第二昭榮丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 06.12.15:進水、命名:第二昭榮丸 --.--.--:竣工、船主:株式會社山久商會、登録長:21.3、登録深さ:2.1
07.--.--:登録長:21.4、登録深さ:2.2に変更 11.--.--:登録長:24.4に変更 12.--.--:船主:高助汽船株式會社に変更 19.03.11:機密舞鶴鎮守府命令第82号:       左に依り徴傭船舶の授受を行う       第二昭榮丸(35460)63噸       みゆき丸 (40596)66噸       於舞鶴軍港 3月13日1000
19.03.13:徴傭 19.03.14:艤装工事着手 19.03.20:機密舞鶴鎮守府命令第92号:       舞鶴海軍港務部長は其の保管に係る特設監視艇予定船、もがみ丸、但馬丸、みゆき丸、昭和丸、       第二昭榮丸を整備完成後速に横須賀に回航せしむべし 19.03.21:艤装工事完成 19.03.22:舞鶴〜
19.04.15:入籍:内令第556号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
19.04.15:特設監視艇隊編制:内令第557号:第四監視艇隊 19.04.15:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.04.15:横須賀にて修理中(04.28まで) 19.04.20:監視艇長:海軍兵曹長 渡邊 辰雄 19.04.28:横須賀〜04.28横浜 19.04.29:横浜〜05.02塩釜 19.05.04:修理(06.末まで) 19.05.08:監視艇長:海軍兵曹長 須田 兵助 19.06.--:艇番号:445 19.06.--:塩釜〜07.01横須賀 19.07.04:横須賀〜07.04横浜07.08〜07.08横須賀 19.07.10:軍隊区分:北東方面部隊第二哨戒部隊 19.07.16:横須賀〜07.16横浜 19.07.19:横浜〜07.28釧路08.01〜08.08幌筵
19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:千防部隊電令作第105号:千島防備部隊哨戒部隊 19.08.08:軍隊区分:直哨戒隊 19.08.16:千根信電令第68号:温禰古丹大泊より加熊別に転進の陸軍海上機動第三旅団の輸送2往復 19.08.17:幌筵〜08.17片岡08.18〜08.18大泊08.19〜08.19加熊別湾 19.08.20:対空戦闘: 19.08.--:加熊別湾〜08.23幌筵 19.10.20:越冬艇に決定 19.10.23:軍隊区分:千防信電令作第62号:千島防備部隊附属 19.10.30:幌筵〜ヲ002船団護衛〜10.31幌筵 20.02.10:1054 (N42.25-E144.35)燃料、真水12日まで      〜02.11広尾 20.02.11:広尾〜釧路 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭 20.08.15:残存

同型船

 なし

兵装

 要調査

写真資料

 なし

備考

 昭和19年03月〜10月にかけて幌筵とあるのは基地のあった幌筵海峡に面した幌筵島烏川湾又は占守島片岡湾を指します。


前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る