燕京丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M39.11.24:進水、命名:Maud M40.02.--:竣工、船主:Aktioselskab Maud、船籍港:Tønsberg、      登録総噸数:2,117、登録純噸数:1,351、信号符字:MDCJ、      運航:Hjalmar Røed and Company
T13.02.07:Cadiz〜Argiers〜Port Said〜Singapore〜香港〜門司〜04.10横浜 04.--.--:船主:Eric Moller、船籍港:Shanghaiに変更 04.11.--:改名:龍山(Lung Shan)、      船主:三北輪埠公司(San Peh Steam Navigation Company, Limited)、船籍港:Shanghaiに変更 09.--.--:信号符字:XNBBに変更 10.--.--:登録総噸数:2,278、登録純噸数:1,319に変更
13.--.--:改名:Enderta、      船主:Compagnia Italiana di Navigazione S.A.I.、船籍港:Shanghai, Italyに変更 --.--.--:傭船
17.--.--:改名:燕京丸、      帝國船舶株式會社に管理委託 17.10.--:山下汽船株式會社に運航委託 --.--.--:信号符字:JWPQに変更 18.09.09:大阪警備府電令作第39号:阪警機密第090945番電:      1.帝國は伊國を実質的に敵国として措置す      2.管内所在伊太利艦艇及船舶は之を抑留す 18.09.10:軍務機密第101936番電:      3.抑留船舶は(支那人船員は其の儘使用)差当り同乗日本船員を以て補充引続き運航せしめ        られ度、尚不足の船員は夫々運航担当業者にて充当の予定         抑留船舶運航担当業者左の通        (ハ)木丸、燕京丸、杭寧丸、巴龍丸、松王丸 山下汽船 18.10.03:軍務機密第031566番電:       旧伊國籍捕獲船及同拿捕船の処理に関し左の通定めらる      4.燕京丸、木丸、杭寧丸及松王丸は差当り山下汽船にて運航 --.--.--:徴傭:船舶運營會 20.03.--:石炭3,028t搭載 20.03.--:連雲港〜      〜03.28 0545(N33.57-E130.27)福岡県宗像郡大島北東4浬にて雷撃回避、九五式爆雷投射1個〜      〜若松 20.05.16:唐津〜      〜05.18 1230 B-29 2機と交戦〜      〜05.18 1300 総員退船下令
20.05.18:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N34.15-E126.36 朝鮮南岸莞島南西沖10km附近 喪失原因:米B-29 2機による空爆

同型船

 要調査。

兵装

 十三粍単装機銃2基、爆雷。

写真資料

 "SKIPSHISTORIE"
 "WRECK SITE"

前の船へ ← 外国傭船(伊太利船) → 次の船へ

Homeへ戻る