漢城丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.05.25:進水、命名:東瀛丸(とうえいまる) --.--.--:竣工、船主:金森商船株式會社、船籍港:函館、船舶番号:22295、信号符字:NTCH、      登録総噸数:2,186、登録純噸数:1,308
02.--.--:船籍港:東京、登録総噸数:2,195、登録純噸数:1,309に変更 05.10.13:改名:漢城丸、      船主:朝鮮郵船株式會社、船籍港:仁川、船舶番号:朝鮮1331、信号符字:PHLRに変更 06.--.--:登録純噸数:1,299に変更 07.12.01:信号符字:JLXBに変更 10.--.--:登録純噸数:1,297に変更 12.--.--:登録総噸数:2,197、登録純噸数:1,296に変更
16.10.22:徴傭:陸軍 16.10.22:宇品〜11.09黄埔11.09〜11.10西貢 16.11.14:西貢〜11.24カムラン11.27〜11.28西貢 16.12.06:西貢〜12.07聖雀12.08〜12.11ソンクラ12.19〜12.20聖雀12.27〜12.30西貢 17.01.02:西貢〜01.05シンゴラ01.25〜01.31西貢 17.02.--:照海部隊より陸軍工作船おれごん丸」への託送品(六〇馬力機関部品)を搭載 17.02.03:西貢〜02.07シンゴラ 17.02.07:陸軍工作船「おれごん丸」に託送品を引渡し 17.02.10:シンゴラ〜02.17西貢 17.02.23:西貢〜03.22高雄 17.03.22:高雄〜03.23宇品 17.05.11:定期検査 17.05.16:若松〜05.23高雄 17.05.29:高雄〜08.05門司 17.06.10:若松〜06.17高雄 17.06.24:高雄〜06.30門司 17.07.04:若松〜07.10高雄 17.07.10:高雄〜07.11基隆 17.07.20:基隆〜08.02マニラ 17.08.22:マニラ〜08.25高雄 17.08.25:高雄〜08.26基隆 17.08.29:基隆〜09.11マニラ 17.09.22:マニラ〜09.24高雄 17.09.25:高雄〜10.03馬公 17.10.05:馬公〜10.18高雄 17.10.19:高雄〜10.21マニラ 17.10.26:マニラ〜10.30高雄 17.10.31:高雄〜11.05西貢 17.11.13:西貢〜11.26昭南 17.11.26:昭南〜11.27ビンタン12.01〜12.05新居浜 18.01.03:門司〜02.04上海02.06〜02.09門司 18.02.17:宇品〜02.19パラオ 18.02.21:パラオ〜05.09ラバウル 18.05.23:ラバウル〜06.26マニラ 18.06.27:マニラ〜06.29レガスピー06.30〜07.03タバコ07.04〜07.16基隆 18.07.31:基隆〜08.05神戸 18.10.04:小樽〜10.11釜山10.14〜10.20大阪 18.10.21:小樽〜佐伯 18.10.31:(オ112船団)佐伯〜      〜11.02 0145(N29.---E134.--)特設運送船千早丸」被雷〜      〜11.02 0400(N28.40-E135.24)陸軍徴傭船うめ丸」被雷〜      〜11.02 0840(N28.20-E135.26)雷撃を受けるが被害なし〜      〜11.02 ----(N28.20-E135.20)陸軍徴傭船愛媛丸」被雷沈没〜      〜11.03 0420(N27.17-E134.52)陸軍徴傭船天長丸」が雷撃を受けるが被害なし〜      〜11.11パラオ      〜01.12高雄 19.01.12:高雄〜マニラ向け航行
19.01.12:沈没 19.01.12:解傭
喪失場所:N22.37-E120.13 高雄港口西方2km附近 喪失原因:米陸軍航空隊の投下した機雷に触雷

同型船

 第二厚田丸、第二霧島丸、葉山丸、雲南丸、四川丸。

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 「朝鮮郵船株式會社二十五年史」 S12 朝鮮郵船株式會社
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る