第百五十七號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.12.09:起工、仮称艦名:第2007號艦 19.01.25:命名:達第18号:第百五十七號驅潜特務艇 19.01.25:類別等級制定:内令第199号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.01.25:本籍仮定:内令第205号:舞鶴鎮守府 19.03.09:進水 19.04.15:艤装員長:海軍少尉 藤岡 庄次郎 19.04.20:竣工
19.04.20:本籍:内令第575号:舞鶴鎮守府 19.04.20:内令第576号:舞鶴防備隊所属 19.04.20:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備隊 19.04.20:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第86号(04.25):海面防備部隊 19.04.20:特務艇長:海軍少尉 藤岡 庄次郎 19.06.--:特務艇長:海軍少尉 田島 忠 19.06.12:呉〜06.13松江(松江造船所)06.15〜06.16舞鶴 19.06.27:舞鶴〜哨戒〜06.30舞鶴 19.07.--:軍隊区分:第一部隊 19.07.09:舞鶴〜哨戒〜07.13舞鶴 19.07.15:舞鶴〜教練運転〜07.15舞鶴 19.07.18:舞鶴〜教練射撃〜07.18舞鶴 19.07.21:舞鶴〜聯合教練、対潜掃蕩訓練〜07.21舞鶴 19.07.22:舞鶴〜聯合教練〜07.23舞鶴 19.07.27:舞鶴〜訓練〜07.27舞鶴 19.08.09:舞鶴〜哨戒〜08.12舞鶴 19.08.18:舞鶴〜諸訓練〜08.18宮津湾 19.08.19:宮津湾〜諸訓練〜08.19舞鶴 19.08.24:舞鶴〜哨戒〜08.27舞鶴 19.09.04:舞鶴〜09.05七尾 19.09.06:七尾〜哨戒〜09.07新潟〜09.09七尾 19.09.13:七尾〜哨戒〜09.17七尾 19.09.18:七尾〜      〜09.19真野湾「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜09.23七尾 19.09.24:七尾〜      〜09.24 真野湾「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.01 真野湾作業現場発〜      〜10.01七尾 19.10.04:七尾〜      〜10.04 真野湾「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.09 真野湾作業現場発〜      〜10.09七尾 19.10.12:七尾〜      〜10.12 真野湾「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.15新潟 19.10.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第100号:海面防備部隊 19.10.18:新潟〜      〜10.18 真野湾「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.19 1430 「第百五十三號驅潜特務艇」離礁〜      〜10.25 真野湾〜      〜10.26舞鶴 19.11.--:修理(11.15まで) 19.11.--:特務艇長:海軍中尉 田島 忠 19.11.20:舞鶴〜訓練〜11.20舞鶴 19.11.21:舞鶴〜哨戒〜11.24舞鶴 19.12.03:舞鶴〜哨戒〜12.06舞鶴 19.12.12:舞鶴〜掃海探知訓練〜      〜12.12 哨戒〜      〜12.15舞鶴 19.12.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第104号:海面防備部隊 19.12.18:舞鶴〜哨戒〜12.21舞鶴 19.12.22:舞鶴〜水測訓練〜12.22舞鶴 19.12.23:舞鶴〜「呂號第四十九潜水艦」を目標に対潜訓練〜12.23舞鶴 19.12.26:舞鶴〜衛所交代〜12.26舞鶴 20.01.02:舞鶴〜哨戒〜01.05舞鶴 20.01.11:舞鶴〜哨戒〜01.14舞鶴 20.01.20:舞鶴〜哨戒〜01.23舞鶴 20.01.29:舞鶴〜哨戒〜02.01舞鶴 20.02.04:舞鶴〜哨戒〜02.07舞鶴 20.02.19:舞鶴〜哨戒〜      〜02.22 教練運転〜02.22舞鶴 20.03.--:特務艇長:海軍少尉 工藤 宗末 20.03.02:舞鶴〜訓練〜03.02宮津 20.03.03:宮津〜訓練〜03.03宮津 20.03.04:宮津〜訓練〜03.04舞鶴 20.03.06:舞鶴〜哨戒〜03.09舞鶴 20.03.20:舞鶴〜哨戒〜03.24舞鶴 20.04.01:舞鶴〜特設運送船菱丸」出港の水路嚮導〜      〜04.03 特設驅潜艇第三十二日ノ丸」、「第四十蘭丸」入港の水路嚮導〜      〜04.04 特設運送船太隆丸」入港の水路嚮導〜      〜04.05舞鶴 20.04.08:舞鶴〜対潜掃蕩、墜落友軍機の救助警戒〜04.11浦底湾04.11〜04.11舞鶴 20.04.18:舞鶴〜訓練〜哨戒〜04.23舞鶴 20.05.--:特務艇長:海軍中尉 田島 忠 20.05.01:舞鶴〜哨戒〜05.05舞鶴 20.05.07:舞鶴〜05.08舳倉島 20.05.08:物件揚陸 20.05.08:舳倉島〜05.08真野湾(澤埼)05.09〜05.09七尾 20.05.12:七尾〜哨戒〜05.12新潟 20.05.14:舞鶴鎮守府電令作第10号:      1.14日0130頃敵の飛行機、新潟港口に磁気音響機雷を敷設せり      2.第百五十三號、第百五十七號、第百九十五號驅潜特務艇は護衛部隊指揮官の指揮を受け        掃海に従事すべし 20.05.14:舞鶴護衛部隊電令作第2号:      1.新潟港に敵は音響磁気機雷を敷設せり      2.新潟港湾警備隊司令は第百五十三號、第百五十七號驅潜特務艇を指揮し速に出入港        水路を啓開すべし        (新潟港突提端灯台の0度を中心とする左右250米水深60米線迄)      3.爾後の掃海は特令す 20.05.15:新潟〜新潟港入口の掃海実施〜新潟 20.05.19:新潟〜掃海実施〜05.19新潟 20.05.20:新潟〜戦闘掃海実施〜      〜05.21 戦闘掃海実施〜      〜05.22(N38.00-E139.13)新潟港灯台の59度8浬にて触雷、探照燈他破損〜        〜新潟 20.05.24:新潟鐵工所にて応急修理
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、舞鶴地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:舞鶴地方復員局掃海部敦賀支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第百五十七號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:敦賀掃海部所属 21.07.20:復二第101号:舞鶴掃海部所属 22.08.01:復二第543号:舞鶴掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、舞鶴地方復員局所管、特別保管艦に指定
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 24.07.21:電気通信省告示第53号(24.09.21):船舶託送発受所設置       位置:海上保安庁長官所属 駆特157、呼出符号:JGWX、定繋港:横須賀 24.08.01:巡視船「あおさぎ」(PB-37):運輸省告示第247号(24.08.09) 24.10.20:巡視船「あおさぎ」(PB-37):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「あおさぎ」(PS-37):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 28.08.13:信号符字點付:運輸省告示第第456号(28.10.19):JCDV、船名「あおさぎ」      船舶番号:70734、総噸数:85、船主:運輸省、理由:申請 29.05.01:巡視船「あおさぎ」(PS-141):海上保安庁告示第5号(29.04.16)
37.02.10:解役

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 第六管区に所属した巡視船 第六管区海上保安本部
 雑誌「世界の艦船」海人社 2003年7月号増刊「海上保安庁全船艇史」(P.26)

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る