白鳳丸の船歴

 年 月 日:船歴

T10.10.15:起工 T11.02.16:進水、命名:白鳳丸 T11.03.28:竣工、船主:農商務省
T11.08.--:東京〜函館08.22〜08.27ペトロパブロスク〜軍艦「新高」救難〜10.--東京 T12.01.04:東京〜膃肭禁漁取締及び調査並びに漁業調査〜 T12.06.02:東京〜06.12海豹島〜06.16ペトロパブロフスク〜07.06アナデール〜   〜07.12ノーム〜07.24プリビロフ08.13〜08.14ダッチハーバー〜      〜08.29アトウ〜09.01コンマンドルスキー〜09.19海豹島〜09.30東京(運航予定) T13.06.01:東京〜06.05野内06.06〜06.06函館06.09〜06.18ウスチカムチャッカ〜漁業調査〜      〜ウスチカムチャッカ08.01〜08.08ダッチハーバー08.10〜08.12アトカ08.13〜      〜08.15アムケトカ08.16〜08.18ブルリル08.20〜08.21アッツ08.22〜      〜08.31セントジョナ09.02〜09.05海豹島09.06〜09.09小樽09.11〜09.17東京(運航予定)  (実際:東京〜函館07.02〜得撫島〜占守島〜07.16グルボカヤ湾口〜      〜07.24ウェーレン村07.27〜07.28ノーム07.29〜セントローレンス島〜      〜08.02セントポール島〜08.21セントジョージ島09.01〜根室〜09.15東京) T14.01.15:東京〜函館〜根室〜東京 T14.04.01:船主:農林省 T14.05.02:東京〜05.06根室05.11〜06.04根室06.10〜07.06根室07.13〜 〜07.16ペトロパブロフスク07.19〜07.20ベーリング島ニュリスク07.21〜      〜07.21メドヌイ島プレオブレゼニヤ08.02〜08.02ニュリスク08.09〜      〜08.11ペトロパブロフスク08.14〜08.16根茂〜08.24根室08.30〜      〜09.27根室10.05〜11.15東京(運航予定) 02.11.01:東京〜11.01館山11.02〜11.05下関11.07〜11.23香港11.26〜12.07ツーロン12.10〜      〜12.20ハイフォン(又はツーロン)11.23〜11.30香港01.02〜01.13柴棍01.16〜      〜01.28タワオ01.31〜02.07マニラ02.10〜02.19高雄02.22〜02.25那覇02.28〜      〜03.04館山03.05〜03.05東京(運航予定) 03.12.11:東京〜12.11鶴見12.12〜12.12館山12.14〜12.17下関12.19〜12.31タワオ01.08〜      〜01.13メナド01.15〜01.15ケマ01.17〜01.17タルナテ01.19〜01.23アンボイ01.25〜      〜02.05バタビヤ02.09〜02.12シンガポール02.15〜02.23タワオ02.26〜      〜03.07高雄03.10〜03.13那覇03.15〜03.19館山03.20〜03.20東京(運航予定) 05.07.--:得撫島南端にて濃霧と急潮の為座礁〜自力離礁〜 08.06.--:〜06.14チチヤゴフ湾(アッツ)06.16〜06.22ナザン湾(アッツ)06.22〜      〜ダッチハーバー〜07.04チチヤゴフ07.04〜07.09根茂湾(温禰古丹島) 09.01.11:東京月島〜01.26幌筵島加熊別01.26〜01.26村上湾 09.06.05:千島〜06.10チチヤゴフ06.12〜06.25千島(運航予定) 12.06.17:〜07.30ベーリング海横断観測
16.11.02:借用:一般徴傭船(気象觀測船兼監視船)、横須賀鎮守府所管
17.02.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第14号:主隊      〜02.16横須賀 17.02.27:内令第362号:第五艦隊司令部(白鳳丸の乗員):兵曹、水兵五人 17.03.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第17号:北方部隊主隊 17.03.04:横須賀〜哨区哨戒〜03.11厚岸 17.03.12:厚岸〜哨区哨戒〜04.10厚岸 17.04.11:厚岸〜04.11釧路 17.04.15:釧路〜      〜04.20 哨戒〜      〜05.07厚岸 17.05.08:厚岸〜05.08釧路05.09〜05.09根室 17.05.16:根室〜05.16厚岸05.17〜05.18大湊 17.05.--:軍隊区分:AOB攻略部隊 17.05.26:大湊〜06.01幌筵 17.06.04:幌筵〜哨区〜06.22占守島 17.06.27:占守島〜06.27幌筵 17.06.29:幌筵〜哨区〜07.11占守島 17.07.16:占守島〜哨区〜07.26占守島 17.07.31:占守島〜幌筵 17.08.01:幌筵〜哨区〜08.09幌筵方面 17.08.13:幌筵〜08.18厚岸 17.08.19:厚岸〜08.19釧路 17.08.24:釧路〜08.24厚岸 17.08.25:厚岸〜08.26色丹08.27〜08.31散江09.01〜09.02海豹島09.02〜09.05得撫09.05〜09.10厚岸 17.09.13:厚岸〜09.13釧路09.14〜09.19横須賀 17.09.21:横須賀〜09.21浦賀09.26〜09.26横須賀09.27〜09.27横浜 17.--.--:舞鶴鎮守府所管、第八艦隊配属 17.11.01:内令第2033号:第八艦隊司令部(白鳳丸の乗員):五人 17.11.20:内令第2173号:第八気象隊(白鳳丸の乗員) 17.11.25:東京〜 18.10.18:(第2609船団)パラオ〜昭南 19.01.30:(第1303船団)トラック〜02.03カビエン02.04〜02.04ラバウル 19.10.12:軍隊区分:第二基地航空部隊千島防備部隊 19.11.--:横浜にて船体機関修理 19.11.26:横浜〜11.26東京11.28〜11.28横須賀〜横浜 19.12.02:横浜〜12.05大湊12.09〜12.09函館12.12〜12.12小樽12.14〜12.14稚内 19.12.15:稚内〜12.20片岡 19.12.31:片岡〜01.05天寧01.06〜01.10片岡 20.01.21:片岡〜01.22茂寄湾01.24〜01.25片岡 20.02.10:千島方面根據地隊機密電第101054番電:       N42.25-E144.35を経由、第二昭榮丸を捜索しつつ釧路に向われたく 20.03.01:(船団護衛)大湊〜03.07新知03.08〜03.10松輪 20.03.10:千島防備部隊信電令作第10号:      1.通信諜報によれば敵軽快部隊出撃の兆しあり、北中千島方面此処二、三日特に警戒を厳にすべし      2.白鳳丸は松輪在泊中、夜間オホーツク海方面に避退すべし      3.キ一〇二船団は予定通行動すべし 20.03.11:松輪〜03.12乙女湾03.13〜03.14根茂湾03.15〜03.16片岡 20.03.21:片岡〜03.23松輪03.26〜03.28天寧04.02〜04.05松輪 20.04.09:松輪〜04.09新知04.10〜04.11天寧04.14〜04.14根室04.15〜04.15釧路 20.04.18:釧路〜04.18天寧04.18〜04.19斜古丹島04.20〜04.21釧路 20.04.25:釧路〜04.26大湊 20.06.10:軍隊区分:北東部隊電令作第6号:津軽防備部隊指揮下 20.07.12:〜07.12厚岸 20.07.12:重油搭載 20.07.13:厚岸〜07.14釧路 20.07.14:釧路〜函館向け航行 20.07.14:0445 約3時間に渡り対空戦闘:敵10数機と交戦、直撃弾6発、至近弾100発         船体中破、火災、沈没の虞があるため大楽毛西方海岸に擱坐
20.07.14:擱坐放棄 --.--.--:返却
喪失場所:N.-E. 北海道大楽毛西方海岸 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 「新潟鉄工所四十年史」 S09.06 株式會社新潟鐵工所
 「写真集懐かしの千島」国書刊行会 S56 写真集懐かしの千島編纂委員会編
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.138)
 「下関造船所50年史」S39.   三菱重工業株式会社下関造船所(P.188)
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft" (P.129)

前の船へ ← 一般徴傭船(気象觀測船兼監視船) → 次の船へ

Homeへ戻る