第一海洋の船歴

 年 月 日:船歴

14.03.01:起工 14.05.31:官房第1595号ノ2:昭和十三年度新造雑役船       命名:雑役船「第一海洋」       船種:海洋觀測船(二百瓲)       所属:水路部、定数別:臨時附属? 14.07.01:進水 14.10.09:竣工
14.10.--:「第二伊豫丸」捜索活動 14.--.--:本州南方の海洋観測 15.--.--:本州南方の海洋観測 15.01.23:信号符字點付:達第15号:JQRD 15.05.01:(予定)三菱重工業株式會社彦島造船所にて入渠修理中 15.05.03:(予定)出渠修理中 15.05.09:(予定)下関〜05.09徳山05.10〜05.11清水05.12〜05.13油津 16.05.16:(予定)油津〜05.18名瀬05.20〜05.23勝浦 15.05.26:(予定)勝浦〜05.30清水 15.07.01:(予定)東京〜07.01館山07.01〜07.05女川07.08〜07.15油津 15.07.19:(予定)油津〜07.20清水07.20〜07.21勝浦 15.07.25:(予定)勝浦〜08.09勝浦 15.08.13:(予定)勝浦〜08.14清水08.16〜08.17油津 15.08.21:(予定)油津〜08.22清水08.24〜08.27勝浦 15.08.29:(予定)勝浦〜 15.09.02:(予定)名瀬〜09.04油津09.10〜09.11清水09.12〜09.15勝浦 15.09.18:(予定)勝浦〜09.21名瀬09.23〜09.25油津09.28〜09.30油津 15.09.--:(予定)油津〜10.13勝浦 15.10.16:(予定)勝浦〜10.17清水10.18〜10.19油津 15.10.22:(予定)油津〜10.23徳山10.24〜10.28勝浦 15.10.31:(予定)勝浦〜 15.11.15:(予定)紀伊勝浦にて技生1名乗船 15.11.24:(予定)油津にて技生1名交代退船      〜11.30油津 15.12.10:(予定)油津〜12.14串本12.14〜12.15清水12.16〜12.17油津 15.12.20:(予定)油津〜12.22名瀬12.23〜12.25油津 16.02.05:(予定)東京〜02.12サイパン02.15〜02.22東京 16.02.23:(予定)東京〜02.25勝浦02.26〜03.02油津 16.03.11:(予定)油津〜03.26徳山03.27〜03.29油津 16.04.07:(予定)油津〜04.08徳山04.09〜04.11油津 16.04.14:(予定)油津〜04.17古仁屋04.19〜04.23勝浦04.25〜04.29清水04.30〜 16.05.09:(予定)油津〜05.11古仁屋05.13〜05.16油津 16.05.19:(予定)油津〜05.22勝浦05.25〜05.28清水05.29〜05.30油津 16.06.05:(予定)油津〜06.08名瀬06.09〜06.12油津 16.06.16:(予定)油津〜06.22蘇澳06.23〜06.23基隆06.26〜 16.07.07:(予定)油津〜07.09古仁屋07.10〜07.13油津 16.07.18:(予定)油津〜07.19清水07.20〜07.24勝浦 16.07.22:急病人高知県清水港にて下船 16.07.28:病人全快し乗船 16.07.26:(予定)勝浦〜07.28東京07.29〜07.29横須賀 16.07.--:(予定)入渠修理 16.08.--:(予定)〜08.01東京 16.08.03:(予定)東京〜08.03横須賀 16.08.21:(予定)横須賀〜08.21東京08.22〜08.24勝浦08.25〜08.27油津 16.09.07:(予定)油津〜09.09古仁屋09.13〜09.15油津 16.09.17:(予定)油津〜09.19清水09.20〜09.24勝浦09.26〜09.29油津 16.10.07:(予定)油津〜10.09古仁屋又は名瀬10.11〜10.13油津 16.10.16:(予定)油津〜10.07油津 16.10.20:(予定)油津〜10.22勝浦10.24〜10.28徳山10.29〜10.31油津 16.10.--:(予定)〜11.02古仁屋11.03〜11.06勝浦11.11〜11.14清水 16.11.16:(予定)清水〜11.17油津 16.11.20:(予定)油津〜11.21徳山11.22〜11.27油津 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JLUQ 16.12.01:三亞〜12.14西貢 17.03.10:西貢〜06.27東京 17.07.03:官房機密第8210号:無線兵器換装の件訓令 17.08.22:横須賀〜08.23高雄08.25〜09.11由良09.16〜09.18東京 17.09.26:横須賀〜09.28清水10.01〜10.05勝浦10.09〜10.14油津10.17〜      〜10.18清水10.20〜10.24勝浦11.03〜11.09油津11.14〜11.17清水11.20〜      〜11.26勝浦12.01〜12.03東京 17.12.09:横須賀〜12.09伊東12.11〜12.11下田12.13〜12.15勝浦12.17〜      〜12.17室戸12.19〜12.19清水12.21〜01.10油津01.15〜      〜01.17古仁屋01.19〜01.26東京 18.01.30:横須賀〜02.01勝浦02.05〜02.07清水02.10〜02.11油津02.18〜      〜02.21清水02.23〜02.28勝浦03.08〜03.11清水03.13〜03.14油津03.18〜      〜03.21勝浦03.26〜03.27東京 18.04.03:横須賀〜04.04勝浦04.09〜04.12清水04.14〜04.15油津04.20〜      〜04.22古仁屋04.24〜04.27勝浦05.03〜05.12横須賀 18.06.04:官房軍機密第665号:所属変更       所属:水路部(南方海軍航路部供用) 18.06.30:東京〜06.30横須賀 18.07.05:(現在)指揮官:海軍兵曹長 吉村 貢 18.07.05:横須賀〜07.09呉07.10〜07.15鹿児島07.19〜07.24高雄 18.07.26:(第762船団護衛)高雄〜      〜07.29(N15.25-E119.22)スービック湾北方パラウィグ岬の215度205浬に座礁〜      〜07.29 特設運送船慶州丸」により離礁、曳航される〜      〜08.01キャビテ 18.08.02:第一〇三海軍工作部カナカオ船渠にて入渠、修理 18.08.25:出渠 18.08.31:マニラ〜09.02セブ 18.09.04:セブ〜09.05ホロ09.06〜09.07タラカン09.07〜 18.09.08:ブラウ河口にて船団加入〜09.09バリックパパン 18.09.12:バリックパパン〜09.13コタバル09.14〜09.18スラバヤ 18.10.11:(測量艇3隻曳航)スラバヤ〜10.03ジャカルタ10.06〜10.10スラバヤ 18.10.12:スラバヤ〜アラス海峡にて観測作業〜11.05スラバヤ 18.11.08:スラバヤ〜アラス海峡にて観測作業〜11.20スラバヤ 18.11.26:第一〇二海軍工作部三号乾船渠にて入渠 18.12.06:出渠 18.12.15:スラバヤ〜サぺ海峡にて観測作業〜12.28スラバヤ 19.01.03:スラバヤ〜自差修正〜01.03スラバヤ 19.01.04:スラバヤ〜サぺ海峡にて観測作業〜01.24スラバヤ 19.02.01:スラバヤ〜ロンボク海峡にて観測作業〜スラバヤ 19.02.18:スラバヤ〜ロンボク海峡にて観測作業〜02.28スラバヤ 19.03.08:スラバヤ〜アロル海峡にて観測作業〜03.22チモール島デリー 19.03.24:デリー〜アロル海峡にて観測作業〜04.09スラバヤ 19.04.23:スラバヤ〜04.28昭南 19.05.01:昭南〜マラッカ海峡にて観測作業〜05.11昭南 19.05.13:昭南〜ドウリアン海峡にて観測作業〜05.24スラバヤ 19.06.17:スラバヤ〜フロレス海峡にて観測作業〜07.05フロレス島エンデ 19.07.07:エンデ〜フロレス海峡にて観測作業〜07.24エンデ 19.07.24:エンデ〜07.27スラバヤ 19.07.--:指揮官:海軍兵曹長 久保田 清重 19.07.28:吉村兵曹長退船、久保田兵曹長着任 19.08.15:スラバヤ〜バリ海峡にて観測作業〜09.09スラバヤ 19.09.17:第一〇二海軍工作部にて入渠 19.09.22:出渠 19.09.25:スラバヤ〜09.28バリックパパン09.28〜10.09デラワン 19.10.09:第一測量班の測量作業に協力 19.10.19:0825 B-24 1機による第1回爆撃      0835 第2回爆撃      0842 第3回爆撃、至近弾により浸水、機銃掃射を受け応戦      0935 測量艇及び原住民プラウ来着、総員退去下令      0950 全没
19.10.19:沈没 --.--.--:除籍
沈没場所:N02.18-E118.15 デラワン北水道 沈没原因:B-24による空爆

同型船

 第二海洋第三海洋第四海洋第五海洋第六海洋

兵装

 F式音響測深儀1組。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (3141)
 「下関造船所50年史」S39.   三菱重工業株式会社下関造船所(P.138)

前の船へ ← 海洋觀測船 → 次の船へ

Homeへ戻る