あまつ丸の船歴

 年 月 日:船歴

17.11.08:起工 18.03.23:進水、命名:あまつ丸 18.06.10:竣工、船主:日本海運株式會社
18.06.14:佐鎮機密第141805番電:      1.タ第五〇四船団        護衛艦 平島特務艦足摺洲埼、15日0800佐世保発、        K潮丸JZPM空船、あまつ丸JGBS空船、14日1800門司発、15日1200伊王島の46浬にて合同        右4隻18日1700高雄着の予定、何れも昭南行、編隊速力一二節、        航路 甑島よりA点北緯29度30分東経128度19分、B点与那国より90度18浬、C点江頭嶼の270度6浬      2.正午位置        16日北緯28度44分東経127度30分        17日北緯24度26分東経124度46分        18日北緯21度38分東経120度36分 18.06.14:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第21号:      1.特務艦足摺、洲埼、陸軍船K潮丸、あまつ丸、15日0900佐世保発高雄を経て昭南に向う、速力一二節      2.平島は高雄迄之が直接護衛に任ずべし 18.06.15:(タ第五〇四船団)佐世保〜船団から分離〜06.22高雄 18.--.--:船主:石原汽船株式會社に変更 18.06.25:第10次海軍指定船 18.10.12:(ヒ13船団)門司〜10.16高雄10.18〜10.21三亞10.24〜10.30昭南 18.11.03:(ヒ14船団)昭南〜      〜11.08 0505(N17.00-E116.17)「旭榮丸」被雷沈没〜      〜11.09 0539(N21.04-E118.26)魚雷五発を受けるがすべて不発、対潜戦闘:十二糎砲3発発射〜      〜11.10高雄11.11〜11.13大長塗山沖11.14〜11.16門司
18.12.07:徴傭
18.12.07:船長:海軍嘱託 稲葉 完吾(部内限奏任官待遇) 18.12.08:因島〜12.09部崎12.10〜12.10門司 18.12.11:(ヒ25船団)門司〜12.15高雄12.16〜12.22三宝島(昭南)12.24〜昭南 18.12.26:(ヒ26船団)昭南〜01.01高雄01.03〜01.07岩国
19.01.01:入籍:内令第16号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
19.01.01:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 19.01.10:岩国〜01.11門司 19.01.20:(ヒ37船団)門司〜01.29昭南 19.02.02:(ヒ38船団)昭南〜02.08高雄02.09〜02.13徳山 19.02.19:徳山〜02.21門司 19.02.21:(ヒ47船団)門司〜02.26高雄02.27〜03.05昭南 19.03.06:昭南〜03.07パレンバン03.09〜03.12昭南 19.03.01:戦時編制:聯合艦隊所属 19.03.16:昭南〜03.27パラオ
19.03.30:沈没 19.05.10:除籍:内令第654号 19.05.10:解傭
喪失場所:N07.20-E134.26 パラオ湾内 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型船

1TL型戦時標準船

兵装

 四十口径安式十二糎砲1門、七粍七単装機銃

写真資料

 「記録写真集 パラオ 海底の英霊たち」 並木書房 H19.03 田中正文(P.50-51,107-108)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る