宮浦丸の船歴

 年 月 日:船歴

T07.09.19:起工 T07.12.23:進水、命名:宮浦丸 T08.01.22:竣工、船主:三菱造船株式會社、登録総噸数:1,849、登録純噸数:1,090に変更
T09.--.--:船主:三菱商事株式會社に変更 T12.12.08:船主:近海郵船株式會社、登録総噸数:1,856、登録純噸数:1,092に変更 T13.02.15:天津〜大連〜02.25横浜 T13.03.14:天津〜大連〜03.24横浜 T13.03.29:逓信省告示第488号:電信取扱所の位置を変更       旧位置:三菱商事株式會社所属汽船宮浦丸       新位置:近海郵船株式會社所属汽船宮浦丸 T13.08.03:木歳〜小樽〜08.10横浜 T13.09.01:オロスコ〜小樽〜名古屋〜09.16横浜 T13.10.11:太沽〜小樽〜10.28横浜 T13.11.20:天津〜牛荘〜大連〜12.06横浜 T14.01.18:仁川〜群山〜木浦〜釜山〜門司〜神戸〜大阪〜名古屋〜02.02横浜 T14.02.18:天津〜青島〜03.01横浜 T14.03.18:天津〜青島〜03.27横浜
12.07.16:徴傭:陸軍 14.08.16:船主:日本郵船株式會社に変更 16.10.30:宇品〜11.02広東11.04〜11.07海口11.10〜11.13三亞12.03〜12.06西貢 16.12.06:西貢〜12.11広東12.27〜12.29汕頭12.29〜12.30黄埔 17.01.02:黄埔〜01.02虎門01.03〜01.03黄埔 17.01.06:黄埔〜01.06虎門01.13〜01.14九龍01.15〜01.16黄埔 17.01.17:黄埔〜01.18澳頭01.21〜01.23九龍01.25〜01.26黄埔 17.01.27:黄埔〜01.28九龍01.30〜02.20西貢 17.02.21:西貢〜02.24海口03.04〜03.07黄埔 17.03.08:黄埔〜03.09汕頭03.10〜03.14黄埔 17.03.15:黄埔〜03.16九龍03.17〜03.21黄埔 17.03.24:黄埔〜03.25九龍03.31〜04.01黄埔 17.04.02:黄埔〜04.03九龍04.05〜04.14黄埔 17.04.15:黄埔〜04.16汕頭04.18〜04.25黄埔 17.04.26:黄埔〜04.27三亞05.03〜05.05海口05.11〜05.13九龍05.14〜05.15黄埔 17.05.17:黄埔〜05.21九龍05.22〜05.27汕頭05.28〜05.29黄埔 17.05.31:黄埔〜06.03汕頭06.04〜06.07黄埔 17.06.08:黄埔〜06.12海防06.12〜06.13海口06.22〜06.23黄埔 17.06.24:黄埔〜07.01香港07.04〜07.27大阪 17.09.04:東京〜09.13大連09.19〜09.24神戸 17.10.10:門司〜10.14大連10.15〜10.18八幡 17.10.23:門司〜10.27大連10.30〜11.04八幡 17.11.09:大海第一部機密第091409番電:       大海機密第281809番電に依る第五十一師団関係の海上輸送計画(内地方面発航の分)概要左の如し       尚本輸送の護衛は佐伯湾を集合地とし佐伯発サイパン附近迄呉鎮守府夫れ以後聯合艦隊の担任と       せらるる内意なり(以下乗船地、集合地、発航予定日時、配當輸送船、主要搭載部隊又は物件の順)       釜山 11月12日 りま丸(JCMD)兵站部隊       廣島 11月12日 元明丸(JBND)、宮浦丸(JARA)、博進丸(JLQG)、高知丸(JOAD)軍需品       廣島 11月18日 鞍馬山丸(JUKB)、空知丸(JFQC)軍需品       大阪 11月23日 三池丸(JHLP)高射砲聯隊       廣島 11月25日 日振丸(JIVD)、建國丸(JLJM)軍需品       機密保持上本輸送を「八號演習輸送」と呼称す 17.11.12:宇品〜佐伯 17.11.15:(八號演習輸送B)佐伯〜11.29ラバウル 17.12.11:ラバウル〜12.24レガスピー12.24〜12.30高雄 18.01.20:高雄〜01.23門司 18.02.21:門司〜03.02パラオ 18.03.13:パラオ〜03.20ラバウル 18.04.25:ラバウル〜05.05パラオ 18.05.20:パラオ〜05.25昭南 18.05.27:昭南〜06.01バリクパパン06.15〜06.17昭南 18.06.21:昭南〜06.23パレンバン06.26〜06.28昭南 18.07.01:昭南〜07.31盤谷07.31〜08.01昭南 18.08.11:昭南〜08.13パレンバン08.22〜08.29ジャカルタ08.31〜09.01昭南 18.09.10:昭南〜09.20パレンバン09.27〜09.30昭南 18.10.01:昭南〜ミリ〜12.30クチン12.31〜01.01昭南 19.01.--:昭南〜02.28メルグイ〜03.01昭南 19.03.--:昭南〜03.15西貢〜03.31マニラ 19.04.23:マニラ〜04.30ハルマヘラ05.03〜05.07アンボン 19.05.17:アンボン〜ハルマヘラ向け航行
19.05.20:沈没 19.05.20:解傭
喪失場所:N02.14-E128.05 ハルマヘラ島ジョゼファ岬北東5km附近 喪失原因:米潜水艦Bluegill(SS-242)の雷撃

同型船

 喜春丸、和~丸、第三東洋丸。

兵装

 野砲、山砲、機銃1基。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.251)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1997年9月号「日本商船隊の懐古 No.218」山田早苗
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.58)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.671)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る