特殊油槽船

特殊油槽船について

油槽船の不足により逼迫する石油事情に対応するためTE型と称する被曳航油槽船を建造することになり、昭和18年までに50隻が完成しました。これらは宮地鉄工、横河橋梁、松尾橋梁東京・大阪、長谷鉄工、帝國造船、蓬莱造船、日本橋梁、田中車輛、津守造機、木南車輛、自念組造船及び日立神奈川造船で建造され、新たに設立された南方油槽船株式會社が運航しました。海軍では24隻以上を徴傭しており、戦時日誌等で「特二〇號」などと書かれているのがこれらの特殊油槽船です。

特殊油槽船の諸元

全長:60.000m、幅:6.760m、深さ:6.760m、満載吃水:6.000m、満載排水量:1,640t、重油搭載量:1.335m3、計画曳航速力:8kt、船殻は全容接構造。

特殊油槽船の船歴

下の各船の画像または船名をクリックして下さい。

第一南油

第二南油

第三南油

第四南油

第五南油

第六南油

第七南油

第八南油

第九南油

第十南油

第十一南油

第十二南油

第十三南油

第十四南油

第十五南油

第十六南油

第十七南油

第十八南油

第十九南油

第二十南油

第二十一南油

第二十二南油

第二十三南油

第二十四南油

第二十五南油

第二十六南油

第二十七南油

第二十八南油

第二十九南油

第三十南油

第三十一南油

第三十二南油

第三十三南油

第三十四南油

第三十五南油

第三十六南油

第三十七南油

第三十八南油

第三十九南油

第四十南油

第四十一南油

第四十二南油

第四十三南油

第四十四南油

第四十五南油

第四十六南油

第四十七南油

第四十八南油

第四十九南油

第五十南油

 

写真出典:

 

*****