塵芥船

塵芥船について

いわゆる「ごみ船」で明治期には下表の他にも多数建造されましたが大正2年12月2日附雑役船種類、所属及定数(内令第188号)で一旦消滅し、傳馬船や運貨船に統合されました。昭和13年12月31日附雑役船船種及び所属定数(内令第1182号)で復活しますが大東亞戦争中に在籍したと思われるのは運貨船(ダルマ型)(100瓲積)を船種変更した公稱第1574號のみです。
なお、他の船種の中には公稱第3204號運貨船(塵芥船)があります。また、屎尿運搬用として公稱第6003號第6004號内火傳馬船や民間船を購入した公稱第7234號第7236號運貨船があります。

塵芥船の諸元

公稱第1574號(新造時)、長:48呎、幅:15呎、深さ:7.1呎、積載量:73瓲。

塵芥船の船歴

下の各船の画像をクリックして下さい。

公稱第1574號

(公稱第1811號)

(公稱第1817號)

(公稱第1818號)

 

写真出典:

  1. なし

 

*****