旅順丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T15.04.20:進水、命名:旅順丸 --.--.--:竣工、船主:關東廳
09.--.--:船主:關東局に変更
18.10.03:機密佐世保鎮守府命令第367号:       佐世保海軍艦船部長は左に依り海軍省徴用船舶の授受を行うべし      (抜粋)        船名:旅順丸、船舶番号:關東州251、総噸数:122、       授受期日:授受主任をして通知せしむ、       記事:特設驅潜艇として艤装整備の上南方派遣の予定 18.10.08:借用発令 18.11.12:官房機密第5702号:借用及徴傭船を特設驅潜艇として艤装の件訓令       横須賀、呉及佐世保海軍工廠をして首題の件左記に依り施行せしむべし        記      1.船名        別紙の通        但し爾後変更の場合は海軍省兵備局長をして直接関係鎮守府参謀長宛通知せしむ      2.工事要領        特設驅潜艇としての任務に適する如く船体機関を整備するの外左の標準に依り兵器を装備する        ものとす        但し兵器準備著しく遅るるものは配属地の海軍工作部に委託することを得        尚詳細に関し要すれば海軍艦政本部長をして直接横須賀、呉及佐世保海軍工廠長に通牒せしむ       (イ)砲煩兵器          総噸数 五〇〇噸以上のもの           短五糎砲         1基( 20発)           九三式十三粍単装機銃六型 1基(300発)          同   一〇〇噸以上のもの           九三式十三粍単装機銃六型 1基(300発)          同   一〇〇噸未満のもの           九二式七粍七単装機銃   1基(700発)       (ロ)音響兵器          仮称軽便探信儀       差当り五隻に付一組の標準に依り          仮称簡易水中聴音機   } 適当なる船に装備するものとす        (ハ)爆雷兵器          九五式爆雷完備       12個 但し船型に応じ適宜増減することを得          投下軌道(三箇載)     2條       (二)光学兵器          八糎双眼望遠鏡       適当なる船30隻に各1組          七倍稜鏡双眼鏡       3個       (ホ)電気兵器          信号燈         } 所要数          照明燈      3.所要兵器        横須賀、呉及佐世保海軍軍需部在庫兵器を供給し其の船名、品名、数量等詳細を海軍艦政本部長に        通知するものとす      4.試験        重心試験並に適宜船体機関及装備兵器の作動確認試験を実施するの外砲一門に付一発機銃一挺に付        十発の発射試験を施行するものとす      5.完成期        入港後成るべく速に      6.費目       (省略)     (別紙抜粋)       整備担当佐世保       船名:旅順丸、噸数:一二三 18.12.25:佐世保にて授受
19.02.01:入籍:内令第282号:特設驅潜艇、横須賀鎮守府所管
19.02.01:内令第284号:第三十特別根據地隊所属 19.03.01:内令第392号:第三十根據地隊所属 19.04.25:爆雷1個補給      〜07.01ヤップ 19.07.01:軍隊区分:機密西カロリン方面防備部隊命令作第34号:ヤップ警備部隊附属 19.07.01:揚搭作業 19.07.05:ヤップ〜零戦搭乗員救助任務〜07.06ヤップ 19.07.14:46警機密第141520番電:フハエス行き見張員5名派遣、ウルシー水上基地員4名の撤収 19.07.15:ヤップ〜07.16フハエス07.16〜07.17ウルシー07.17〜07.18ヤップ 19.07.26:戦爆連合の艦上機及びB-24の攻撃により被爆、火災を生じ搭載中の爆雷誘爆
19.07.26:沈没 22.05.03:除籍:復二第327号 --.--.--:返却
喪失場所:ヤップ島 喪失原因:空爆

同型船

 なし

兵装

 九三式十三粍単装機銃1基、爆雷12個、爆雷投下軌道(3箇載)2条

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る