第十號掃海艇の艇歴

 年 月 日:艇歴

12.02.21:起工、仮称艦名:第52號艦 13.05.28:命名:達第88号:第十號掃海艇 13.05.28:類別等級制定:内令第416号:種別:掃海艇、艇型:第七號型 13.06.13:信号符字點付:達第92号:JXJD 13.09.22:進水 13.11.15:艤装員長:海軍少佐 志摩 岑 13.11.22:艤装員事務所を株式會社東京石川島造船所内に設置し事務を開始 14.02.15:本籍:内令第 号:佐世保鎮守府 14.02.15:竣工、艤装員事務所撤去
14.02.15:掃海隊編制:内令第94号:第二十一掃海隊 14.02.15:掃海艇長:海軍少佐 志摩 岑 14.11.15:掃海隊編制:内令第849号:第二十一掃海隊 14.11.15:掃海艇長:海軍少佐 山上 亀三郎 15.05.01:役務:内令第303号:警備掃海艇 15.05.01:掃海艇長:海軍少佐 種子島 洋二 15.10.15:掃海艇長:海軍大尉 福山 強 15.11.15:掃海隊編制:内令第835号:第二十一掃海隊 15.11.15:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第一根據地隊第二十一掃海隊 16.04.10:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第一根據地隊第二十一掃海隊 16.09.15:掃海艇長:海軍豫備大尉 鈴木 康吉 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JXJP 16.12.06:高雄〜12.06枋寮 16.11.29:軍隊区分:機密第二急襲隊命令作第3号:掃海部隊(馬公出撃時より) 16.12.07:馬公〜12.10ビガン 16.12.10:軍隊区分:機密第二急襲隊命令作第3号(11.29附):第二警戒隊 16.12.10:1033 敵機の機銃掃射により上甲板の爆雷に命中断弾を受け誘爆轟沈
16.12.10:沈没 17.01.15:類別等級削除:内令第50号 17.01.15:掃海隊編制:内令第72号:第二十一掃海隊より削除 17.01.15:除籍:内令第79号
喪失場所:N17.32-E120.22 ルソン島ビガン湾 喪失原因:米陸軍航空隊P-35による空爆

同型艇

 第七號第八號第九號第十一號第十二號

兵装

(計画時)
 四十五口径三年式十二糎砲3門、二十五粍二聯装機銃1基、
 十四年式拳銃6丁、三八式歩兵銃22挺、 
 九四式投射機1基、爆雷装填台三型1基、爆雷水圧投下台2基、爆雷投下台二型4基、九一式爆雷16個、
 対艦式大掃海具6組。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.50「掃海艇・輸送艦」 (P.10-11)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.21)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1978年7月号増刊「写真集・日本軍艦史<3>昭和編」(P.102)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.59)
 「海軍 第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集員会(P.49)
 「石川島技報」 S13.10 石川島技報編輯部(P.66)
 "ONI 41-42 Japanese Naval Vssels"(P.258)

前の艇へ ← 掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る