊所属 19.06.10:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備隊 19.06.10:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第92号(06.15):海面防備部隊 19.07.--:特務艇長:海軍少尉 石垣 豊太 19.08.--:軍隊区分:第一部隊 19.08.18:舞鶴〜諸訓練〜08.18宮津湾 19.08.19:宮津湾〜諸訓練〜08.19舞鶴 19.08.20:舞鶴〜哨戒〜08.23舞鶴 19.08.25:舞鶴〜諸訓練〜08.25舞鶴 19.09.--:特務艇長:海軍兵曹長 寺島 紋太夫 19.09.05:舞鶴〜対潜訓練〜09.05舞鶴 19.09.12:舞鶴〜対潜訓練〜09.12舞鶴 19.09.17:舞鶴〜哨戒〜      〜09.20対潜掃蕩〜09.22舞鶴 19.10.02:舞鶴〜哨戒〜10.05舞鶴 19.10.10:舞鶴〜聴音探知訓練〜10.10舞鶴 19.10.11:舞鶴〜哨戒〜10.14舞鶴 19.10.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第100号:海面防備部隊 19.10.23:舞鶴〜哨戒〜10.26舞鶴 19.11.--:特務艇長:海軍少尉 細田 辰信 19.11.01:舞鶴〜哨戒〜11.04舞鶴 19.11.12:舞鶴〜哨戒〜11.15舞鶴 19.11.16:舞海防信電令第5号:利根は11月17日0700経ヶ岬通過、舞鶴入港の予定、速やかに出港護衛 19.11.20:舞鶴〜訓練〜11.20舞鶴 19.12.--:特務艇長:海軍中尉 檜木 宅治 19.12.03:舞鶴〜哨戒〜12.06舞鶴 19.12.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第104号:海面防備部隊 19.12.15:舞鶴〜哨戒〜12.18舞鶴 19.12.22:舞鶴〜水測訓練〜12.22舞鶴 19.12.23:舞鶴〜「呂號第四十九潜水艦」を目標に対潜訓練〜12.23舞鶴 19.12.27:舞鶴〜哨戒〜12.30舞鶴 20.01.--:特務艇長:海軍中尉 細田 辰信 20.01.08:舞海防電令作第39号:直ちに出港、(ヘ)哨区対潜掃蕩 20.01.09:舞鶴〜(ヘ)哨区対潜掃蕩〜      〜01.10美保湾01.10〜01.11西郷01.12〜01.12伊根 20.01.11:舞海防電令作第40号:帰投 20.01.17:舞鶴〜哨戒〜01.20舞鶴 20.01.29:入渠、軽探送波器保持器伸張工事 20.02.--:特務艇長:海軍中尉 檜木 宅治 20.02.17:工事完了 20.02.22:舞鶴〜哨戒〜教練運転〜      〜哨戒〜02.25舞鶴 20.03.03:舞鶴〜03.03敦賀03.04〜03.05七尾 20.03.06:七尾〜哨戒〜03.09七尾 20.03.12:七尾〜哨戒〜03.15七尾 20.03.18:七尾〜哨戒〜03.21七尾 20.03.24:七尾〜哨戒〜03.27七尾 20.03.30:七尾〜哨戒〜04.02七尾 20.04.--:特務艇長:海軍中尉 松井 哲也 20.04.05:七尾〜哨戒〜04.06両津04.07〜04.07七尾 20.04.08:七尾〜04.09舞鶴 20.04.13:舞鶴〜陸軍輸送船日昌丸」護衛〜04.15美保関 20.04.16:美保関〜哨戒〜04.16西郷 20.04.17:西郷〜04.17境港04.18〜04.18美保関 20.04.20:美保関〜哨区哨戒〜04.20美保関 20.04.21:美保関〜04.21七類浦04.22〜04.22境港 20.04.23:港内にて陸軍弾火薬揚陸中爆発事故、爆風により羅針儀故障 20.04.23:境港〜冷却水連絡管損傷を発見〜04.23美保関沖 20.04.23:応急修理 20.04.24:美保関沖〜04.25舞鶴 20.05.08:修理完了 
20.05.08:軍隊区分:舞鎮電令作第9号:門司回航、第一海上護衛隊長官指揮下 20.05.10:舞海防電令作第42号:05.10 0730出港、門司に進出 20.05.10:舞鶴〜05.10美保関05.11〜05.12門司05.12〜05.12吉見 20.05.11:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第57号:對馬海峡方面部隊関門防備部隊指揮官の区処 20.05.15:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第8号:関門防備部隊 20.05.19:軍隊区分:海護総電令作第474号:舞鎮護衛部隊に復帰 20.05.20:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第10号:関門防備部隊より除く、舞鶴帰投
20.05.22:下関〜05.22油谷湾05.23〜05.25舞鶴 20.05.28:舞鶴〜戦闘掃海〜05.30小浜 20.05.30:修理 20.07.30:宮津方面戦闘掃海      0650 F6F1機より機銃掃射を受ける      0840 掃海開始      1015 戦爆連合の空襲を受け黒埼山北西岸に退避、対空戦闘:十三粍機銃発射、         四十糎探照燈、右舷燈、艦尾燈、注油喞筒等に被弾及び至近弾により損傷 1250 掃海具揚収中、機銃掃射を受け掃海具投棄、対空戦闘、避泊地に退避           発射弾数計299発
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、舞鶴地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:舞鶴地方復員局掃海部舞鶴支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第百六十六號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:舞鶴掃海部所属 21.12.25:復二第494号:下関掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、舞鶴地方復員局所管、特別保管艦に指定 22.08.28:除籍:復二第597号
22.08.28:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:巡視船「はと」(PB-17):運輸省告示第230号 24.10.20:巡視船「はと」(PB-17):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「はと」(PS-17):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 29.05.01:巡視船「はと」(PS-133):海上保安庁告示第5号(29.04.16)
38.02.05:解役

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る