第三號厦門丸・公稱第1449號の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M17.12.04:進水、命名:Illaroo M18.01.03:竣工、船主:Bulli Coal Mining Company、船籍港:Sydney     :登録総噸数:515、登録純噸数:318
M23.--.--:船主:Wallarah Coal Company, Limitedに変更 T08.--.--:船主:J.G. Whiteに変更 T09.--.--:船主:G. Barreto、船籍港:Manila?に変更      改名:"Andres" T12.--.--:船主:Ty. Camco Sobrino、船籍港:Manilaに変更     :改名:"Visayas" 04.--.--:船主:Cebu Nav. Co.、船籍港:Cebu、      信号符字:KZEV、登録総噸数:516、登録純噸数:283に変更      改名:"Islas Visayas" 15.--.--:船主:La Naviera Filipina, Inc.に変更 16.--.--:船主:Wallem & Company、船籍港:Panama、信号符字:HPSXに変更 16.12.06:広州湾Fort Bayard〜 16.12.07:香港向け航行中、2300南朋島南西27kmにて「新勢丸」に停船させられる 16.12.08:0300頃 南朋島東南約10km付近にて「新勢丸」による臨検〜12.08南朋島 16.12.08:0540 南朋島派遣隊指揮官により抑留 16.12.10:特設砲艦東照丸」に引渡される〜12.13碣石湾 16.12.14:碣石湾〜12.16厦門
16.12.17:拿捕
抑留場所:南朋島 抑留原因:南朋島派遣隊指揮官海軍兵曹長鈴木猪三郎による臨検
17.01.20:機密佐世保鎮守府命令第33号:厦門より佐世保に回航方発令 17.02.18:厦門〜03.21相浦 17.04.10:海軍省軍務局機密第540番電:特設掃海艇「第三號厦門丸」、舞鶴鎮守府所管に予定 --.--.--:信号符字:JKVR 17.04.28:訓令:官房機密第5170号:特設掃海艇として艤装 17.04.30:機密舞鶴鎮守府命令第100号:舞鶴軍港回航後、舞鶴防備隊司令をして整備保管 17.05.09:佐一海団機密第32号の22:05.06佐世保軍港にて舞鶴鎮守府より派遣の同船回航指揮官に引渡し 17.05.13:無線兵装工事指示 17.05.--:佐世保〜05.14舞鶴 17.05.26:艤装工事打合せ及び研究の結果、特設掃海艇としては不適の為、改造工事見合せ
17.06.23:官房第3864号:大東亞戦争に於て捕獲せる船艇を雑役船に編入       命名:雑役船「公稱第一四四九號」       船種:曳船兼交通船(四百四十六瓲)       所属:舞鶴防備隊、定数別:臨時附属       記事:大東亞戦争戦利船「イスラス・ヴィサヤス」 17.08.15:佐世保捕獲審検所審検広告 17.09.10:軍隊区分:海面防備部隊 17.09.10:兵力区分:機密舞鶴海面防備部隊命令作第1号:第一部隊(6)一番船(1) 17.10.--:艇長:海軍予備中尉 前川 正次 17.10.03:爆雷兵装新設工事指示 17.11.10:舞鶴〜哨戒〜11.13舞鶴 17.12.04:舞鶴〜哨戒〜12.07舞鶴 17.12.25:舞鶴〜哨戒〜12.28舞鶴 18.01.03:舞鶴〜哨戒〜01.06舞鶴 18.01.14:佐世保捕獲審検所事件番号第三四九號判決(船体・搭載貨物)「捕獲」 18.01.15:舞鶴〜哨戒〜01.18舞鶴 18.01.27:舞鶴〜哨戒〜01.30舞鶴 18.02.05:舞鶴〜哨戒〜02.07舞鶴 18.02.17:舞鶴〜哨戒〜02.20舞鶴 18.02.23:舞鶴〜哨戒〜02.26舞鶴 18.03.10:舞鶴〜哨戒〜03.13舞鶴 18.03.16:舞鶴〜哨戒〜03.17驅逐艦「長波」水路嚮導〜03.19舞鶴 18.03.23:舞鶴〜第二回聯合教練準備〜03.23舞鶴 18.03.24:舞鶴〜第二回聯合教練〜03.24舞鶴 18.03.31:舞鶴〜哨戒〜04.03舞鶴 18.04.12:舞鶴〜哨戒〜04.15舞鶴 18.04.21:舞鶴〜哨戒〜05.03舞鶴 18.05.09:舞鶴〜哨戒〜05.12舞鶴 18.05.18:舞鶴〜哨戒〜05.21舞鶴 18.05.27:舞鶴〜哨戒〜05.30舞鶴 18.06.05:舞鶴〜哨戒〜06.08舞鶴 18.06.29:艇長:海軍中尉 前川 正次 18.07.22:舞鶴〜哨戒〜07.25舞鶴 18.07.24:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第53号:海面防備部隊 18.07.31:舞鶴〜哨戒〜08.03舞鶴 18.08.09:舞鶴〜哨戒〜08.12舞鶴 18.08.21:舞鶴〜哨戒〜08.24舞鶴 18.08.30:舞鶴〜哨戒〜09.02舞鶴 18.09.08:舞鶴〜哨戒〜09.11舞鶴
18.09.11:機密舞鶴鎮守府命令第132号:舞鶴海軍運輸部の輸送任務協力 18.09.11:鳥取市震災救難物件搭載 18.09.11:舞鶴〜鳥取〜09.14舞鶴 18.09.--:糧食品他559t搭載 18.09.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第57号:海面防備部隊 18.09.16:舞鶴〜09.17境 18.09.18:糧食品他559t揚陸 18.09.19:境〜09.20舞鶴 18.09.20:需品156t搭載 18.09.21:舞鶴〜09.22境 18.09.23:需品156t揚陸 18.09.23:境〜09.24舞鶴
18.10.06:舞鶴〜対潜掃蕩〜10.11舞鶴 18.10.16:機械修理(10.22まで) 18.10.24:舞鶴〜哨戒〜10.30境 18.11.01:艇長:海軍大尉 前川 正次(12.20まで) 18.11.01:境〜運輸部作業〜11.03舞鶴 18.11.04:セメント241t揚陸 18.11.12:舞鶴〜哨戒〜11.17舞鶴 18.11.20:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第66号:海面防備部隊 18.11.23:舞鶴〜哨戒〜11.26舞鶴 18.11.30:舞鶴〜訓練〜11.30舞鶴 18.12.07:舞鶴〜訓練〜12.08舞鶴 18.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第68号:海面防備部隊 18.12.09:舞鶴〜哨戒〜12.13舞鶴 18.12.14:機密舞鶴鎮守府命令第18号:運輸部に貸与
18.12.17:官房軍第1399号:       船種:曳船兼交通船(四百四十六瓲)       所属:舞鶴海軍運輸部、定数別:臨時附属 18.12.--:船体機関整備 --.--.--:船長:木原 正一 19.01.05:木材200t搭載 19.01.12:板材200t搭載 19.01.06:舞鶴〜伊根〜境〜01.12舞鶴 19.01.14:舞鶴〜境〜01.18舞鶴 19.02.01:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第77号:海面防備部隊 19.02.13:セメント250t搭載 19.02.18:舞鶴〜栗田〜02.19舞鶴 19.02.21:木材100t搭載(02.22まで) 19.02.24:舞鶴〜栗田〜03.01舞鶴 19.03.02:木材75t搭載 19.03.04:舞鶴〜栗田〜03.08舞鶴 19.03.10:セメント204t搭載 19.03.10:舞鶴〜伊根〜柴山〜境〜油谷湾〜宇部〜門司〜03.26大社 19.03.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第81号:補給部隊 19.04.04:境〜竹ノ子島〜宇部〜門司〜油谷湾〜04.12境 19.04.14:境〜門司〜彦島〜築港〜04.21舞鶴 19.04.28:粉炭260t揚陸 19.03.30:舞鶴〜栗田〜03.31舞鶴 19.04.02:舞鶴〜栗田〜04.04舞鶴 19.04.06:舞鶴〜栗田〜04.09舞鶴 19.04.11:舞鶴〜栗田〜04.12舞鶴 19.04.14:舞鶴〜伊根〜油谷湾〜西戸崎〜博多〜04.21舞鶴 19.04.23:境〜西戸崎〜博多港〜04.28舞鶴 19.05.05:舞鶴〜伊根〜境〜鷺港〜若松〜唐津湾 19.05.--:西戸崎〜博多〜下関〜伊根〜05.22舞鶴 19.05.22:石炭200t揚陸 19.05.23:石炭200t揚陸 19.06.03:重油12t搭載 19.06.03:舞鶴〜06.04境06.06〜06.12加布里06.12〜06.12西戸崎06.12〜06.14舞鶴 19.06.17:石炭94t揚陸 19.06.17:舞鶴〜06.19西戸崎06.21〜06.21相ノ島06.22〜06.23伊根06.24〜06.24舞鶴 19.06.25:粉炭揚陸 19.06.26:粉炭180t揚陸 19.06.26:舞鶴〜06.28門司06.30〜07.01境07.06〜07.06浜田07.06〜      〜07.07六連07.08〜07.08門司07.09〜07.10境07.13〜07.14門司07.16〜      〜07.16六連07.17〜07.17松原湾07.18〜07.18境07.22〜07.23六連07.24〜      〜07.24門司07.26〜07.26下関07.26〜07.27境08.02〜08.03六連08.03〜      〜08.03下関08.04〜08.04佐賀関08.05〜08.05津久見08.06〜08.07部崎08.07〜      〜08.08境08.11〜08.12六連08.15〜08.15門司08.16〜08.16下関08.16〜      〜08.16佐賀関08.17〜08.17津久見08.21〜08.22部崎08.22〜08.22下関08.23〜      〜08.24境08.29〜08.30下関09.01〜09.02境09.07〜09.07伊根09.08〜      〜09.08舞鶴 19.09.15:油類200t搭載 19.09.16:舞鶴〜09.17境09.18〜09.19下関09.21〜09.22境09.24〜      〜09.25竹ノ子島09.26〜09.26下関09.26〜09.26部崎09.27〜09.27下関09.27〜      〜09.28大社09.29〜09.29境10.02〜10.03涌田後地10.04〜10.04下関10.10〜      〜10.11境10.15〜10.16下関10.20〜10.21浜田10.22〜10.22境10.26〜      〜10.27舞鶴 19.10.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第100号:補給部隊 19.10.28:硅石100t搭載 19.10.28:舞鶴〜10.31六連10.31〜10.31若松10.31〜10.31八幡11.01〜11.01下関11.08〜      〜11.08門司11.10〜11.10彦島11.10〜11.12舞鶴 19.11.13:81t搭載 19.11.14:毛布他49t搭載 19.11.14:舞鶴〜11.15境11.16〜11.17下関11.18〜11.20舞鶴 19.11.21:セメント256t揚陸 19.11.22:飛行機材96t搭載 19.11.23:舞鶴〜11.24境11.25〜11.26浜田11.26〜11.28若松11.30〜11.30下関 19.12.07:セメント250t揚陸(門司積) 19.12.08:油他20t搭載 19.12.10:船長:海軍嘱託 ?(部内限り判任官待遇) 19.12.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第104号:補給部隊 19.12.--:舞鶴〜境〜三渉〜舞鶴 20.01.11:セメント250t揚陸 20.02.10:粉炭20t搭載 20.02.--:舞鶴〜境〜舞鶴 20.03.01:セメント200t揚陸 20.03.02:松根釜他4t搭載 20.03.04:舞鶴〜03.04伊根03.05〜03.05美保03.06〜03.06境03.09〜03.09七類浦03.10〜      〜03.10加賀浦03.12〜03.12若松03.19〜03.19田浦03.23〜03.23津久見03.26〜03.26舞鶴 20.03.28:セメント210t揚陸 20.03.29:セメント220t揚陸 20.04.01:船長:瀬野 喜四郎(部内限り奏任官待遇) 20.04.19:手押喞筒3t搭載 20.04.--:舞鶴〜敦賀〜舞鶴 20.04.20:練炭140t搭載 20.04.21:練炭60t揚陸 20.04.--:舞鶴〜境
20.08.15:残存
24.09.06:電気通信省告示第112号(24.12.17):船舶託送発受所廃止       位置:飯野海運属 第三厦門丸、       呼出符号:JMBY、定繋港:東京

同型船

 なし。

兵装

 要調査。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(3071)

前の船へ ← 機動船艇 → 次の船へ

前の船へ ← 曳船兼交通船 → 次の船へ

Homeへ戻る