小笠原部隊電令作

 18.09.24:小笠原部隊電令作第37号:
      1.大鷹0700 北緯28度00分東経146度10分に於いて魚雷命中航行不能
      2.航空部隊は可相航空機兵力を以て連続索敵攻撃並警戒に任ずべし
      3.第三十三號掃海艇は準備出来次第、直ちに出撃、之が対潜掃蕩に協力すべし

 19.05.09:小笠原部隊電令作第101号:
      1.第四五一〇乙船団(商船6隻、護衛艦4隻)10日0430横須賀に向け出撃の予定
      2.第五十二號驅潜艇は之が護衛に協力したる後、横須賀工廠と連絡の上所要の修理に従事すべし
      3.航空部隊は右船団部隊の上空並に前方の警戒を特に厳にすべし

 19.05.11:小笠原部隊電令作第102号:
      1.0400北緯29度41分東経141度35分の地点に於て熊野山丸*1雷撃を受け沈没す
      2.航空部隊は速に発進、右敵潜の制圧攻撃に任ずべし
      3.第五十二號驅潜艇は制圧を止め速に船団に合同すべし
        *1 青龍丸の誤り

 19.06.13:小笠原部隊電令作第121号:
       美保丸船団は明14日0100出撃、東京湾方面に避退待機すべし

 19.06.14:小笠原部隊電令作第122号:
      1.第三六〇六船団を改編
        護衛隊:能美、隠岐、天草、第七昭和丸、第八昭和丸
        船団:美保丸、甘井子丸、豐川丸、淡路丸
        本船団を美保丸船団と呼称す
      2.船団部隊指揮官を古賀大佐に指定す、乗艦は指揮官所定
          3.船団部隊指揮官は出撃までの日時を利用、教育訓練を励行すべし
      4.船団部隊出撃日時は特令

 19.06.28:小笠原部隊信電令作第127号:機密第281510番電:
      1.航空部隊は伊號輸送部隊の前路並に上空警戒を(横鎮機密第271945番電関連)厳にせよ
      2.航空部隊指揮官は警戒要領を定め関係の向に報告せよ

 19.06.30:小笠原部隊信電令作第81号:機密第301125番電:
      1.第百三號特設輸送艦は準備出来次第出撃、直に作戦輸送に任じたる後単独帰投すべし
      2.旗風は硫黄島近海迄之が護衛に任ずべし

小笠原部隊電令



小笠原部隊信電令作



小笠原部隊信令


*****

電令作・電令・信電令作・信電令・信令作・信令へ戻る

Homeヘ戻る