海鳳の船歴

 年 月 日:船歴

08.03.24:起工 08.04.20:民警親發第481號:警備船名決定通牒 08.06.12:進水、命名:海鳳 08.07.04:竣工
08.07.--:海邊警察隊 08.07.10:(現在)船長:福地 義一 警佐 08.07.10:神戸〜07.19大連07.20〜07.20旅順07.20〜07.21營口 08.08.05:營口〜大孤山沖(海上捜索) 08.08.13:観艦式挙行 08.09.07:營口海邊警察隊 08.11.07:交通部布告第33号:専用無線電信施設承認、呼出符号:MRBG      〜12.13旅順 08.12.--:旅順にて冬営中 10.10.02:旅順要港部・營口海邊警察隊聯合演習 10.10.02:營口にて部隊編成(青軍部隊第二護衛隊) 10.10.04:演習開始 10.10.05:演習終了〜旅順 11.03.--:船舶番号:1028、排水量:200 11.09.--:機密駐満海軍部命令第2号:自09.11至09.12駐満海軍部通信演習 12.06.01:交通部布告第100号:無線電信施設の呼出符号変更:MRBS 12.07.01:海上警察隊 13.03.29:旅順〜旅順 13.04.15:旅順〜05.16旅順 13.08.01:信号符字點附:MEAW、船舶番号:2302 13.--.--:旅順〜09.09旅順 13.12.26:交通部布告第296号:無線電信施設の呼出符号変更:MEAW
--.--.--:日本海軍旅順特別根拠地隊の警備協力 17.10.27:機密旅根電令作第5号:       海鳳は明28日0800出港C哨区の哨戒に任じ特令なければ29日日没迄に便宜旅順に帰投すべし 18.05.06:北緯38度20分〜北緯38度50分、東経E122度10分〜東経122度4分間掃蕩 19.01.24:出渠 19.06.01:旅根電令作第3号:      1.1日0300相模川丸は37度35分12度56分に潜望鏡、雷跡らしきもの発見      2.海龍、海鳳は準備出来次第出港老鐵山水道より長山列島方面に至る間捜敵掃蕩敵情なければ明朝        大連に帰投0600出港予定の青島行大連丸を直接護衛したる後長山列島方面の索敵掃蕩を続行すべし 19.08.14:旅根電令作第15号:      1.今朝小青島附近に敵潜水艦出現黄海北部侵入の算あり      3.海龍、海鳳、早朝出撃海洋と東黄海面に進出接岸航路の間接護衛に任ずべし 19.08.18:旅根機密第180850番電:       敵情を得ざれば便宜帰投せよ 19.08.20:旅根信電令作第16号:      2.海龍、海鳳は明21日0800出港海洋島東方海面に進出接岸航路の間接護衛に任ずべし 20.04.01:船内保安整備作業 20.04.02:武器手入 20.04.03:繋留換・物品搭載・機関整備調製 20.04.04:手旗教練・大砲手入 20.04.05:短艇手入・武器手入 20.04.06:短艇手入 20.04.07:船内大掃除・防火部署教練 20.04.08:船内保安整備作業 20.04.09:弁事処材木運搬作業・船体機関整備 20.04.10:旅順〜(信令作第14号:対潜掃蕩)〜04.11旅順 20.04.12:弁事処材木運搬作業・各部倉庫手入 20.04.13:外舷一部錆落し 20.04.14:船内大掃除・部署教練 20.04.15:船内保安整備 20.04.16:弁事処作業・船内備品調査整備 20.04.17:弁事処作業 20.04.18:旅順地区防空演習参加 20.04.19:内舷手入 20.04.20:旅順〜(信電令作第20号:対潜掃蕩)〜04.21旅順 20.04.22:船内保安整備 20.04.23:探照灯整備・船体機関整備 20.04.24:旅順〜(信令作第16号:対潜掃蕩)〜04.26旅順 20.04.27:上甲板金物手入・砲戦教練・大砲手入 20.04.28:旅順〜(信電令作第23号:対潜掃蕩)〜04.30大王家島05.01〜05.01旅順 20.04.30:(現在)船長:中前 繁夫 警佐 20.05.02:訪日宣詔記念式典挙行 20.05.03:船体機関整備・各部倉庫整理 20.05.04:上甲板金物手入・船砲操法 20.05.05:船内大掃除・防火部署教練 20.05.06:船内保存整備・手旗教練 20.05.07:各部倉庫手入・大砲覆補修 20.05.08:大砲手入・上甲板金物手入 20.05.09:内外舷一部塗装 20.05.10:船体機関整備・部品整理検査 20.05.11:上甲板金物手入・武器手入 20.05.12:船内大掃除・防火部署教練 20.05.13:船内保存整備 20.05.14:航海見張術教育・大砲手入及帆布補修 20.05.15:船体機関整備 20.05.16:上甲板砂摺・内外舷真水拭き 20.05.17:居住室清掃・短艇通船手入 20.05.18:後部居住室一部錆落し・手旗教練 20.05.19:船内大掃除・上甲板砂摺及び真水拭き・部署教練 20.05.20:船内保存整備 20.05.21:船内居住室清掃・上甲板金物手入 20.05.22:船内一部錆落塗装・船砲操法 20.05.23:武器手入・船内一部塗装 20.05.24:士官室清掃・機関整備 20.05.25:食器室及び便所手入・甲板要具製作 20.05.26:旅順〜(信電令作第28号:対潜掃蕩)〜05.29旅順 20.05.30:上甲板砂摺・内外舷手入
20.08.15:残存 --.--.--:除籍

同型船

 海龍

兵装

 八糎砲2門、機銃2基。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和8年7月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1982年3月号(P.25,129)
 満州國現勢 康徳二年版

前の船へ ← 警備船 → 次の船へ

Homeへ戻る