佐世保鎮守府部隊

概要

 【任務】
佐世保鎮守府担任区域内の防備を厳にし、海上交通を保護し、又附近敵艦船及航空機の撃滅に任ずると共に 聯合艦隊並に支那方面艦隊の作戦に協力するのを任務とした。

【兵力】
 16.12.05:機密佐世保鎮守府命令作第5号:(艦船のみ抜粋、以下同じ)
      直率部隊
        艦船        能登呂佐多
                  呂號第三十一潜水艦
        特設運送船     廣コ丸
                  那智山丸萬光丸辰和丸興西丸幸成丸八海丸東洋丸、
                  北安丸桐川丸昭慶丸山西丸菊川丸日吉丸たるしま丸、
                  ~陽丸松江丸
                  第一雲海丸
        徴傭船       第十八御影丸
      警備部隊
        特設巡洋艦     浮島丸
        特設砲艦      華山丸唐山丸北京丸
      海面防備部隊
        敷設艇       似島平島
        電纜敷設艇     大立
        曳船        第三號曳船第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸第六昭和丸目斗丸天山丸第十六長運丸烏來丸龍井丸、
                  大安丸三峡丸竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸熊野丸黄河丸
        特設監視艇乙    第五大成丸高城丸山彌丸
        第四十二掃海隊   關丸第七利丸第六濟洲丸第七濟洲丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸姫島丸寳永丸第八長運丸ちとせ丸新浦丸
        特設砲艦      冨津丸新京丸第五信洋丸第二日正丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸第三南薩丸
        特設監視艇乙    第五千秋丸大斗丸大紀丸第六朝洋丸北洋丸第十三長運丸、
                  長久丸第三號昭和丸喜洋丸
      港内警戒部隊
        船艇
      大島防備部隊
        特設驅潜艇     第三號報國丸陵水丸曾文丸第二號明治丸王田丸瑞穂丸      
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      河北丸第二號桂丸
        第四十一掃海隊   第一京丸第三京丸麗水丸高雄丸

 17.01.15:機密佐世保鎮守府命令作第13号:
       直率部隊の項中佐多を削る(1月10日附)
       直率部隊、特設運送船の項中那智山丸を削り第十一特別工作部の項を左の通改む(1月10日附)
        特設艦船      那智山丸
       大島防備部隊の項中第四十一掃海隊を削る(1月10日附)

 17.01.15:機密佐世保鎮守府命令作第14号:
      直率部隊
        艦船        能登呂
                  呂號第三十一潜水艦
        特設運送船     廣コ丸
                  萬光丸、辰和丸、興西丸、幸成丸、八海丸、東洋丸、
                  北安丸、桐川丸、昭慶丸、山西丸、菊川丸、日吉丸、たるしま丸、
                  ~陽丸、松江丸、第二號興東丸第二號東亞丸
        徴傭船       第十八御影丸
        特設艦船      那智山丸
      海面防備部隊
       警備部隊
        特設巡洋艦     浮島丸
        特設砲艦      河北丸、冨津丸、華山丸、唐山丸
       佐世保附近防備部隊
        敷設艇       似島、平島、燕、鷗
        電纜敷設艇     大立
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、目斗丸、第二號天山丸、第十六長運丸、烏來丸、
                  龍井丸、大安丸、三峡丸、竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸、熊野丸、黄河丸
        特設監視艇乙    第五大成丸、山彌丸、第二號日出丸
        特設砲艦      第五信洋丸、北京丸、第二日正丸
        第四十二掃海隊   第六濟洲丸、第七濟洲丸、關丸、第七利丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸、姫島丸、第八長運丸、寳永丸、ちとせ丸、新浦丸
       大島附近防備部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸、王田丸、瑞穂丸、第二號明治丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      新京丸、第二號桂丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    第二日東丸、大斗丸、大紀丸、第六朝洋丸、北洋丸、第十三長運丸、喜洋丸、
                  第三號昭和丸、有幸丸
      港内警戒部隊
        船艇
      記事:第四十一掃海隊は作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮を承く

 17.02.05:機密佐世保鎮守府命令作第16号:
      1.直率部隊の項徴傭船の欄を削除す(1月25日附)
      2.別紙第一を別紙の通改む
      直率部隊
        艦船        能登呂
                  呂號第三十一潜水艦
        特設運送船     廣コ丸、萬光丸、辰和丸、興西丸、幸成丸、八海丸、東洋丸、北安丸、
                  桐川丸、昭慶丸、山西丸、菊川丸、日吉丸、たるしま丸、~陽丸、松江丸、
                  第二號興東丸、第二號東亞丸
        特設艦船      那智山丸
      海面防備部隊
       警備部隊
        特設巡洋艦     浮島丸
        特設砲艦      河北丸、冨津丸、華山丸、唐山丸
       佐世保附近防備部隊
        敷設艇       似島、平島
        電纜敷設艇     大立
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、第二號天山丸、目斗丸、第十六長運丸、鳥來丸、
                  龍井丸、大安丸、三峡丸、竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸、熊野丸、黄河丸
        特設監視艇乙    第五大成丸、山彌丸、第二號日出丸
        特設砲艦      第五信洋丸、北京丸、第二日正丸
        第四十二掃海隊   第六濟洲丸、第七濟洲丸、關丸、第七利丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸、姫島丸、第八長運丸、寳永丸、ちとせ丸、新浦丸
       大島附近防備部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸、王田丸、瑞穂丸、第二號明治丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      新京丸、第二號桂丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    大斗丸、大紀丸、第六朝洋丸、北洋丸、第十三長運丸、喜洋丸、
                  第三號昭和丸、有幸丸
      港内警戒部隊
        船艇
      記事:
       2.第四十一掃海隊及燕、鷗は作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮を承く

 17.03.01:機密佐世保鎮守府命令作第17号:
       記事2中「第四十一掃海隊及」を削除す(2月25日附)
       陸上防備部隊の項から第六朝洋丸、喜洋丸、大紀丸及第三號昭和丸を削り第五大成丸を加う
       佐世保附近防備部隊から第五大成丸を削る(2月25日附)
       佐世保附近防備部隊から第五信洋丸及直率部隊から呂號第三十一潜水艦を削る

 17.04.01:機密佐世保鎮守府命令作第21号:
       佐世保附近防備部隊に鷹島を加う(3月25日)

 17.04.10:機密佐世保鎮守府命令作第22号:
      直率部隊
        艦船        能登呂
        特設運送船     萬光丸、辰和丸、幸成丸、北安丸、昭慶丸、~陽丸、第二號興東丸、
                  第二號東亞丸、しろがね丸、とよさか丸
        特設艦船      那智山丸
      海面防備部隊
       掃蕩部隊       冨津丸、河北丸、峯風
        敷設艇       平島、鷹島、燕、鷗、似島
        哨戒艇       第三十六號哨戒艇
       佐世保附近防備部隊
        電纜敷設艇     大立
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、目斗丸、第二號天山丸、第十六長運丸、鳥來丸、
                  龍井丸、大安丸、三峡丸、竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸、熊野丸、黄河丸
        特設監視艇乙    山彌丸、第二號日出丸
        第四十二掃海隊   第六濟洲丸、第七濟洲丸、關丸、第七利丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸、姫島丸、第八長運丸、寳永丸、ちとせ丸、新浦丸
        特設砲艦      第二日正丸
       大島附近防備部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      新京丸、第二號桂丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    大斗丸、北洋丸、第十三長運丸、有幸丸、第五大成丸
      港内警戒部隊
        船艇

 17.05.15:機密佐世保鎮守府命令作第26号:
      記事欄に「6.野島は警備に関し第二遣支艦隊司令長官の指揮を承く」を追加す(2月14日附)

 17.05.31:機密佐世保鎮守府命令作第27号:
       海面防備部隊の項、掃蕩部隊の欄、峯風の下に第一掃海隊を加う(5月20日附)

 17.07.01:機密佐世保鎮守府命令作第28号:
       海面防備部隊佐世保附近防備部隊電纜敷設艇の項の次に
        掃海特務艇     第五號掃海特務艇を加う(6月30日附) 

 17.07.12:機密佐世保鎮守府命令作第29号:
       記事欄に
       「海威は佐世保防備隊に附属し特設驅潜艇に準ず」を追加す(6月26日附)

 17.09.10:機密佐世保鎮守府命令作第31号:
       記事欄に次を加う
       「第一掃海隊は作戦に関し大阪警備府司令長官の指揮を承く」(7月15日附)
       「第三十六號哨戒艇は作戦に関し第八艦隊司令長官の指揮を承く」(8月5日附)

 17.09.30:機密佐世保鎮守府命令作第32号:
       佐世保附近防備部隊の項中第四十二掃海隊を削除し第四十三掃海隊に關丸、第七利丸を加う
       (9月25日附)
       記事欄に次を加う
       「峯風は作戦に関し第四艦隊司令長官の指揮を承く」(9月12日附)

 17.11.01:機密佐世保鎮守府命令作第33号(11.10附):
      直率部隊
        艦船        能登呂
        特設運送船     萬光丸、辰和丸、幸成丸、北安丸、昭慶丸、第二號興東丸、
                  しろがね丸、とよさか丸
      海面防備部隊
       掃蕩部隊       冨津丸、河北丸、峯風、第一掃海隊
       佐世保附近防備部隊
        敷設艇       平島、鷹島、燕、鷗、似島
        哨戒艇       第三十六號哨戒艇  
        電纜敷設艇     大立
               掃海特務艇          第五號掃海特務艇、第六號掃海特務艇
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、目斗丸、第二號天山丸、第十六長運丸、鳥來丸、
                  龍井丸、大安丸、三峡丸、竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸、熊野丸、黄河丸
        特設監視艇乙    山彌丸、第二號日出丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸、姫島丸、第八長運丸、寳永丸、ちとせ丸、新浦丸、關丸、第七利丸
        特設砲艦      第二日正丸
       大島附近防備部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      新京丸、第二號桂丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    大斗丸、北洋丸、第十三長運丸、有幸丸、第五大成丸
      特殊漁船隊       特殊漁船35隻
      港内警戒部隊
        船艇
      記事
      6.野島は警備に関し第二遣支艦隊司令長官の指揮を承く
      7.海威は佐世保防備隊に附属し特設驅潜艇に準ず
      8.第三十六號哨戒艇は作戦に関し第八艦隊司令長官の指揮を承く
      11.特殊漁船隊は概ね別図第一の哨区にありて漁撈に従事しつつ対潜、対空警戒に任ず

 17.12.06:機密佐世保鎮守府命令作第34号:
      直率部隊
        艦船        能登呂、千歳
        特設運送船     萬光丸、辰和丸、幸成丸、北安丸、昭慶丸、第二號興東丸、
                  しろがね丸、とよさか丸
      海面防備部隊
       掃蕩部隊       冨津丸、峯風、第一掃海隊
        敷設艇       平島、鷹島
        特設驅潜艇(準)  海威
       佐世保附近防備部隊
        敷設艇       燕、鷗、似島
        電纜敷設艇     大立
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、目斗丸、第二號天山丸、第十六長運丸、鳥來丸、
                  龍井丸、大安丸、三峡丸、竹東丸
        特設敷設艇     金城丸
        特設捕獲網艇    第二新東丸、熊野丸、黄河丸
        特設監視艇乙    山彌丸、第二號日出丸
        第四十三掃海隊   第七博多丸、姫島丸、第八長運丸、寳永丸、ちとせ丸、新浦丸、關丸、第七利丸
        特設砲艦      第二日正丸
       大島附近防備部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
        特設砲艦      新京丸、第二號桂丸
      陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    大斗丸、北洋丸、第十三長運丸、有幸丸、第五大成丸
      特殊漁船隊       特殊漁船35隻
      港内警戒部隊
        船艇
      記事
      5.河北丸は海軍省配属補給部隊に準じ輸送任務に従事す
      6.第三十六號哨戒艇は作戦に関し第八艦隊司令長官の指揮を承く
      7.野島は警備に関し第二遣支艦隊司令長官の指揮を承く
      11.特殊漁船隊は概ね甲乙哨区にありて漁撈に従事しつつ対潜、対空警戒に任ず(別図)

 17.12.20:機密佐世保鎮守府命令作第35号:
       海面防備部隊掃蕩部隊に第三十八號驅潜艇を加う(12月10日附)
       記事中第7号を削除し以下順次繰上ぐ(12月15日附)
       燕、鷗を佐世保附近防備部隊から削り掃蕩部隊に加う

 18.01.05:機密佐世保鎮守府命令作第36号:
       第二號桂丸を削る
       北安丸を削り、記事欄第5項中河北丸を北安丸に改む(以上1月1日附)
       金城丸を削る

 18.02.10:機密佐世保鎮守府命令作第39号:
       海面防備部隊佐世保附近防備部隊に第三十六號哨戒艇を加う
       記事欄中第6号を削除し以下順次繰上ぐ(以上1月18日附)
       直率部隊から千歳を削除(以上2月1日附)
       海面防備部隊佐世保附近防備部隊から第三十六號哨戒艇を削除
       記事欄中第6号を第7号とし以下順次繰下げ第5号の次に左を加う
       6.第三十六號哨戒艇は作戦に関し第八艦隊司令長官の指揮を承け、第三十六號哨戒艇及第三十九號
         哨戒艇は修理に従事す(以上2月6日附)
       記事欄中第6号を左の通改め第11号を削除す
       6.第三十六號哨戒艇及第三十九號哨戒艇は作戦に関し南西方面艦隊司令長官の指揮を、第三十八號
         哨戒艇は第八艦隊司令長官の指揮を承く(2月15日附)

 18.05.15:機密佐世保鎮守府命令作第42号:
      直率部隊
        艦船        能登呂
        特設運送船     幸成丸、昭慶丸、第二號興東丸、しろがね丸、とよさか丸
                  萬光丸、辰和丸
      海面防備部隊
       護衛本隊       峯風、第三十八號哨戒艇、海威、平島、鷹島、燕、鷗、大立、
                  黄河丸、第二新東丸、熊野丸
       補給部隊       冨津丸、第二日正丸
       佐世保部隊
        敷設艇       似島
        驅潜特務艇     第五號驅潜特務艇第十二號驅潜特務艇第十三號驅潜特務艇、
                  第二十五號驅潜特務艇
        曳船        第三號曳船、第四號曳船
        特設驅潜艇       長門丸、第六昭和丸、大安丸、三峡丸、天山丸、第十六長運丸、鳥來丸、
                  竹東丸
        特設掃海艇     第八長運丸、新浦丸
        特設監視艇乙    山彌丸、第二號日出丸
       山川部隊
        第四十三掃海隊   第七利丸、姫島丸、第七博多丸、ちとせ丸(第八長運丸、新浦丸、關丸、
                  寳永丸欠)
       大島部隊
        特設驅潜艇     陵水丸、曾文丸、第三號報國丸     
        特設捕獲網艇    柏丸
        特設防潜網艇    縣丸
       沖縄部隊
        特設驅潜艇       龍井丸、第二號天山丸、目斗丸
        特設掃海艇     關丸、寳永丸
      佐世保陸上防備部隊
        特設監視艇甲    第一號海洋丸、第三南薩丸
        特設監視艇乙    大斗丸、北洋丸、第十三長運丸、有幸丸、第五大成丸
      港内警戒部隊
        船艇
      特殊漁船隊       特殊漁船
      記事
      9.北安丸は海軍省配属補給部隊に準じ輸送任務に従事す
      10.特殊漁船隊は概ね甲乙哨区にありて漁撈に従事しつつ対潜、対空警戒に任ず(別図)
        哨戒艇       第三十六號哨戒艇
      11. 択捉を佐世保鎮守府部隊に編入す(6月1日附第一海上護衛隊に編入の予定)

 18.06.01:機密佐世保鎮守府命令作第43号:
       佐世保部隊に第三十三號驅潜特務艇を加へ(5月21日附)
       第五號驅潜特務艇、第十二號驅潜特務艇、第十三號驅潜特務艇を削る(5月30日附)

 18.06.20:機密佐世保鎮守府命令作第44号:
       佐世保部隊の項特設驅潜艇の欄「長門丸、第六昭和丸、大安丸、三峡丸、天山丸、第十六長運丸、
       鳥來丸、竹東丸」を「七隻」に改め驅潜特務艇の欄を削る
       大島部隊の項「龍井丸、第二號天山丸、目斗丸」を「三隻」に改む

佐世保鎮守府電令作

 17.01.05:佐世保鎮守府電令作第1号:佐鎮機密第680番電:
      1.佐世保海軍航空隊司令は左に依り飛行機二機を奄美大島に派遣し同方面の警戒並に防空砲台教練
        射撃に関し大島根據地隊に協力せしむべし
       (イ)期間
          1月12日(成るべく早朝発)より三日間
          但し天候其の他の情況に依り延期することを得
       (ロ)実施要領
             実施隊間にて協議するものとす
      2.大島根據地隊司令官は右飛行機隊の大島方面に於ける保安警戒給養等に関し便宜を供与すべし

 17.01.25:佐世保鎮守府電令作第2号:佐鎮機密第839番電:
      1.カネンテ埼防備衛所より昨夜半敵潜水艦音を確実に聴知せりとの情報あり
      2.航空部隊指揮官は速に水偵二機を大島航空基地に移動し大島附近防備部隊と協力右潜水艦の
        捜索撃滅に任ぜしむべし

 17.01.25:佐世保鎮守府電令作第3号:佐鎮機密第842番電:
       電令作第2号に依り大島航空基地に移動の飛行機隊は明26日午前大島海峡附近索敵の上敵情を得ざれば
       便宜復帰せしむべし

 17.02.04:佐世保鎮守府電令作第4号:佐鎮機密第906番電:
       第十一特別工作部は準備出来次第香港に進出支那方面に於ける沈船引揚作業に従事すべし
       同方面にある場合の作業実施に関しては支那方面艦隊司令長官の区処を承くべし

 17.02.05:佐世保鎮守府電令作第5号:佐鎮機密第907番電:
      1.佐世保海軍航空隊司令は左に依り飛行機二機を奄美大島に派遣し同方面の警戒並に防空砲台教練射撃
        に関し大島防備隊に協力せしむべし
       (イ)期間 2月19日より3日間
          但し天候其の他の情況に依り延期することを得
       (ロ)実施要領
          実施隊間にて協議するものとす
      2.大島防備隊司令は右飛行機隊の大島方面に於ける保安警戒給養に関し便宜を供与すべし

 17.02.06:佐世保鎮守府電令作第6号:佐鎮機密第915番電:
      1.航空部隊指揮官は2月12日中に飛行機二機を奄美大島に派遣し大島附近防備部隊指揮官と協力
        13、14日同方面の索敵哨戒に任ぜしむべし
      2.右飛行機隊は特令なき限り14日午後以後適宜原隊に復帰するものとす

 17.02.10:佐世保鎮守府電令作第7号:佐鎮機密第952番電:
      1.第十一特別工作部長は在西貢船舶輸送司令部と協議の上部下の一部をして那智山丸に乗船せしめ
        官房機密第261番電救難作業に従事せしむべし
      2.右那智山丸派遣中工作部は現地指揮官と協議の上便宜陸上に移るものとす

 17.03.31:佐世保鎮守府電令作第8号:佐鎮機密第440番電:
       佐世保防備戦隊司令官は部下の一艦をして馬警電令作第30号に依る陸軍輸送船団を奄美大島附近にて
       引継ぎ壹岐水道附近迄直接護衛せしむべし

 17.04.16:佐世保鎮守府電令作第9号:佐鎮機密第576番電:
       第十一特別工作部長は作戦地に於ける沈船引揚並に救難作業に従事すべし
       右実施に関しては支那方面に在りては支那方面艦隊司令長官其の他の方面に在りては聯合艦隊司令長官
       の区処を承くべし 15日

 17.05.12:佐世保鎮守府電令作第10号:佐鎮機密第729番電:
       機密佐世保鎮守府命令第205号第七作業の飛行機協力に関し左の通定む
      1.佐世保海軍航空隊司令は飛行機二機を5月22日(天候其の他の情況に依り延期することを得)奄美
        大島に派遣し同方面の警戒並に高射砲台教練射撃に関し大島防備隊に協力せしむるものとす
        実施要領は実施隊間にて協議すべし
      2.大島防備隊司令は右飛行機隊の大島方面に於ける保安警戒給養等に関し便宜を供与するものとす

 17.12.21:佐世保鎮守府電令作第11号:佐鎮機密第211720番電:
       佐世保防備戦隊司令官は新京丸をして大海指第178号に依る輸送に関し聯合艦隊司令長官の指揮を受け
       しむべし

 19.06.12:佐世保鎮守府電令作第24号:佐鎮機密第120954番電:
       怒和島及濟州は作戦に関し第四海上護衛司令官の指揮を承くべし

 19.08.07:佐世保鎮守府電令作第43号:佐鎮機密第071353番電:
       長良は佐世保帰着時を以て同艦の南西諸島方面の作戦輸送任務を解く

 19.08.07:佐世保鎮守府電令作第44号:佐鎮機密第071344番電:
      1.長良鹿児島より佐世保帰投の途次一二四一牛深(天草)の西一〇粁に於て敵潜の雷撃を受け
        沈没す
      2.佐空、四五三空及佐防各司令は夫々飛行機艦艇の全力を挙げて右敵潜を攻撃撃滅すべし

 19.10.15:佐世保鎮守府電令作第117号:佐鎮機密第151857番電:
       新井埼に対する第四海上護衛隊司令官作戦指揮を解く

20.03.26:佐世保鎮守府信電令作第74号:機密第261424番電:       第九五一空司令官は護衛の為、欅、楢を佐世保に回航待機せしむべし 20.03.26:佐世保鎮守府電令作第76号:機密第270927番電:       欅、楢に対する本職の指揮を解く 20.04.10:佐世保鎮守府電令作第97号:機密第101206番電:      1.4月10日附左に依り對馬海峡方面部隊を編成す       (イ)指揮官 第七艦隊長官       (ロ)兵力  第七艦隊(第十八戦隊欠)及び對馬海峡方面に於て防衛並に海上交通保護に              任ずる鎮警兵力(鎮海警備府長官所定)       (ハ)任務  對馬海峡方面は聯合艦隊電令作第617号第二項?????定の佐鎮担任区域)              の防衛並に海上交通保護      2.鎮海警備府長官は對馬海峡方面の防衛並に海上交通保護に関し對馬海峡方面部隊指揮官に        協力すべし

佐世保鎮守府電令

 17.02.06:佐世保鎮守府電令第1号:佐鎮機密第913番電:
       佐世保海軍航空隊司令は陸上輸送機を以て左に依り目下佐伯に於て編制中の航空部隊隊員出水、高雄間
       空中輸送に協力すべし
      1.2月10日一機特派(天候其の他の情況に依り関係指揮官と協議の上日程を変更する事を得)
      2.右の外別令外線部隊充当飛行機空輸に際し輸送機使用の場合は適宜之に便乗せしむ

佐世保鎮守府信電令作

 16.12.05:佐世保鎮守府信電令作第4号:
       佐世保防備戦隊司令官は九二式機雷発火管制を実施すべし

 16.12.08:佐世保鎮守府信電令作第5号:
      1.帝国は12月8日米国、英国及蘭国に対し開戦せり
      2.各級指揮官並に各部の長は各所定に依り機密佐鎮命令作第5号に依る武力を行使すべし
      3.各部は特に敵航空機及潜水艦に対し警戒を厳にすべし

 16.12.06:佐世保鎮守府信電令作第7号:
       佐世保防備戦隊司令官は7日1300以後出動防備戦隊防備計画調書所定の警戒配備に就かしむべし

 16.12.07:佐世保鎮守府信電令作第9号:
       0900第三通信配備常時連絡となせ

 16.12.09:佐世保鎮守府信電令作第11号:
       佐世保防備戦隊司令官は準備出来次第本府防備計画書所定の佐世保及長崎港外に於ける普通機雷を
       敷設すべし

 16.12.30:佐世保鎮守府信電令作第22号:佐鎮機密第300450番電:
      1.防備戦隊司令官は速に馬渡島北方に発見せる敵潜水艦の掃蕩制圧に任ずべし
      2.佐世保航空隊司令は30日天明以後航空機を以て同敵潜水艦の捜索攻撃を実施すべし

 17.01.01:佐世保鎮守府信電令作第23号:佐鎮機密第646番電:
       信電令作第22号に依る対潜掃蕩を止め固有任務に就け

 17.01.24:佐世保鎮守府信電令作第24号:佐鎮機密第785番電:
      1.佐世保海軍航空隊司令は大海指第40号、聯合艦隊電令作第43号及第九戦隊機密第35番電に依る
        陸軍輸送船団の護衛に協力すべし
      2.前路飛行哨戒区域を概ね佐世保より400浬圏内とす

 17.02.01:佐世保鎮守府信電令作第25号:
       爾今当分の間出水分遣隊飛行機隊(大村進出機三機及出水所在機三機以上)の待機を第二待機とす

 17.02.05:佐世保鎮守府信電令作第26号:佐鎮機密第908番電:
       佐世保防備戦隊司令官は燕、鷗をして作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮下を承けしむべし

 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第27号:佐鎮機密第975番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は左に依り陸軍輸送船の直接護衛を実施せしむべし
       (イ)第一船団(六隻、速力14節)、護衛艦:平島、刈萱
          第二船団(七隻、速力10節)、護衛艦:河北丸、冨津丸
       (ロ)護衛艦指揮官 佐世保防備戦隊司令
       (ハ)集合点    六連島北北西海面
       (ニ)出発日    第一船団 16日
                 第二船団 17日
       (ホ)護衛区域   六連より馬公迄
       (ヘ)航路     馬公へ直航
       (ト)其の他    指揮官所定
      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第28号:佐鎮機密第976番電:
      1.昨13日2310我商船一隻大瀬埼の142度34浬にて雷撃(命中せず)せられたりとの情報あり
      2.各部隊は敵潜水艦に対し特に見張警戒を厳にすべし
      3.航空部隊指揮官は本早朝全力を挙げて之が索敵攻撃に任ずべし

 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第29号:佐鎮機密第990番電:
       佐世保鎮守府信電令作第27号中第1項(ニ)出発日16日及17日とあるを夫々17日及18日に改む

 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第30号:佐鎮機密第2番電:
       野島は警備に関し第二遣支艦隊司令長官の指揮を承くべし

 17.02.16:佐世保鎮守府信電令作第31号:佐鎮機密第12番電:
       佐世保鎮守府信電令作第27号中第一船団護衛艦刈萱を第一、第二船団護衛艦第三十二驅逐隊に改む

 17.02.16:佐世保鎮守府信電令作第32号:佐鎮機密第13番電:
        佐世保防備戦隊司令官は浮島丸、華山丸、唐山丸、第五信洋丸、北京丸を以て別に指示する所に依り
       東海の対潜掃蕩を実施すべし
       本掃蕩には第五十六師団直接護衛隊及佐世保海軍航空隊と連繋を密にすべし

 17.02.18:佐世保鎮守府信電令作第33号:佐鎮機密第32番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は女島の268度65浬の敵潜水艦を掃蕩撃滅すべし
      2.佐世保海軍航空隊司令は全力を挙げて右に協力攻撃すべし
      3.第一船団は予定通続航、第二船団は唐津に避泊し、
        芙蓉は速に進出防戦司令官の指揮を受け敵潜水艦攻撃に任ずべし

 17.02.18:佐世保鎮守府信電令作第34号:佐鎮機密第36番電:
        佐世保防備戦隊司令官は第四十二掃海隊(第六濟洲丸、第七濟洲丸欠)をして唐津に於ける
       第二輸送船団の警戒に任ぜしむべし

 17.02.19:佐世保鎮守府信電令作第35号:佐鎮機密第47番電:
       20日0000以後芙蓉に対する佐世保防備戦隊司令官の指揮を解く
       芙蓉は20日1700頃野母埼の西25浬附近に於て第二船団に合同爾後護衛任務に就くべし

 17.02.20:佐世保鎮守府信電令作第36号:佐鎮機密第69番電:
       佐世保鎮守府信電令作第33号に依る対潜掃蕩任務を解く

 17.02.21:佐世保鎮守府信電令作第37号:佐鎮機密第75番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は東経126度24分北緯32度26分に於て昭久丸を雷撃せる敵潜水艦を掃蕩撃滅すべし
      2.佐世保海軍航空隊司令は右に協力し索敵攻撃すべし

 17.02.24:佐世保鎮守府信電令作第38号:佐鎮機密第113番電:
       佐世保鎮守府信電令作第27号に依る護衛任務を解く

 17.02.25:佐世保鎮守府信電令作第39号:佐鎮機密第120番電:
       佐世保鎮守府信電令作第37号に依る対潜掃蕩任務を解く

 17.03.04:佐世保鎮守府信電令作第40号:佐鎮機密第195番電:
       南鳥島附近に敵航空機現はれたるものの如し敵の航空機に対し警戒を厳にすべし

 17.03.06:佐世保鎮守府信電令作第41号:佐鎮機密第216番電:
       左に依り陸軍輸送船団(八隻にて飛行集団及自動車大隊等約四五〇〇名乗船)の護衛を実施すべし
      1.直接護衛
       (イ)護衛艦     浮島丸、平島、北京丸
       (ロ)護衛指揮官   浮島丸艦長
       (ハ)輸送船     jC丸、摩耶丸、盛祥丸、高知丸、臺海丸、第一吉田丸、隆山丸、帝海丸
                  速力九節
       (ニ)集合      3月11日夕刻 六連島北北西海面
       (ホ)出発日時    12日0900
       (ヘ)馬公入港日時  16日夕刻の予定
       (ト)護衛区域及航路 六連島より馬公迄直航
       (チ)其の他指揮官所定
      2.佐世保防備戦隊艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.03.11:佐世保鎮守府信電令作第42号:佐鎮機密第256番電:
       11日早朝敵潜水艦を女島の238度100浬に一隻発見せり各部隊は左に依り之を撃滅すべし
      1.佐世保防備戦隊司令官は大型艦艇全部を以て男女群島西方海面を掃蕩す
      2.佐世保海軍航空隊司令は全力を挙げて右に協力攻撃に任ず
      3.大村、博多海軍航空隊は司令所定に依り適宜協力すべし

 17.03.11:佐世保鎮守府信電令作第43号:佐鎮機密第268番電:
       佐世保海軍航空隊司令は戦闘機隊を作戦に関し一時横須賀鎮守府司令長官の指揮を承けしむべし

 17.03.12:佐世保鎮守府信電令作第44号:佐鎮機密第276番電:
      1.敵機動部隊らしき呼出符号10日1830北緯28度東経164度に出現せりとの情報あり
      2.各部隊は敵航空機に対し警戒を厳にすべし

 17.03.12:佐世保鎮守府信電令作第45号:佐鎮機密第281番電:
       峯風はなるべく速に大瀬埼南西方海面に進出し対潜掃蕩に関し佐世保防備戦隊司令官の指揮を承くべし

 17.03.13:佐世保鎮守府信電令作第46号:佐鎮機密第286番電:
       左に依り陸軍輸送船団四隻(昭南島行第十八師団補充員及比島行独立守備隊計五〇〇名乗船)の護衛を
       実施すべし
      1.直接護衛
       (イ)護衛艦     河北丸、峯風
       (ロ)護衛指揮官   河北丸砲艦長
       (ハ)輸送船     夕映丸、もんとりゐる丸、サマラン丸
                  速力九節
       (ニ)集合      3月16日夕刻 博多湾
       (ホ)出発日時    17日1500
       (ヘ)護衛区域及航路 博多より馬公迄第一航路直航、第二航路南西諸島寄り
       (ト)馬公入港日時  第一航路21日夕刻、第二航路22日朝
       (チ)其の他指揮官所定
      2.佐世保防備戦隊艦艇は概ね現警戒掃蕩配備にて前路掃蕩及間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.03.17:佐世保鎮守府信電令作第47号:佐鎮機密第324番電:
       佐世保鎮守府信電令作第44号に依る敵機動部隊に対する警戒を解く

 17.03.18:佐世保鎮守府信電令作第48号:佐鎮機密第326番電:
       各部隊は18日日没以後佐世保鎮守府信電令作第42号に依る対潜掃蕩を止め各固有任務に就け

 17.03.18:佐世保鎮守府信電令作第49号:佐鎮機密第336番電:
      1.佐世保海軍航空隊戦闘機隊に対する横須賀鎮守府司令長官の作戦に関する指揮を解かる
      2.司令は右飛行機隊を速に原隊に復帰せしむべし

 17.03.26:佐世保鎮守府信電令作第51号:佐鎮機密第385番電:
       26日0205東経127度18分北緯32度35分に敵潜水艦を発見せり
       各部隊は左に依り之を掃蕩撃滅すべし
      1.佐世保防備戦隊司令官は大型艦艇全部を以て附近海面を掃蕩す
      2.佐世保海軍航空隊司令は右に協力索敵攻撃に任ず
      3.大村海軍航空隊、博多海軍航空隊は司令所定に依り適宜協力す

 17.03.26:佐世保鎮守府信電令作第52号:佐鎮機密第390番電:
      1.陸軍輸送船団(元山丸、ぼすとん丸、東祥丸、錫蘭丸、鳥羽丸、安島丸、東洋丸、天昭丸、關西丸)
        3月26日1300六連発若竹直接護衛の下に台湾方面に進出す 速力九.五接
      2.佐世保防備戦隊司令官は現対潜掃蕩を実施しつつ間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は右に協力警戒に任ず

 17.03.28:佐世保鎮守府信電令作第53号:佐鎮機密第421番電:
       第十三驅逐隊(若竹欠)は成るべく速に女島の265度60浬附近に進出し佐世保防備戦隊司令官の指揮を
       承け対潜掃蕩に任ずべし

 17.03.28:佐世保鎮守府信電令作第54号:佐鎮機密第437番電:
      1.陸軍輸送船四隻(東晃丸、江蘇丸、竹川丸、山高丸)3月31日1400門司発高雄に向う
        航路大瀬埼附近より台湾海峡に直航速力九節
      2.佐世保防備戦隊司令官は現対潜掃蕩を実施しつつ間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右航路附近の警戒に任ずべし

 17.04.07:佐世保鎮守府信電令作第55号:佐鎮機密第499番電:
      1.陸軍輸送船団(あきつ丸、鹿島丸、諏訪丸)6日1600門司に向け基隆発7日0000北緯26度東経122度
        20分に達し南西諸島西方航路を航行す
      2.佐世保防備戦隊司令官は麾下の一艦をして壹岐水道附近迄之が直接護衛に任ぜしむべし
        佐世保海軍航空隊司令は適宜右護衛に協力すべし

 17.04.10:佐世保鎮守府信電令作第56号:佐鎮機密第522番電:
      1.一〇〇二番艦12日0300頃大隅海峡佐多岬沖通過長崎に回航の予定
      2.佐世保防備戦隊司令官は平島を大隅海峡、熊野丸を坊ノ岬附近に派遣し護衛に任ぜしむべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し警戒せしむべし

 17.04.12:佐世保鎮守府信電令作第57号:佐鎮機密第538番電:
      1.12日0215愛宕丸は東経127度5分北緯29度47分にて敵潜水艦の砲撃を受く
      2.各部隊は左に依り之を掃蕩撃滅すべし
       (イ)佐世保防備戦隊は一部艦艇を大隅海峡に急派大部艦艇を五島南西方済州島南方海面に派遣し掃蕩す
       (ロ)佐世保海軍航空隊は全力を挙げ索敵攻撃す
       (ハ)大村、博多各航空隊は司令所定に依り適宜飛行機を派遣右に協力す

 17.04.18:佐世保鎮守府信電令作第58号:佐鎮機密第---番電:
      1.蘇聯船の我近海に於ける行動は米国飛行機の本邦来襲状況に鑑み不審の点多し
      2.呉鎮守府部隊、聯合艦隊および鎮海警備府部隊は夫々蘇聯船を捜索中なり
      3.佐世保防備戦隊司令官及び佐世保海軍航空多司令は協力して九州南方及西方附近本府警備担任海面の
        蘇聯船舶を捜索し発見せば詳細臨検せしむべし

 17.04.20:佐世保鎮守府信電令作第59号:佐鎮機密第606番電:
      1.楡林丸20日1915東経127度53分北緯28度37分(奄美大島の西約60浬)にて敵潜水艦らしきものを発見す
      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇を派遣し索敵攻撃すべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行艇を以て右に協力すべし

 17.04.21:佐世保鎮守府信電令作第60号:佐鎮機密第611番電:
      1.第一〇〇二番艦23日1500長崎発徳山に回航諸公試実施の予定
      2.佐世保防備戦隊司令官は鷹島をして途中の護衛及航空公試時に於ける飛行警戒に任ぜしむべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し大隅海峡以西に於ける警戒に任ぜしむべし

 17.04.22:佐世保鎮守府信電令作第61号:佐鎮機密第618番電:
       佐世保防備戦隊司令官は一〇〇二番艦回航中信電令作第60号に依るの外平島及峯風を派遣し甑列島南方
        海面及大隅海峡の警戒に任ぜしむべし

 17.04.27:佐世保鎮守府信電令作第62号:佐鎮機密第649番電:
       敵は祝祭日を期し攻勢に出る傾向あるに鑑み4月29日0400より30日1200迄第二警戒配備に就き主として
       対空警戒に任ずべし

 17.05.01:佐世保鎮守府信電令作第63号:佐鎮機密第666番電:
       1日0845北緯28度16分東経123度50分に於て甲谷陀丸敵潜水艦の雷撃を受け大破浸水航行不能
       護衛艦鷺は僚船をして救助せしめ附近海面を掃蕩中なり
       佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇を以て索敵掃蕩すべし
       佐世保海軍航空隊司令は右に協力索敵攻撃すべし

 17.05.02:佐世保鎮守府信電令作第64号:佐鎮機密第670番電:
       燕、鷗をして高雄発佐世保帰港の途次第一海上護衛隊司令官の協議に応じ船団護衛に協力せしむべし

 17.05.18:佐世保鎮守府信電令作第65号:佐鎮機密第759番電:
       聯合艦隊機密第148番電に関連し左に依り第二號艦の警戒を実施すべし
      1.佐世保防備戦隊司令官は
       (イ)19日午前迄に艦艇二隻を大隅海峡に派遣し対潜警戒を実施す
       (ロ)第四十三掃海隊の全力を以て19日及20日長崎港より野母埼の南約20浬迄航路上の掃海を実施す
       (ハ)佐世保防備戦隊艦艇及崎戸部隊は航路及附近海面の警戒に任ず
      2.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て大隅海峡及甑列島附近海面の対潜警戒に任ず

 17.05.22:佐世保鎮守府信電令作第66号:佐鎮機密第785番電:
      1.現に従事中の掃海作業終了せば速に佐世保に帰投すべし
      2.回航の途次其の二隻は第一南遣艦隊長官の協議に応じ三亞九州沿岸間朝日の護衛に他の二隻は
        第一海上護衛隊司令官の協議に応じ輸送船団護衛に夫々協力すべし
      3.行動を予定し報告すべし

 17.05.23:佐世保鎮守府信電令作第67号:佐鎮機密第795番電:
       佐世保防備戦隊司令官は鷹島をして第一一七船団(まにら丸、湖北丸護衛艦なし)を支那沿岸附近迄
       警戒護衛に任ぜしむべし

 17.05.24:佐世保鎮守府信電令作第68号:佐鎮機密第804番電:
       左に依り陸軍輸送船六隻(上海行第七十師団6,600名)の護衛を実施すべし
      1.直接護衛
       (イ)護衛艦 冨津丸、平島、鷗
       (ロ)指揮官 冨津丸艦長
       (ハ)輸送船 南京丸、宇品丸、六甲丸、百合丸、幸喜丸、すらばや丸
       (ニ)集合  5月25日夕刻唐津湾
       (ホ)出港  25日夜半
       (ヘ)航路  二神島より済州島南を経て花鳥山
       (ト)速力  9節 28日午前揚子江口着の予定
       (チ)其の他指揮官所定
      2.佐世保防備戦隊艦艇は概ね現警戒掃蕩を実施しつつ間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊及博多海軍航空隊は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.05.26:佐世保鎮守府信電令作第69号:佐鎮機密第819番電:
      1.25日1650那覇の300度50浬に於て東京丸(900噸)は敵潜水艦の雷撃を受け沈没せり
      2.佐世保防備戦隊司令官は大島防備隊司令をして特設驅潜艇、特設防潜網艇を急派し対潜掃蕩を
        実施せしむべし

 17.05.27:佐世保鎮守府信電令作第70号:佐鎮機密第824番電:
       佐世保防備戦隊司令官は第三十六號哨戒艇をして28日早朝第一一九船団(呉竹護衛)に合同し
       概ね佐世保より300浬圏附近迄同行主として熱田丸の警戒に任ぜしむべし

 17.05.28:佐世保鎮守府信電令作第71号:佐鎮機密第828番電:
       第一一九船団は熱田丸一隻(呉竹護衛)に付信電令作第70号に依る第三十六號哨戒艇の警戒任務を解く

 17.05.30:佐世保鎮守府信電令作第72号:佐鎮機密第845番電:
       佐世保海軍航空隊司令は31日朝熱田丸遭難地点(東経129度10分北緯26度22分)に飛行艇を派遣し
       対潜警戒並に遭難者救助を援助すべし

 17.06.03:佐世保鎮守府信電令作第73号:佐鎮機密第867番:
       左に依り南海支隊用陸軍船団七隻(パラオ経由ラボール行弾薬糧積載)の護衛を実施すべし
      1.直接護衛
       (イ)護衛艦 河北丸平島第三十六號哨戒艇
       (ロ)護衛指揮官 河北丸艦長
       (ハ)輸送船 ぶりすべん丸和浦丸ありぞな丸川丸大井川丸、三共丸、妙高丸、速力10節半
       (ニ)集合 6月5日1700唐津湾
       (ホ)出発 5日夜
       (ヘ)航路 唐津相崎瀬戸通航大東島の東
       (ト)第四艦隊に引続き東経133度北緯20度9日夕刻の予定
       (チ)其の他指揮官所定
      2.佐防戦艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保航空隊博多航空隊各司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし
      4.夕凪は右に協力門司附近より適宜護衛を行へ
*     三共丸という船はない。三興丸の誤記か? 

 17.06.03:佐世保鎮守府信電令作第74号:佐鎮機密第869番:
       佐世保海軍航空隊司令は艦攻隊を準備出来次第小禄基地に派遣し大島附近防備部隊指揮官の作戦指揮を
       受けしむべし

 17.06.06:佐世保鎮守府信電令作第75号:佐鎮機密第880番:
      1.大島防備隊司令は全艦艇を以て極力速に熱田丸の捜索を実施すべし
      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を奄美大島に派遣右捜索に協力すべし

 17.06.13:佐世保鎮守府信電令作第76号:佐鎮機密第909番:
      1.鷹島は左に依り陸軍輸送船ぶゑのすあいれす丸(第十七軍司令官乗船ダバオ行)の直接護衛を実施
        すべし
       (イ)護衛区域 佐世保鎮守府警備区域
       (ロ)護衛艦及輸送船 6月15日1500集合打合せ終り後出発
       (ハ)航路 九州西岸沖縄附近爾後東経128度20分に向う速力13節
       (ニ)18日早朝東経128度北緯20度にて第三南遣艦隊に引繼
       (ホ)其の他鷹島艇長所定
      2.佐世保防備戦隊艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし
      4.引継点以南は第二十號驅潜艇護衛の予定

 17.07.14:佐世保鎮守府信電令作第77号:佐鎮機密第7番電:
      1.鷹島は左に依り陸軍輸送船能登丸(陸軍将校107名、下士官兵740名、鉄道要員、看護婦等約1,000名
        乗船高雄経由南方行)の直接護衛を実施すべし
       (イ)護衛区域    富江高雄間
       (ロ)護衛艦及輸送船 7月16日0800富江集合打合せ終了後出発
       (ハ)航路      大瀬崎より台湾海峡に至る直航路、速力14節
       (ニ)其の他     鷹島艇長所定
      2.佐世保防備戦隊艦艇は概ね現配備にて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.07.15:佐世保鎮守府信電令作第78号:佐鎮機密第10番電:
       第一掃海隊は作戦に関し大阪警備府司令長官の指揮を承くべし

 17.07.26:佐世保鎮守府信電令作第79号:佐鎮機密第55番電:
       左記に依り陸軍輸送船団五隻(上海行軍隊輸送)の護衛を実施すべし
      1.直接護衛
       (イ)護衛艦 河北丸、燕
       (ロ)護衛指揮官 河北丸艦長
       (ハ)輸送船 水戸丸、すらばや丸、六甲丸、ぱしふいつく丸、咸鏡丸、速力10節
       (ニ)集合 7月30日0900伊万里発
       (ホ)出発 1300頃
       (ヘ)伊万里より上海迄直航
       (ト)呉淞入港予定 8月1日夕刻
       (チ)其の他指揮官所定
      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし

 17.08.31:佐世保鎮守府信電令作第80号:機密第31181531番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は左の通峯風、鷹島をして吾妻丸(佐世保鎮守府第六特別陸戦隊乗船)の
        直接護衛に任ぜしむ
       (イ)護衛指揮官   峯風艦長
       (ロ)佐世保発    9月2日1200サイパン着9月6日午後
       (ハ)航路      屋久島南方より直航
       (ニ)速力      約十五節
       (ホ)サイパンにて第四艦隊に引継ぐ
       (ヘ)鷹島は概ね東経132度北緯28度30分附近迄直接護衛後佐世保に帰投
      2.佐世保防備隊船艇は概ね現配備に在りて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.09.05:佐世保鎮守府信電令作第82号:機密第05092005番電:
      1.5日0235東経131度19分北緯31度16分に於て第二日新丸は敵潜水艦の魚雷攻撃を受く(命中せず)
      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇を派遣し之が対潜掃蕩に任ぜしむべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を派遣し右に協力すべし

 17.09.08:佐世保鎮守府信電令作第83号:機密第08082227番電:
       8日1800以後都井崎沖の対潜掃蕩を止め各部隊固有任務に復帰すべし

 17.09.10:佐世保鎮守府信電令作第84号:機密第101900番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は左に依り冨津丸、第四號掃海艇をして興津丸(第十六設営隊乗船)の
        直接護衛に任ぜしむべし
       (イ)護衛指揮官   冨津丸砲艦長
       (ロ)護衛区域    佐世保より東経133度北緯27度附近迄(爾後単独航行)
       (ハ)航路      屋久島南方よりトラックへ概ね直航
       (ニ)速力      約十節
       (ホ)9月12日1400佐世保発(21日夕刻トラック着の予定)
       (ヘ)第四號掃海艇は13日朝屋久島北方にて合同す
      2.佐世保防備隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.09.12:佐世保鎮守府信電令作第85号:機密第12140092番電:
       佐世保防備戦隊司令官は平島、鷹島の一艇をして当分の間奄美大島に派遣作戦に関し大島防司令の
       指揮を承けしむべし

 17.09.13:佐世保鎮守府信電令作第86号:機密第13143088番電:
       峯風は作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮を承くべし

 17.09.18:佐世保鎮守府信電令作第87号:機密第18113080番電:
      1.さんらもん丸、丹後丸は男女群島附近にて敵潜水艦らしきもの(艦影を認めず)の砲撃を受けたり
      2.佐世保防備戦隊司令官は速に艦艇を派遣し之が掃蕩撃滅に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は航空機を派遣し右に協力すべし

 17.09.19:佐世保鎮守府信電令作第88号:機密第19170190番電:
      1.さんらもん丸、丹後丸の情報を綜合するに敵潜水艦に非らずと判断す
      2.佐世保防備戦隊艦艇及佐世保海軍航空隊飛行機は各固有任務に復帰せよ

 17.09.19:佐世保鎮守府信電令作第89号:機密第191653番電:
       萬光丸は燃料満載の上9月25日迄に香港に回航、陸軍部隊の香港よりソロモン群島方面に至る急速輸送
       に協力すべし

 17.09.21:佐世保鎮守府信電令作第90号:機密第21110098番電:
       第一掃海隊司令は第一號掃海艇、第三號掃海艇を9月24日迄に佐伯に回航せしめ
       沖輸送船団の護衛に任ずべし

 17.09.23:佐世保鎮守府信電令作第91号:佐鎮機密第23163528番電:
      1.輸送機は1500頃東経124度6分北緯32度5分に敵浮上潜水艦を発見せり
      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇を派遣し之を掃蕩撃滅すべし
      3.佐世保航空隊司令は航空機を派遣し索敵攻撃すべし

 17.09.27:佐世保鎮守府信電令作第92号:佐鎮機密第27105218番電:
       本府信電令作第91号の任務を解く

 17.10.03:佐世保鎮守府信電令作第93号:佐鎮機密第03150081番電:
      1.あるぜんちな丸(豫備学生531名准士官以上9名下士官兵117名同家族42名乗船)4日0630佐世保発
        航路三〇二七、三〇二六正午位置4日下甑島の西5日久米島の西を経て6日1500高雄着の予定
        航行速力17節
      2.海面防備部隊艦艇は概ね現配備に在りて之が間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令及大島防備隊司令は適宜飛行機を派遣し右船団護衛に協力すべし

 17.10.05:佐世保鎮守府信電令作第94号:佐鎮機密第05142593番電:
      1.あるぐん丸は5日0730東経128度43分北緯32度9分に於て雷撃を受く被害なし
      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇を急派し掃蕩撃滅に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を派遣し右に協力すべし

 17.10.07:佐世保鎮守府信電令作第95号:佐鎮機密第07200010番電:
       信電令作第94号に依る任務を解く

 17.10.11:佐世保鎮守府信電令作第96号:佐鎮機密第111000番電:
       鷹島に対する大島防備隊司令の作戦指揮を解く

 17.10.11:佐世保鎮守府信電令作第97号:佐鎮機密第111101番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は平島をして明宇丸(陸軍補充兵約二千名乗船)の伊万里湾上海間の直接護衛
        に任ぜしむべし
       (イ)10月12日1500伊万里湾発14日夕刻ベルブイ着
       (ロ)航路:直航、速力:9節
      2.佐世保防備戦隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.10.12:佐世保鎮守府信電令作第98号:佐鎮機密第12161022番電:
      1.12日1120新竹航空隊輸送機は東経125度51分北緯28度11分に敵潜水艦を発見せり
      2.佐世保防備戦隊司令官は鷹島を急派、大島防備隊司令は艦艇、航空機を派遣し之が掃蕩撃滅に任ぜしむ
        べし

 17.10.15:佐世保鎮守府信電令作第99号:佐鎮機密第15141546番電:
       1800以後信電令作第98号の任務を解く

 17.10.16:佐世保鎮守府信電令作第100号:佐鎮機密第16155007番電:
      1.16日1430第五薩南丸は東経127度35分北緯28度36分に敵潜水艦を発見せり
      2.佐世保防備戦隊司令官は大島防備隊司令をして艦艇飛行機を以て速に之が掃蕩撃滅に任ぜしむべし

 17.10.19:佐世保鎮守府信電令作第101号:佐鎮機密第385番電:
      1.伏見丸は19日1100東経126度34分北緯26度35分に於て敵潜水艦の追躡を受く
      2.大島防備隊司令は艦艇及飛行機を急派し之を掃蕩撃滅すべし

 17.10.23:佐世保鎮守府信電令作第102号:佐鎮機密第222300番電:
       23日0700以後信電令作第101号に依る任務を解く

 17.10.25:佐世保鎮守府信電令作第103号:佐鎮機密第251202番電:
       佐世保防備戦隊司令官は平島、鷹島の一隻をして当分の間奄美大島に派遣
       作戦に関し大島防備隊司令の指揮を承けしむべし

 17.10.31:佐世保鎮守府信電令作第104号:佐鎮機密第31114070番電:
      1.唐山丸は31日0950東経126度25分北緯33度0分に敵潜水艦を発見せり
      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇を派遣し之を撃滅すべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右に協力すべし

 17.11.03:佐世保鎮守府信電令作第105号:佐鎮機密第031240番電:
       信電令作第104号に依る任務を4日0600迄とす

 17.11.08:佐世保鎮守府信電令作第106号:佐鎮機密第08151065番電:
       豐國丸は1335東経125度5分北緯34度0分に於て敵潜水艦の攻撃を受く
       佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇を急派し之を制圧撃滅すべし
       佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右に協力すべし

 17.11.09:佐世保鎮守府信電令作第107号:佐鎮機密第090918番電:
       峯風は速に佐世保に帰投すべし

 17.11.10:佐世保鎮守府信電令作第108号:佐鎮機密第1015521番電:
       11日0700以後対潜掃蕩を止め各固有任務に就け

 17.11.17:佐世保鎮守府信電令作第109号:佐鎮機密第17090554番電:
      1.16日1730日南丸は東経126度12分北緯31度58分に於て敵潜水艦の雷撃を受く
      2.佐世保防備戦隊司令官は速に艦艇を派遣し敵潜掃蕩に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右に協力すべし

 17.11.24:佐世保鎮守府信電令作第110号:佐鎮機密第241745番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は左に依り第三號掃海艇、海威をして恵昭丸、西阿丸(第十七設営隊半数乗艇)
        の直接護衛に任ぜしむべし
       (イ)護衛指揮官 第三號掃海艇長
       (ロ)護衛区域  佐世保より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後ラバウルへ単独直航)
       (ハ)速力    12節
       (ニ)11月25日1200佐世保発12月5日朝ラバウル着
      2.佐世保防備戦隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし

 17.12.04:佐世保鎮守府信電令作第111号:佐鎮機密第041715番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は第一掃海隊の二隻をして南海丸、香久丸(第十七設営隊半数乗船)の
        直接護衛に任ずべし
       (イ)護衛区域 佐世保より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後単独直航)
       (ロ)速力   約14節
       (ハ)12月6日1300佐世保発14日夕刻ラバウル着
      2.佐世保防備戦隊艦艇は現配備に在りて間接護衛に任ずべし
      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.12.05:佐世保鎮守府信電令作第112号:佐鎮機密第051445番電:
      1.諸情報を綜合するに敵は12月8日前後を期し大挙反撃空襲を企図するの算あり
      2.4日以降三陸房総沖に敵潜出没漸次本府担任海域に出現の兆あり
      3.各部警戒を厳にすべし

 17.12.06:佐世保鎮守府信電令作第113号:佐鎮機密第061000番電:
       佐世保海軍航空隊司令は作戦に関し機動部隊電令作第30号に依る瑞鳳戦闘機九機(指揮官瑞鳳分隊長)を 
       併せ指揮し主として佐世保方面の防空に任ずべし

 17.12.06:佐世保鎮守府信電令作第114号:佐鎮機密第061410番電:
       7日0800以後第二警戒配備となせ

 17.12.11:佐世保鎮守府信電令作第115号:佐鎮機密第111405番電:
       第三警戒配備となせ

 17.12.12:佐世保鎮守府信電令作第116号:佐鎮機密第121420番電:
      1.佐世保防備戦隊司令官は艦艇一隻をして日威丸(兵器弾薬搭載、速力約12節)の直接護衛に任ぜしむ
        べし
       (イ)佐世保港外より東経132度北緯28度附近迄直接護衛(爾後単独直航)
       (ロ)日威丸は12月13日0800佐世保発21日午前トラック着の予定
      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣し右護衛に協力すべし

 17.12.13:佐世保鎮守府信電令作第117号:佐鎮機密第13011971番電:
       佐世保海軍航空隊司令は13日黎明時より約二時間左の飛行哨戒を実施すべし
      1.戦闘機二機 佐世保軍港上空哨戒
      2.水偵二機  佐世保より230度260度間120浬上移動哨戒

 17.12.13:佐世保鎮守府信電令作第118号:佐鎮機密第131340番電:
       第三警戒配備となせ、但し灯火は警戒管制

 17.12.14:佐世保鎮守府信電令作第119号:佐鎮機密第142245番電:
       瑞鳳艦上戦闘機九機に対する作戦指揮を解く

18.01.05:佐世保鎮守府信電令作第1号:佐鎮機密第051606番電:      1.丙一號輸送部隊は左に依り釜山港発沖永良部島与論島間(甲点と仮称す)通過パラオ方面に進出す       (イ)第一輸送隊(第九戦隊、相良丸、讃岐丸   速力14.3節)9日0800発、10日1800甲点通過       (ロ)第二輸送隊(國丸、筥崎丸、新玉丸、初雪 速力10.5節)8日0900発、10日0900甲点通過        (ハ)第三輸送隊(壽山丸、新京丸、敷波     速力 8.5節)7日0800発、9日1800甲点通過       (ニ)愛國丸                 (速力17 節)6日0800発、7日1400甲点通過      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇及飛行機を派遣、なし得る限り右船団の護衛に任ずべし      3.佐世保海軍航空隊司令は全力を挙げ右護衛に協力すべし 18.01.16:佐世保鎮守府信電令作第2号:佐鎮機密第161700番電:      1.白山丸、妙高丸(第二十五特別根據地隊、ニューギニア海軍民生府、第八建設部要員資材搭載        速力14節)18日1800三池出港23日パラオ着にて進出の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇及飛行機を派遣し護衛を実施すべし        但し       (イ)護衛指揮官 水無月驅逐艦長       (ロ)水無月は三池よりパラオ迄直接護衛        (ハ)佐世保防備戦隊艦艇は北緯25度線附近迄直接護衛       (ニ)飛行警戒の区分を北緯29度30分線迄佐世保海軍航空隊水偵右以南を沖縄派遣隊艦攻とす      3.本護衛に関し佐世保海軍航空隊司令及水無月驅逐艦長は佐世保防備戦隊司令官の指揮を受くべし 18.01.19:佐世保鎮守府信電令作第3号:佐鎮機密第191600番電:      1.佐世保海軍航空隊司令は左に依り鹿児島基地に飛行機を派遣し対潜哨戒に任ぜしむべし       (イ)1月20日より約一週間(特令に依り撤退)       (ロ)水偵二乃至三機        (ハ)哨戒範囲 鹿児島の140度乃至190度間250浬       (ニ)其の他 佐世保海軍航空隊司令所定      2.右期間中沖縄派遣隊の哨戒線B三B四を250浬とす 18.01.23:佐世保鎮守府信電令作第4号:佐鎮機密第231720番電:       佐世保海軍航空隊司令は佐鎮信電令作第3号に依る基地を1月24日撤退すべし 18.01.25:佐世保鎮守府信電令作第5号:佐鎮機密第251600番電:      1.箱根丸(陸軍部隊1700名乗船速力13節)28日1100三池発高雄経由昭南に進出の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は一艦を派遣し馬鞍群島附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.02.01:佐世保鎮守府信電令作第6号:佐鎮機密第011340番電:      1,諏訪丸(海軍補充交代員約1800名乗船速力14節)        2月2日1100三池発吐噶喇海峡を通過7日早朝サイパン着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は一艦を派遣し島原海湾口より概ね東経131度30分北緯29度0分線附近迄        直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.02.01:佐世保鎮守府信電令作第7号:佐鎮機密第011830番電:      1.あきつ丸(陸軍特殊輸送船速力16節)        2月2日0700門司発相崎瀬戸通過南西諸島より南支那海経由スラバヤに向う      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜の艦艇及飛行機を以て富江沖より北緯24度00分線附近迄        直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.02.10:佐世保鎮守府信電令作第8号:佐鎮機密第101700番電:      1.朝風丸、興新丸(第二十四設営隊乗船速力11節)        12日1200佐世保発21日朝アンボン着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇及飛行機を派遣し北緯24度線附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.02.20:佐世保鎮守府信電令作第9号:佐鎮機密第201340番電:       佐世保防備戦隊司令官は第三十六號哨戒艇及第三十九號哨戒艇をして作戦に関し南西方面艦隊司令長官       の指揮を承けしむべし 18.02.22:佐世保鎮守府信電令作第10号:佐鎮機密第221355番電:       佐世保海軍航空隊司令は水偵二乃至三機を左に依り鹿児島基地に派遣し対潜警戒を実施すべし      1.鹿児島より140度200度間200浬圏内哨戒      2.2月23日より約一週間(特令に依り撤退) 18.02.25:佐世保鎮守府信電令作第11号:佐鎮機密第251422番電:       第三十七號、第三十九號驅潜艇は佐世保回航の途次都井岬より航路上の対潜哨戒に任ずべし 18.02.26:佐世保鎮守府信電令作第12号:佐鎮機密第261530番電:       佐世保海軍航空隊司令は27日の哨戒に敵情を得ざれば鹿児島基地を撤退すべし 18.02.26:佐世保鎮守府信電令作第13号:佐鎮機密第261640番電:      1.筥崎丸(ラバウル行横鎮建築部、航本関係800名、トラック行第四建築部450名乗船速力13節)        3月1日1200三池発9日夕刻ラバウル着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇飛行機を派遣し北緯26度30分附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.03.07:佐世保鎮守府信電令作第14号:佐鎮機密第070940番電:      1.淺間丸(17,000噸速力17節下士官兵約550名工員及会社員約1,100名乗船)8日0600佐世保発10日        1200高雄着航路直行の予定      2.海面防備部隊指揮官は適宜艦艇及飛行機を派遣し之が直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は右護衛に協力すべし 18.03.07:佐世保鎮守府信電令作第15号:佐鎮機密第071022番電:       佐世保海軍航空隊司令は水偵二機を左に依り鹿児島基地に派遣対潜警戒を実施すべし      1.鹿児島より100度200度間200浬圏内哨戒      2.3月7日より約一週間(特令に依り撤退) 18.03.10:佐世保鎮守府信電令作第16号:佐鎮機密第101600番電:      1.山霧丸、辰南丸(第二十六設營隊乗船速力10節)11日正午佐世保発吐噶喇海峡を経て20日1600T点        (21日未明南水道)通行トラック着の予定      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇及飛行機を派遣し北緯26度線附近迄直接護衛に任ぜしむべし      3.佐世保海軍航空隊司令は右護衛に協力すべし 18.03.10:佐世保鎮守府信電令作第17号:佐鎮機密第102110番電:      1.佐世保防備戦隊司令官は峯風をして11日1700馬公発佐世保行の鎌倉丸を七星附近迄直接護衛、爾後        佐鎮機密第101305番電の任務に就かしむべし      2.一艦を東汀島の90度5浬附近に派遣、鎌倉丸を防禦海面迄直接護衛せしむべし 18.03.14:佐世保鎮守府信電令作第18号:佐鎮機密第141700番電:      1.佐世保海軍航空隊司令は3月15日水偵三機を古仁屋に派遣しC哨区の対潜掃蕩に任ぜしむべし       (期間約一週間の予定)      2.大島防備隊司令は派遣中の水偵を区処すべし      3.大島防備隊司令は右基地作業を援助すべし 18.03.14:佐世保鎮守府信電令作第19号:佐鎮機密第141730番電:       佐世保防備戦隊司令官は一艇を派遣し第一海上護衛隊の船団護衛(護衛艦:第三十六號哨戒艇)に       協力せしむべし      1.第一三七船団六隻        松江丸、六甲丸、日美丸、北光丸、華陽丸、松江丸(陸軍兵員2,700名乗船、速力9節)      2.3月15日1100門司発高雄行      3.護衛協力区域         大瀬崎北方より北緯30度30分東経134度30分附近迄 18.03.16:佐世保鎮守府信電令作第20号:佐鎮機密第161410番電:      1.東洋丸19日朝より20日夕刻迄(天候不良の際は延期)東経126度19分北緯31度54分にて海底電線        修理の予定)      2.佐世保防備戦隊司令官は艦艇一隻を派遣右作業中警戒に任ぜしむべし 18.03.17:佐世保鎮守府信電令作第21号:佐鎮機密第171630番電:       佐世保海軍航空隊司令は鹿児島派遣中の水偵隊を3月18日復帰せしむべし 18.03.18:佐世保鎮守府信電令作第22号:佐鎮機密第181120番電:      1.金剛(直衛艦:萩風、夕暮)19日正午佐世保発20日0000頃大隅海峡を通過瀬戸内海に回航す      2.佐世保防備戦隊司令官は一艦を派遣し大隅海峡の掃蕩に任ずべし 18.03.27:佐世保鎮守府信電令作第23号:佐鎮機密第271900番電:      1.大和丸、熱河丸28日門司発相崎瀬戸通過、基隆行速力15節      2.陸軍船宇賀丸、富生丸、美崎丸28日門司及唐津発相崎瀬戸通過上海方面行速力9節      3.昭慶丸、謙譲丸28日野母浦発高雄基隆行速力8節      4.佐世保防備戦隊司令官は前号各船団を夫々直接護衛すべし      5.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を派遣し右護衛に協力すべし 18.03.28:佐世保鎮守府信電令作第24号:佐鎮機密第281045番電:      1.佐世保海軍航空隊司令は信電令作第18号に依る古仁屋派遣隊に水偵三機を増勢すべし      2.佐世保防備戦隊司令官は第二日正丸を派遣し基地設営に協力せしむべし行動予定を報告すべし      3.第二十一海軍航空廠長は水偵用繋留浮標三組を大島防備隊に貸与すべし 18.03.28:佐世保鎮守府信電令作第25号:佐鎮機密第281530番電:      1.上海丸29日1100長崎発1430頃富江経由上海行速力17節      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜艦艇を派遣し同船を直接護衛すべし      3.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を以て右護衛に協力すべし 18.03.31:佐世保鎮守府信電令作第26号:佐鎮機密第311320番電:       寶島座洲中の興生丸引卸救難作業を左に依り実施す      1.作業指揮官        佐世保海軍港務部長      2.救難隊        本府艦艇救難規程第二救難部署に準じ主として港務部及工廠より派出す      3.派遣艇        立~及曳船適宜        佐防艦艇派遣に関しては後令す      4.大島防備隊司令は対潜警戒及作業援助の為一艇を現場に派遣し港務部長の指揮を承けしむべし 18.04.01:佐世保鎮守府信電令作第27号:佐鎮機密第011140番電:      1.1日0537佐世保海軍航空隊水偵は草垣島の220度40浬に敵浮上潜水艦を発見せり      2.佐世保防備戦隊司令官は之を掃蕩撃滅すべし      3.佐世保海軍航空隊司令は航空機を派遣し之に協力すべし 18.04.02:佐世保鎮守府信電令作第28号:佐鎮機密第021445番電:       南進丸(4700噸玄界島の279度7200米に漂流中)の曳航救難作業を左に依り実施すべし      1.作業指揮官        佐世保海軍港務部部員      2.救難隊        本府艦船救難規程第二救難部署に準じ主として港務部及工廠より派出す      3.救難艇        曳船適宜      4.佐世保防備戦隊司令官は現場派遣中の艦艇をして右作業に協力せしむ 18.04.07:佐世保鎮守府信電令作第29号:佐鎮機密第071130番電:      1.佐世保海軍航空隊司令は4月8日以後古仁屋派遣中の水偵隊を復帰せしむべし      2.佐世保防備戦隊司令官は適宜の艦艇をして右基地員撤去に協力せしむべし 18.04.15:佐世保鎮守府信電令作第30号:佐鎮機密第151030番電:       興生丸救難作業任務を解く、但し大島防備隊司令は一艦を現場附近に派遣し対潜警戒に任ぜしむべし 18.04.18:佐世保鎮守府信電令作第31号:佐鎮機密第181730番電:      1.佐世保防備戦隊司令官は適宜の艦艇一隻をして左に依り佐世保、高雄間鎌倉丸(一六節)の直接護衛        を実施せしむべし       (イ)佐世保発19日1600高雄着22日午前       (ロ)大陸接岸航路      2.佐世保海軍航空隊司令は飛行機を派遣し右に協力すべし 18.04.20:佐世保鎮守府信電令作第32号:佐鎮機密第201127番電:       佐世保海軍港務部長は立~をして第二日新丸現場に派遣し救難曳航作業を援助せしむべし 18.04.21:佐世保鎮守府信電令作第33号:佐鎮機密第211000番電:       佐世保海軍航空隊司令は4月22日より当分の間水偵三乃至四機を鹿児島基地に派遣し佐鎮命令作第40号       に依る護衛対潜攻撃任務に就かしむべし 18.04.26:佐世保鎮守府信電令作第34号:佐鎮機密第2617000番電:       日向佐世保回航の際佐世保防備戦隊司令官は艦艇を佐世保海軍航空隊司令は飛行機を派遣し大隅海峡       以西の間接護衛に任ぜしむべし 18.05.01:佐世保鎮守府信電令作第35号:佐鎮機密第010936番電:       佐世保海軍航空隊司令は信電令作第33号に依り鹿児島派遣中の水偵隊を便宜復帰せしむべし 18.05.08:佐世保鎮守府信電令作第36号:佐鎮機密第081000番電:       佐世保海軍航空隊司令は艦戦半隊をして5月10日以降作戦に関し海南警備府司令長官の指揮を承け       しむべし 18.05.28:佐世保鎮守府信電令作第37号:佐鎮機密第282345番電:      1.あかつき丸は28日1700北緯27度40分東経125度55分に於て敵潜水艦の砲撃を受け機械故障        航行不能となれり      2.佐世保海軍港務部長は立~を急派し之が曳航に任ぜしむべし      3.佐世保防備戦隊司令官及佐世保海軍航空隊司令は艦艇及飛行機一を以て右に協力せしむべし 18.06.15:佐世保鎮守府信電令作第38号:佐鎮機密第150935番電:      1.佐世保海軍航空隊司令は左に依り飛行機隊を古仁屋に派遣し常駐せしむべし       (イ)指揮官  分隊長又は隊附尉官       (ロ)派遣機  水偵常用4、補用1       (ハ)任務   担任区域(別令)内の船団護衛、対潜対空哨戒並に攻撃       (ニ)進出期日 準備出来次第速に      2.佐世保防備戦隊司令官は冨津丸をして右基地進出に協力せしむべし      3.大島防備隊司令は作戦に関し右派遣隊を区処すべし 18.06.21:佐世保鎮守府信電令作第39号:佐鎮機密第210930番電:       佐世保防備戦隊司令官は麾下艦艇をして6月22日門司発一九六船団(五隻)護衛艦隼と協力       23日佐世保発昭南行予定の那須山丸、北安丸及龍王山丸(九及十二特根増強部隊乗船)の直接護衛(       高雄迄)に任ぜしむべし 18.06.21:佐世保鎮守府信電令作第40号:佐鎮機密第211020番電:      1.0900白瀬灯台の北300米香港丸敵潜水艦の雷撃を受け浸水しつつあり      2.鎭警部隊は右敵潜水艦を制圧中      3.佐世保防備戦隊、佐空部隊は全力を以て敵潜水艦を撃滅すべし 18.06.22:佐世保鎮守府信電令作第41号:佐鎮機密第221655番電:       大島防備隊司令は艦艇、飛行機の全力を以て古仁屋の21度53浬の敵潜水艦を極力攻撃撃滅すべし 18.06.23:佐世保鎮守府信電令作第42号:佐鎮機密第231340番電:       佐世保防備戦隊、佐空部隊は敵情を得ざれば24日0800以後各指揮官所定に依り信電令作第40号に依る       対潜掃蕩を止め所定配備に就け 18.06.24:佐世保鎮守府信電令作第43号:佐鎮機密第241225番電:      1.大島防備隊司令は艦艇の全力を以て北緯28度44分東経127度03分の敵潜水艦を撃滅すべし      2.航空部隊は右に協力すべし 18.12.17:佐世保鎮守府信電令作第57号:佐鎮機密第170924番電:       舞空、鎮空各派遣隊は佐空司令の指揮を受くべし 18.12.30:佐世保鎮守府信電令作第62号:佐鎮機密第963番電:       新井埼、第六博多丸及び第五十一播州丸は作戦に関し佐防戦司令官の指揮を受くべし
19.06.22:佐世保鎮守府信電令作第40号:佐鎮機密第220929番電:      1.第三警戒配備となせ      2.在支米空軍に対しては当時警戒を要する情勢に在り各部隊は当分の間特に夜半より黎明迄の警戒を        厳にすべし      3.上陸外出に関しては別途指令す 19.06.22:佐世保鎮守府信電令作第42号:佐鎮機密第221719番電:      1.在支米空軍に対し常時警戒を要する情勢にして特に見張り機関の関係上五島西北の警戒を厳にする        の要あり      2.佐防司令は当分の間適宜の艦艇一隻をして北緯33度0分及北緯33度30分東経128度0分及東経128度        30分線を以て包まるる海域に於て対潜掃蕩を兼ね対空見張監視に任ずべし 19.06.24:佐世保鎮守府信電令作第43号:佐鎮機密第240817番電:      1.陸軍情報(英国情報に依れば)在支米空軍は6月25日頃日本本土空襲を企図しあるものの如し      2.佐鎮部隊は見張警戒を厳に防禦の完璧を期すべし 19.06.25:佐世保鎮守府信電令作第44号:佐鎮機密第251417番電:      1.今明日特に在支米空軍に対し警戒を要す      2.佐世保大村地区2200以後灯火警戒管制となせ 19.08.08:佐世保鎮守府信電令作第71号:佐鎮機密第080848番電:       佐世保防備隊指令は現掃蕩中の艦艇をして兼ねて長良遭難地点附近に於て同艦遭難者及機密       物件の捜索収容に任ずべし 19.10.06:佐世保鎮守府信電令作第111号:佐鎮機密第061659番電:       B29北九州方面偵察せり九州空襲の算大なり、佐鎮部隊は1800以後第二警戒配備となせ
20.03.22:佐世保鎮守府信電令第52号:佐鎮機密第222145番電:       第百四十五號輸送艦、第百四十六號輸送艦は先任艦長之を指揮3月24日以後佐世保発宮古島及び       石垣島対する緊急輸送を実施すべし、搭載物件に関しては別令す 20.03.18:佐世保鎮守府信電令作第57号:      1.鹿屋より発信せる哨戒機17日2300都井岬の130度140浬に敵機動部隊らしきものを探知せり 20.03.25:佐世保鎮守府信電令作第70号:佐鎮機密第251548番電:      3.第百四十五號及第百四十六號輸送艦は特令するまで佐世保に於て待機せよ 20.03.26:佐世保鎮守府信電令作第74号:      1.天一号作戦発動下令せらる      2.各隊は佐鎮捷合作戦要領により作戦せよ      3.第十七號、第百四十五號、第百四十六號輸送艦は緊急輸送に備え佐世保に待機せよ 20.03.27:佐世保鎮守府信電令作第79号:機密第272015番電:       左に依り佐世保大島間緊急作戦輸送を実施す      1.指揮官:第十七號輸送艦長      2.輸送艦:第十七號、第百四十五號、第百四十六號輸送艦、第四十九號驅潜艇      3.行動:X日佐世保出撃、X+2日黎明迄に入港するものとし細目日令      4.輸送人員物件:       (イ)(大島蛟龍隊関係基地員並物件)芙蓉丸より移載       (ロ)蛟龍丙型二隻       (ハ)大島行弾薬其の他      5.本輸送隊を大島輸送隊と呼称 20.03.28:佐世保鎮守府信電令作第80号:機密第281415番電:      1.第百八十六號海防艦を九州方面護衛部隊本隊に編入す(3月27日附)      2.第百八十六號海防艦を佐世保鎮守府信電令作第79号に依る大島輸送隊に加う 20.03.28:佐世保鎮守府信電令作第82号:機密第281956番電:      1.呂第六十三號潜水艦を附属部隊に編入      2.呂第六十三號潜水艦は第三蛟龍隊関係人員物件其の他の搭載成るべく速く奄美大島に進出        大島防備隊司令の指揮を承け大島蛟龍隊の作戦任務に従事すべし、行動を予定し報告せよ 20.03.30:佐世保鎮守府信電令作第85号:機密第301809番電:       佐世保鎮守府信電令作第79号に依る大島輸送隊に第十七號驅潜艇を加う 20.03.31:佐世保鎮守府信電令作第86号:機密第311256番電:       佐世保鎮守府信電令作第79号に依る大島輸送隊の佐世保出撃(X日)を3月31日とす 20.04.13:佐世保鎮守府信電令作第101号:機密第131356番電:       門司及び若松各在勤武官は海上交通保護(但し内海方面の航行管制を除く)に関し       對馬海峡方面部隊指揮官の指揮を承くべし 20.05.11:佐世保鎮守府信電令作第115号:機密第111822番電:      1.五月十日府佐鎮兵力部署より奇襲部隊を除き左の部隊を加う(部隊、指揮官、兵力、任務の順)       (イ)第一特攻部隊、第三特攻戦隊司令官、第三特攻戦隊、敵攻略軍撃滅       (ロ)第二特攻部隊、第五特攻戦隊司令官、第五特攻戦隊、山川部隊、敵攻略軍撃滅、南方諸島          作戦輸送      2.第二特攻部隊指揮官は前項所定任務の外特令する迄佐鎮兵力部署に依る第四海上護衛隊司令官の        任務を継承続行すべし 20.05.12:佐世保鎮守府信電令作第116号:      1.十七米及十四米特型運貨船各二隻(公稱番號二〇九五、二〇九六及一二六、三四九)を        第二二輸送隊に配属す      2.右四隻を以て挺身舟艇輸送隊を編成し第二特攻部隊に編入す      3.第二特攻部隊指揮官は挺身舟艇輸送を以て左の外指揮官所定に依り喜界島に対する作戦輸送        を実施すべし       (イ)出港基地を山川又は泊浦とし列島線昼間?輸送を実施すべし       (ロ)第一次輸送物件は佐世保にて搭載の上出発基地に回航せしめ第二次以後は予め出発基地          に準備す       (ハ)到着後十四米特型運貨船を大島に残し該乗員は十七米運貨船に収容帰投せしむ 20.05.13:佐世保鎮守府信電令作第121号:機密第131049番電:       第二特攻部隊より山川部隊を除く       第二特攻部隊指揮官は作戦に関し山川部隊を区処することを得 20.06.04:佐世保鎮守府信電令作第136号:機密第042053番電:      1.第四監視艇隊(修理中のもの及び佐世保防備隊司令の指揮下の四隻を除く)を對馬海峡        方面部隊に編入す      2.對馬海峡方面部隊指揮官は第四監視艇隊(一部欠)を唐津湾方面に之が同様司令をして        所在の呉鎮船艇を併せ指揮せしめ唐津湾及び伊万里湾海面の防備に任ずべし      3.佐防司令は唐津湾及び伊万里湾派遣中の兵力をして掃海に関し第四監視艇隊司令の指揮を        承けしむべし

佐世保鎮守府信電令

 16.12.08:佐世保鎮守府信電令第13号:
       当分の間灯火警戒管制を実施すべし

 16.12.20:佐世保鎮守府信電令第16号:
       爾今当分の間灯火通常管制となせ
       但し艦船に関しては特令する場合の外佐世保軍港在泊中のものを除き各級指揮官所定とす

17.02.09:佐世保鎮守府信電令第2号:佐鎮機密第940番電:       佐世保第一海兵團長は警戒隊(特准一、下士官兵一〇名)をして俘虜七六名を13日午前大分にて       大分空警戒隊より受領し上海に護送し陸軍受領員に引渡さしむべし       但し大分、三池間鐡道輸送三池にて第二號興東丸に便乗 17.03.12:佐世保鎮守府信電令第5号:佐鎮機密第278番電:       佐世保海軍港務部長は片島水道に三個宇久島~ノ浦入口に一個の掲燈浮標を設置すべし 17.04.27:佐世保鎮守府信電令第7号:佐鎮機密第645番電:       佐世保防備戦隊司令官は鷹島をして隼鷹機銃方位盤発射弾着観測艇として協力せしむべし 17.08.27:佐世保鎮守府信電令第9号:佐鎮機密第27081562番電:       本日施行予定の第一回防空教練を延期す期日は追て令す 17.09.04:佐世保鎮守府信電令第10号:佐鎮機密第04114534番電:       機密佐鎮命令第318号に依る本府第一回防空教練実施期日X日を9月7日とす 17.10.12:佐世保鎮守府信電令第12号:佐鎮機密第120930番電:       特務艦及特設艦船にして他艦隊、鎮守府又は警備府防禦海面又は之に準ずる海面を出入若は通航する       場合は其の行動に付豫め所管鎮守府、警備府又は艦隊長官に通報し其の指示に従うべし 17.10.12:佐世保鎮守府信電令第13号:佐鎮機密第121200番電:       機密佐鎮命令第369号に依る本府第二回防空教練実施期日を10月15日とす 17.12.31:佐世保鎮守府信電令第16号:佐鎮機密第311130番電:       機密佐世保鎮守府命令第470号に依る本府第二回防空教練第二法実施期日を1月26日27日に改む
18.04.01:佐世保鎮守府信電令第2号:佐鎮機密第010915番電:       佐世保防備戦隊司令官は南進丸、おは丸衝突地点に一艇を急派し救難に従事せしむべし 18.04.15:佐世保鎮守府信電令第4号:佐鎮機密第150825番電:       奄美大島海峡西口附近防備用航路浮標(残存せる四及五番)は適宜撤去すべし 20.03.05:佐世保鎮守府信電令第33号:      1.第十七號輸送艦は沖縄に対する重要兵器(甲標的2基、弾薬約100瓲其の他兵器若干)の        緊急輸送1回実施すべし      2.機雷部隊指揮官は右輸送に関し第十七號輸送艦を指揮すべし 20.05.21:佐世保鎮守府信電令第69号:佐鎮機密第210924番電:       第二特攻部隊指揮官は姫島丸を佐世保施設部長は一號曳船をして当面の任務に差支なき範囲に       於て極力増強し陸軍部隊の種子島輸送に協力せしむべし

佐世保鎮守府信令作

 17.12.05:佐世保鎮守府信令作第1号:
       諸情報を綜合するに敵は12月8日前後を期し大挙反撃空襲を企図するの算あり各部警戒すべし

 17.12.06:佐世保鎮守府信令作第2号:
      1.7日0800以後第二警戒配備となせ
      2.佐世保海軍航空隊司令は左に依り佐世保上空の対空哨戒を実施すべし
       (イ)毎日日出日没時各一時間
       (ロ)1100より1400まで
      3.佐世保軍港防空強化の為左に依り一三粍聯装機銃を装備すべし
         佐世保警備隊 7基
         佐世保航空隊 2基
         佐世保防備隊 2基
      4.8日の陸上演習及観兵式は情況変化なき限り実施す
        但し作戦上必要なる艦船部隊を除く
      5.軍港警戒隊配備は現状通とす
      6.第二警戒配備中灯火警戒管制とす

 20.04.16:佐世保鎮守府信令作第103号:機密第161329番電:
       對馬海峡方面部隊指揮官は海上交通保護並に対潜作業に関し第一海上護衛部隊の作戦に
       協力すべし

佐世保鎮守府信令

 17.02.14:佐世保鎮守府信令第24号:
       佐世保第一海兵團長は信電令作第27号に依る護衛中信号兵四名を陸軍輸送船に派遣すべし
       但し往復の際の便乗艦を平島及河北丸とす

 17.03.08:佐世保鎮守府信令第34号:
       佐世保第一海兵團長は警戒隊(特准一名下士官兵五名)をヘリオス號に派遣し支那人其の他外国人の
       警戒護送に任じ上海に於て釈放せしむべし

 17.12.07:佐世保鎮守府信令第132号:
       来12月8日大東亞戦争一周年記念行事に関し左の通定む
      1.陸上各庁は早朝より日没時迄国旗を、軍艦旗を掲揚し得る陸上各部は0800より軍艦旗を掲揚すべし
      2.庁長所定に依り宣戦の大詔奉礼式並に訓詁を行うべし
      3.1159より一分間戦捷及出征将兵の武運長久を神明に祈念並に興国の英霊に対し感謝黙祷すべし
        但し警戒配備中の者は各配置に在りて警戒を厳にすべし 

 19.12.09:佐世保鎮守府信令第36号:
      1.本8日敵水上艦艇硫黄島を攻撃せる外本土南方海面に於て敵機動部隊策動中の算
        大なると共に情報に依れば7日本州来襲機の外尚相当数のB29成都附近に集結しある
        現状に鑑み厳重警戒を要す

 20.03.15:佐世保鎮守府信令第47号:
       濟州、怒和島をして宮古島往路の途次第十八號輸送艦と同航、那覇の50浬圏内迄同艦の護衛に
       協力すべし

*****

電令作・電令・信電令作・信電令・信令作・信令へ戻る

Homeヘ戻る