たこま丸の船歴

 年 月 日:船歴

M41.01.24:起工 M42.02.05:進水、命名:たこま丸 M42.06.25:竣工、登録総噸数:6,178、登録純噸数:3,830、      登録長:419.70尺、登録幅:49.50尺、登録深さ:29.95尺
T04.--.--:登録総噸数:5,841、登録純噸数:3,644、      登録長:410.0呎、登録幅:51.2呎、登録深さ:32.5呎に変更 T06.--.--:登録総噸数:5,850、登録純噸数:3,642に変更 T12.07.18:ブエノスアイレス〜サントス〜リオデジャネイロ〜新王倫〜ガルベストン〜クリストバル〜      〜桑港〜10.26横浜 T13.02.15:ブエノスアイレス〜サントス〜リオデジャネイロ〜新王倫〜ガルベストン〜クリストバル〜      〜桑港〜05.24横浜 T13.09.20:ブエノスアイレス〜サントス〜リオデジャネイロ〜ビクトリア〜新王倫〜ペンサコラ〜      〜ガルベストン〜クリストバル〜桑港〜12.27横浜 04.--.--:登録総噸数:5,856に変更 08.--.--:登録総噸数:5,772、登録純噸数:3,546に変更 14.--.--:登録純噸数:3,539に変更
16.09.23:徴傭:陸軍 16.09.23:黄埔〜09.25高雄 16.09.25:高雄〜10.06海口10.06〜10.14西貢 16.10.14:西貢〜10.15高雄 16.10.16:高雄〜10.21西貢 16.10.29:西貢〜11.01高雄 16.11.01:高雄〜11.07西貢 16.11.09:西貢〜11.15海口11.16〜11.20高雄 16.11.--:高雄〜黄埔 16.11.--:黄埔〜11.26海口〜カムラン湾
16.12.--:輸送船隊区分:第五分隊(船番号:31) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.16パタニ 16.12.16:安藤支隊揚陸開始 16.12.18:揚陸完了 16.12.19:パタニ〜コタバル 16.12.21:2200 揚陸完了 16.12.--:コタバル〜シンゴラ12.22〜12.29広東12.29〜12.30黄埔 17.01.03:黄埔〜01.04香港01.05〜01.05虎門01.07〜01.09黄埔 17.01.10:黄埔〜01.20カムラン
17.02.01:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:2) 17.02.09:(あ号L作戦先遣隊)カムラン〜      〜02.09 1920 ホンカット灯台の58度7分にて驅逐艦「吹雪」が敵潜を探知攻撃〜      〜02.10 1005 陸軍徴傭船あらすか丸」が機関故障し列外に出る〜      〜02.10 1130 陸軍徴傭船「あらすか丸」が機関復旧し列に入る〜      〜02.12 1200(N04.45-E107.10)第一掃海隊、「第七號驅潜艇」「第八號驅潜艇」が合同             第十一驅逐隊、驅逐艦「朝霧」が燃料補給の為、分離〜      〜02.12 1720(N04.00-E106.56)巡洋艦「由良」が合同〜      〜02.12 2000 巡洋艦「川内」、同「由良」が分離〜      〜02.14 1020(S00.15-E105.10)巡洋艦「川内」及び驅逐艦「初雪」、同「白雪」が合同〜      〜02.14 1115 サマ島南東10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14 1245 サマ島南10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14ムントク 17.02.15:0100 ムントク泊地に入泊      0220 第三十八師団先遣隊上陸成功 17.02.15:ムントク〜      〜02.15 1600 陸軍徴傭船但馬丸」被爆、炎上、同船はムントクに引返す〜      〜02.15ムーシ河口 17.02.20:ムントク〜02.22パレンバン02.23〜02.26昭南 17.--.--:昭南〜03.12ラブハンルク03.12〜03.14昭南 17.03.22:昭南〜03.24ベラワン03.27〜03.29昭南 17.03.30:昭南〜04.04香港04.17〜04.20黄埔 17.04.21:黄埔〜04.24上海 17.04.25:上海〜04.27大連05.18〜05.21門司 17.07.08:門司〜07.16高雄 17.07.18:高雄〜07.27西貢 17.07.30:西貢〜08.02昭南 17.08.03:昭南〜08.07西貢 17.08.14:西貢〜08.22高雄 17.08.23:高雄〜08.24釜山 17.08.28:釜山〜08.29馬公09.06〜09.08宇品 17.09.15:門司〜09.25聖雀 17.10.01:聖雀〜10.06昭南 17.10.08:昭南〜10.10バタビヤ10.16〜10.19昭南 17.10.23:昭南〜11.17蘭貢11.10〜11.17昭南 17.11.19:昭南〜11.24バタビヤ11.26〜11.29昭南 17.12.03:昭南〜12.24ラバウル 17.12.28:ラバウル〜12.28パラオ 18.01.01:パラオ〜01.15マニラ 18.01.18:マニラ〜01.22高雄 18.02.06:高雄〜02.08九龍 18.02.27:九龍〜03.01高雄 18.03.04:高雄〜03.09上海 18.03.15:上海〜03.18高雄 18.03.22:高雄〜03.25マニラ 18.03.27:マニラ〜04.01パラオ 18.04.25:パラオ〜05.04宇品 18.05.21:門司〜05.29高雄 18.06.01:高雄〜06.13昭南 18.06.29:昭南〜07.02ジャカルタ07.03〜07.05スラバヤ 18.07.23:スラバヤ〜07.29パラオ 18.08.16:パラオ〜08.23ラバウル 18.08.26:ラバウル〜09.02パラオ 18.09.11:パラオ〜09.17マニラ 18.09.29:マニラ〜10.02高雄 18.10.05:高雄〜10.12門司 18.11.26:門司〜11.27釜山11.28〜11.28門司 18.12.02:門司〜12.08高雄 18.12.17:高雄〜12.20マニラ 18.12.28:マニラ〜01.04ハルマヘラ 19.01.06:ハルマヘラ〜01.10サルミ01.11〜01.15ハルマヘラ 19.01.24:ハルマヘラ〜01.28サルミ01.28〜ソロン 19.01.31:ソロン〜      〜01.31 1530 船団加入〜
19.02.01:沈没 19.02.01:解傭
喪失場所:N01.32-E128.50 ハルマヘラ島ガムチャカ岬南方9km附近 喪失原因:米潜水艦Hake(SS-256)の雷撃

同型船

 あとる丸かご丸ぱなま丸めきこ丸かなだ丸

兵装

 野砲、機銃1基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年10月号「日本商船隊の懐古 No.16」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.23)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1994年5月号「日本移民船始末記第7回排日問題と北米航路客船」山田廸生
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.48)
 「日本汽船件名録 第十版」
 「日本汽船件名録 第十一版」
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.108)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.163)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る