北洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 12.11.--:進水、命名:北洋丸 --.--.--:竣工、船舶番号:44179、船主:株式會社林兼商店、船籍港:下關
--.--.--:
15.09.15:徴傭 15.09.15:入籍:内令第575号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
15.--.--:昭和十五年度海軍大演習期間中に使用
15.10.08:除籍:内令第575号 15.10.10:解傭
16.--.--:船舶番号:臺灣448、船籍港:基隆に変更
--.--.--:徴傭 16.03.10:入籍:内令第203号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.04.10:除籍:内令第203号 --.--.--:解傭
16.09.04:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:佐世保防備隊所属
16.11.20:内令第1494号:佐世保海軍警備隊所属 16.11.20:監視艇長:海軍兵曹長 安永 甚三郎 16.12.06:佐世保〜哨戒〜佐世保 16.12.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保海軍警備隊 16.12.--:軍隊区分:防空隊見張隊特設監視艇(乙) 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:陸上防備部隊特設監視艇(乙) 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:陸上防備部隊特設監視艇(乙) 17.03.--:佐世保      〜03.17哨戒中〜      〜03.18哨戒中〜      〜03.20哨戒中〜      〜03.22哨戒中〜      〜佐世保 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:陸上防備部隊特設監視艇(乙) 17.04.--:軍隊区分:佐世保鎮守府陸上防備部隊見張隊特設監視艇(乙) 17.04.11:(X地点哨戒)佐世保〜04.12玉ノ浦04.13〜04.16玉ノ浦04.18〜04.19玉ノ浦〜      〜04.21哨戒終了〜佐世保 17.04.29:佐世保〜海上輸送〜佐世保 17.05.16:准学教務 17.05.19:長崎〜05.19佐世保 17.05.22:官房機密第657番電:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      仮称40瓩発煙筺5個以内、発煙浮筺用筺嚢3個以内、      九五式爆雷(九五式爆雷改二)完備4個以内、落下傘一型爆雷と同数、      仮装投下台を装備 17.05.--:佐世保〜      〜05.24哨戒中〜      〜05.24下甑島鷹ノ浦〜日の口05.27〜      〜05.27哨戒中〜      〜05.28哨戒中〜      〜05.29哨戒中〜      〜05.30哨戒中〜      〜05.31哨戒中〜      〜06.01哨戒中〜      〜06.02哨戒中〜      〜06.03佐世保 17.06.--:監視艇長:海軍兵曹長 内村 繁 17.06.15:佐世保海軍工廠にて兵装工事(06.19まで) 17.06.20:(Y地点哨戒)佐世保〜06.25上甑島中河浦06.26〜      〜06.26哨戒中〜      〜06.27哨戒中〜      〜06.28哨戒中〜      〜07.01黒島と平島の中間で浮流機雷発見、処分艇到着につき帰途に就く〜      〜佐世保 17.07.--:(Z地点哨戒)佐世保〜07.17中河浦07.18〜07.22上甑島桑浦07.25〜     〜07.26桑浦07.27〜07.27樺島07.28〜08.05面高〜08.13玉ノ浦08.14〜      〜08.15玉ノ浦08.18〜08.22奈良尾      〜08.25機銃射撃及び爆雷投射〜      〜佐世保 17.09.06:(Z地点哨戒)佐世保〜09.12佐世保 17.09.--:佐世保〜      〜09.23哨戒中〜      〜09.24哨戒中〜      〜09.24 1830 拿捕船「Ebonol」大瀬崎210度20浬を通過、玉ノ浦へ誘導      〜09.25哨戒中〜      〜09.26哨戒中〜      〜09.27哨戒中〜      〜09.28哨戒中〜      〜09.28玉ノ浦〜      〜佐世保 17.10.23:(Y地点哨戒)佐世保〜10.24玉ノ浦〜11.01荒川〜11.02奈良尾〜佐世保 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:陸上防備部隊特設監視艇(乙) 17.11.10:佐世保〜11.10長崎11.11〜11.11佐世保 17.11.21:(Y地点哨戒)佐世保〜11.21玉ノ浦〜11.22荒川〜11.24荒川〜12.01奈良尾〜      〜12.02佐世保 17.12.04:佐世保〜12.04長崎(小町)12.04〜 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:陸上防備部隊特設監視艇(乙) 17.12.--:入渠 17.12.19:長崎〜12.19佐世保 17.12.28:(W地点哨戒)佐世保〜12.30玉ノ浦〜01.05奈良尾〜01.06佐世保 18.01.17:(Y地点哨戒)佐世保〜01.17玉ノ浦〜女島01.25〜01.28佐世保 18.02.10:(Z地点哨戒)佐世保〜02.10長崎02.10〜02.10御嶽浦〜02.15桑ノ浦02.16〜      〜02.17桑ノ浦02.21〜佐世保 18.02.27:(X地点哨戒)佐世保〜02.27荒川02.28〜03.01荒川03.02〜03.08荒川03.08〜      〜03.08東風泊湾03.09〜03.09佐世保 18.03.20:佐世保〜准士官学生教務〜03.20佐世保 18.03.25:(W→Y地点哨戒)佐世保〜03.25玉ノ浦03.26〜03.26荒川04.01〜      〜04.03荒川04.04〜04.04奈良尾〜04.05佐世保 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.04.08:(弾薬輸送)佐世保〜04.08百合岳04.08〜04.08佐世保 18.04.09:(W地点哨戒)佐世保〜04.09大宝浦04.10〜04.12荒川04.14〜04.17奈良尾04.18〜      〜04.18佐世保 18.04.20:(Z地点哨戒)佐世保〜04.20野母崎04.20〜04.20富岡04.21〜04.21釣掛〜      〜手打04.22〜04.28桑ノ浦04.29〜04.30鬼木湾05.01〜佐世保 18.05.09:佐世保〜05.10長崎 18.05.--:入渠 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:佐世保陸上防備部隊特設監視艇(乙)
18.11.01:内令第2284号:佐世保防備隊所属 18.11.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:海面防備部隊南西諸島部隊 18.11.01:軍隊区分:南西諸島部隊沖縄部隊 18.11.01:佐鎮海面防備部隊電令作第5号:11.06佐世保発枕崎にて南方行機帆船群17隻と合同、      打合せの上、同地発南西諸島を経て高雄迄護衛 18.11.06:佐世保〜枕崎〜11.12瀬相 18.11.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第50号:海面防備部隊南西諸島部隊 18.12.19:機密大島防電令作第50号:対潜掃蕩 19.01.03:山川〜01.04久慈〜01.05古仁屋01.06〜01.07那覇 19.01.11:那覇〜01.14那覇 19.01.19:那覇〜01.20宮古01.24〜01.24名護〜01.25石垣01.25〜01.28那覇 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊南西諸島部隊 19.01.28:那覇〜対潜掃蕩〜01.30那覇 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:海面防備部隊南西諸島部隊 19.03.09:対潜掃蕩 19.03.13:対潜掃蕩 19.03.16:対潜掃蕩 19.04.02:(鹿106船団護衛)〜伊江水道付近迄
19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備隊 19.04.10:軍隊区分:第四海上護衛部隊協力部隊南西諸島海面防備部隊大島部隊特設監視艇(乙) 19.04.12:瀬相〜対潜掃蕩〜04.14(鹿004船団護衛)〜04.15那覇 19.04.19:(沖803船団護衛)那覇〜04.20瀬相 19.04.23:瀬相〜宝島電探輸送任務〜04.25瀬相 19.04.27:瀬相〜対潜掃蕩〜04.30瀬相 19.05.08:瀬相〜船団護衛〜05.08瀬相 19.05.14:瀬相〜哨戒〜05.15瀬相 19.05.21:瀬相〜哨戒〜05.21瀬相 19.05.22:瀬相〜哨戒〜05.22瀬相 19.05.26:瀬相〜(臨時カナ505船団護衛)〜05.26那覇 19.05.27:那覇〜哨戒〜05.29瀬相 19.06.11:(漁船団護衛)瀬相〜 19.06.13:瀬相〜 19.06.15:瀬相〜対潜掃蕩〜 19.06.19:(「琉球丸」護衛)瀬相〜06.26瀬相 19.06.29:瀬相〜対潜掃蕩〜07.01瀬相 19.07.03:瀬相〜対潜掃蕩〜07.04瀬相 19.07.06:(漁船団護衛)瀬相〜07.07那覇 19.07.--:那覇〜07.08瀬相 19.07.09:瀬相〜07.10瀬相 19.07.11:瀬相〜対潜掃蕩〜07.13瀬相 19.07.22:瀬相〜対潜掃蕩〜07.24瀬相 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊大島護衛部隊特設監視艇(乙) 19.08.06:瀬相〜対潜掃蕩〜(カタ626船団護衛)〜08.08瀬相 19.08.09:瀬相〜対潜掃蕩〜08.12瀬相 19.08.13:瀬相〜対潜掃蕩〜08.13瀬相 19.08.17:瀬相〜護衛〜08.17瀬相 19.08.24:瀬相〜(ナカ405船団護衛)〜08.25瀬相 19.09.02:信電令作第5号:直ちに出動、      大島北方海面漂流中の陸軍徴傭漁船「興順丸」の捜索救助 19.09.02:瀬相〜「興順丸」捜索救助〜09.05瀬相 19.09.06:(カナ602船団護衛)瀬相〜09.07那覇 19.09.07:信電令作第72号:09.08 1200出港カタ719船団の前路掃蕩 19.09.09:那覇〜哨戒〜09.10瀬相 19.09.12:(ナカ203船団護衛)瀬相〜09.13鹿児島 19.09.16:鹿児島〜哨戒〜09.20瀬相 19.09.27:信電令作第81号:常駐基地を口永良部湾又は一港に指定、      口永良部島を中心とする60浬圏内担任海面の対潜掃蕩、通航船舶の間接護衛、海上警戒 19.09.28:信電令作第82号:直ちに出動、皆通埼を中心とする20浬圏内の敵潜掃蕩を実施、      1200掃蕩を止め、信電令作第81号の行動 19.09.28:瀬相〜対潜掃蕩〜10.02瀬相 19.10.10:瀬相〜哨戒〜10.13口永良部 19.10.14:電令作第85号:特設掃海艇ちとせ丸」護衛のタカ410船団中の6隻を宝島付近から山川沖迄護衛 19.10.14:口永良部〜(タカ410船団護衛)〜10.19鹿児島 19.10.24:特設砲艦富津丸」警戒援助〜10.27瀬相 19.10.31:瀬相〜 19.11.02:瀬相〜哨戒〜11.03佐世保 19.11.13:電令作第99号:常駐基地を瀬相に復帰 19.12.--:佐世保にて修理中 20.02.23:瀬相〜対潜掃蕩〜02.27瀬相 20.03.14:瀬相〜03.17佐世保 20.03.15:軍隊区分:南西諸島護衛部隊大島護衛部隊特設監視艇(乙) 20.04.--:佐世保 20.05.10:佐世保防備隊司令官作戦指揮下に入る 20.05.10:軍隊区分:佐世保鎮守府信電令作第118号(05.12附):九州方面護衛部隊護衛本隊 20.05.--:機械修理中 20.05.24:九六式二十五粍単装機銃装備工事(05.29まで) 20.05.25:軍隊区分:護衛部隊西九州護衛部隊
20.08.15:残存 21.06.01:除籍:内令第40号 21.06.30:解傭

同型船

 第二北洋丸

兵装

(17.04.16現在)
 小銃2挺、拳銃2丁

(17.06.19)
 九二式七粍七単装機銃1基、小銃2挺、拳銃2丁、仮装投下台、爆雷

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る