利綏の船歴

 年 月 日:船歴

M35.--.--:起工、Flußkannonenboote B M36.08.26:進水、命名:Vaterland M37.05.28:竣工、船主:Kaiserlichen Marine、船種:Flußkanonenboot
T03.08.14:南京で係船、民間に仮装売却:"Landesvater"と改名 T06.03.20:第一次世界大戦により中国海軍が接収、「利綏」と改名 T10.03.18:(現在)吉黒江防艦隊、在:哈爾濱 04.10.12:露支係争により三江口で大破〜富錦
05.03.--:松江花下流に派遣決定(2週間後の修理完成後派遣) 05.--.--:哈爾濱にて修理完了 05.05.09:三姓〜樺川間に派遣(JACAR:B04010608200) 05.05.20:(現在)東北艦隊
07.02.15:新政権に帰順 07.03.01:滿洲國建国 07.03.--:〜06.--(反吉林軍討伐戦) 07.04.15:滿洲國海軍   07.06.09:(現在)艦長:海軍中校 嚴昌泰 07.06.09:哈爾濱〜06.10木蘭06.10〜06.10通河06.11〜06.11依蘭06.11〜06.12蓮江口06.12〜      〜06.12佳木斯06.12〜06.13富錦 07.11.21:江防艦隊令 07.11.24:艦船令
08.08.15:(現在)艦長:海軍中校 趙競昌 08.12.01〜09.04.25:松花江封江
09.04.19:艦長:海軍中校 趙競昌(滿洲國へ正式に任官補職) 09.04.24:艦長:海軍中校 宋復九 09.10.07〜10.28:新旬依蘭地区海陸軍共同討匪
10.04.12:艦長:海軍少校 趙文溶 10.09.09:大典観艦式、第一列一番艦
11.02.01:艦長:海軍中校 趙文溶 11.02.15:艦長:海軍少校 劉安國 11.09.--:機密駐満海軍部命令第2号:(JACAR:C05035339500)      自09.11至09.12駐満海軍部通信演習(呼出符号:KL6)
12.--.--:(現在)第三戦隊所属 12.10.02:通河〜10.02宏克力10.06〜10.06西北河10.07〜10.07大羅勒密10.08〜10.08通河10.10〜      〜10.10一二二立標10.11〜10.11通河10.13濃々河10.15〜10.15擺渡河10.16〜10.16木蘭10.18〜      〜10.18新旬10.19〜10.19一九三立標10.20〜10.20木蘭10.22〜10.22濃々河10.23〜      〜10.23通河10.24〜10.24王八河10.25〜10.25木蘭10.27〜10.27石頭河子碼頭10.29〜      〜10.29六〇立標10.30〜10.30哈爾濱 12.11.01:哈爾濱本隊繋船池に入渠 12.11.04:冬営 12.11.08:恒例検閲
13.01.01:(現在)第三戦隊所属 13.02.--:推進軸中心修正、同罐管21本新規取替、同電路全部新替 13.06.--:(現在)水上防備隊として東北地区防衛司令官の指揮下で三江地区の治安粛正 13.06.04:佳木斯〜06.04二道河子06.06〜06.06大古洞島06.08〜06.08佳木斯06.09〜06.09通河06.11〜      〜06.11太溝06.13〜06.13大古洞島06.14〜06.14三姓06.16〜06.16大賚崗06.17〜      〜06.17佳木斯06.18〜 13.06.18:1100 二七三立標から二六三立標に至る左岸島嶼(萬立霍屯下流5km)に匪賊発見 13.06.18:1130 陸戦隊揚陸、1315 戦闘開始、1500 戦闘中止、帆船二隻捕獲、人質三名救出      〜06.18二六七立標06.19〜06.19蘇々屯06.20〜06.20馬庫力06.21〜      〜06.21佳木斯06.22〜06.22萬立霍屯06.24〜06.24新城鎮06.25〜06.25蘇々屯06.26〜      〜06.26佳木斯06.29〜06.30庫哈馬07.01〜07.01馬庫力07.02〜07.02捕鴉河07.04〜 13.07.04:東松花江三〇九立標島嶼に陸戦隊を揚陸、匪賊と交戦 13.07.05:三〇九立標〜07.05二九八立標07.06〜07.06三二〇立標07.07〜07.04富錦07.09〜      〜07.09同江07.11〜07.11右必札拉07.12〜07.12綏東07.13〜07.13富錦07.15〜      〜07.15二九八立標07.16〜07.16蘇々屯07.17〜07.17佳木斯07.18〜07.18蘇々屯07.19〜      〜07.19二七三立標07.21〜07.21蘇々屯07.22〜07.22二六〇立標07.23〜07.23新城鎮07.25〜      〜07.25佳木斯07.27〜07.27敖其07.28〜07.28大賚崗07.29〜07.29宏克力07.30〜07.30舒楽河鎮 13.12.01:艦長:海軍中校 劉安國(?)
14.02.15:滿洲國陸軍江上軍 14.02.15:艦長:陸軍江上兵中校 劉安國(?)
17.--.--:除籍

同型船

 Tsingtau。

兵装

(ドイツ艦時代)
 8.8cm速射砲1門、5.0cm速射砲1門

(1935.11末現在)
 露式七糎七野砲1門、三糎七平射歩兵砲2門、八糎五迫撃砲2門、毘式七粍七機銃2基、チェッコ七粍七軽機銃2基、
 小銃20挺、拳銃8丁、一四式一米五測距儀1基、四十五糎探照灯1基。

写真資料

 「大典観艦式記念江防艦隊写真帖」
 「艦艇学入門」光人社 H12.07 石橋孝夫 (P.38)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1966年4月号 (P.53)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2011年7月号 (P.48)
 雑誌「丸」潮書房 2014年3月号
 「戦前船舶」No.24 戦前船舶研究会 (P.57)
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft" (P.16)
 "Jane's Fighting Ships 1944-5" (P.334)
 "Deutsches Kreuzergeschwader Ostasien"

前の艦へ ← 軍艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る