大星丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M22.02.22:進水、命名:Larnaca M22.04.--:竣工、船主:Steamship Larnaca Company, Limited、船籍港:Liverpool、船舶番号:96291、      登録総噸数:2,287、登録純噸数:1,492、      運航:Gilbert M. Steeves
M29.--.--:運航:G. M. Steeves and Companyに変更 M32.--.--:改名:Mintaro、      船主:Adelaide Steamship Company, Limited、船籍港:Sydneyに変更 T03.03.28:関東都督府告示第29号(04.11附):信号符字點付
T03.03.--:改名:大星丸(たいせいまる)、      船主:橋谷合資會社、船籍港:大連、船舶番号:關東州101、信号符字:QBKR、      登録総噸数:2,375、登録純噸数:1,472、      運航:M. Kamedaに変更 T04.--.--:登録総噸数:2,361、登録純噸数:1,503に変更 T05.--.--:船籍港:廣島縣糸崎、船舶番号:19824、信号符字:NFRP、      登録総噸数:2,367、登録純噸数:1,654に変更 T06.--.--:船籍港:石川縣橋立に変更 T08.--.--:船主:橋谷株式會社に変更 T10.--.--:改名:大星丸(だいぼしまる) 04.--.--:登録総噸数:2,385、登録純噸数:1,672に変更 07.12.01:信号符字:JHKBに変更 11.--.--:登録総噸数:2,388、登録純噸数:1,668に変更 12.--.--:登録純噸数:1,667に変更
--.--.--:徴傭:船舶運營會 18.07.03:伊萬里湾在勤海軍武官機密第031245番電:      1.シ第三〇六船団6隻3日0600伊万里湾発、5日1200余山着の予定        速力八節、航路相崎瀬戸、北緯32度12分東経128度49分より余山直航        大星丸JHKB、順豐丸JJSR、大洲丸JBCC、薩摩丸JAJC以上蕪湖行        正元丸JDTA馬鞍山、海jロJBFD泗礁山(高雄行)      2.正午位置        4日北緯31度53分東経126度03分      3.護衛艦 海威3日1330相ノ島南3浬にて合同す 18.07.03:(シ第三〇六船団)伊万里湾〜蕪湖 18.07.19:上海根據地隊機密第192207番電:      1.モ九一〇船団大洲丸、若松丸、豐丸、大星丸八幡行、順豐丸門司行、正元丸尼崎行、宗像丸大阪行        以上礦石船、同和丸大阪行、B船榮丸、南進丸      2.護衛艦 第三十八號哨戒艇鷹島、速力八節      3.19日2000呉淞発大瀬崎直航        22日0200黄島着相崎瀬戸を通過後解列        23日0600六連着の予定        同和丸22日1800博多着の予定 18.07.19:(モ第九一〇船団)呉淞〜八幡 19.05.22:第1次海軍指定船 19.07.23:臨時配當船:第一次AC船 19.08.17:(カタ717船団)鹿児島〜08.19那覇 20.--.--:船主:日の丸汽船株式會社に変更 20.06.17:岩瀬〜      〜06.21 1945(N38.26-E128.30)高城郡猪ノ島東2浬沖にて敵潜を発見し砲撃2発〜      〜元山
20.08.15:残存:SCAJAP No. D-013 --.--.--:解傭

同型船

 なし。

兵装

 三八式野砲。

写真資料

 "State Library of Victoria", Image No. H81.85/94
 小樽市博物館所蔵(54-9, 130-4)

前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る