門司丸の船歴

 年 月 日:船歴

T11.01.30:起工 T11.08.15:進水、命名:門司丸 T11.09.15:竣工、船主:日本郵船株式會社、船籍港:東京、      登録総噸数:3,757、登録純噸数:2,201
T12.10.--:中間検査 T13.10.--:中間検査 T13.12.14:温州〜門司〜12.22横浜 T14.09.--:中間検査 T15.11.--:中間検査 02.11.--:横浜にて定期検査  03.07.26:船主:近海郵船株式會社に変更 03.07.--:中間検査 06.--.--:登録総噸数:3,831、登録純噸数:2,297に変更
13.07.30:徴傭:陸軍 14.01.19:解傭
14.08.16:船主:日本郵船株式會社に変更 15.03.29:定期検査完了 16.04.14:中間検査完了
16.07.08:徴傭:陸軍 16.09.04:解傭
16.--.--:登録総噸数:3,836、登録純噸数:2,358に変更
16.09.30:徴傭:陸軍 16.11.20:坂出〜11.29母島 16.11.21:軍隊区分:機密G攻略部隊命令作第1号:護衛集団輸送船第三分隊(船番号:9) 16.12.01:母島〜各種運動訓練、上陸演習、泊地進入訓練〜12.02母島 16.12.04:(G攻略作戦:輸送船第三分隊)母島〜      〜12.08 1400 解列〜      〜12.09グァム島沖 16.12.10:楠瀬部隊揚陸 16.12.10:グァム沖〜12.10大宮島油港(=アプラ港) 16.12.12:大宮島〜12.12サイパン12.29〜大宮島
17.01.06:軍隊区分:機密R攻略部隊命令作第1号:本隊第三部隊輸送船第三分隊(船番号:V/9) 17.01.14:(R攻略作戦:輸送船第三分隊)大宮島〜      〜01.14 1500 港外にて敷設艦津輕」と合同〜      〜01.17 0300 驅逐艦「睦月」、同「望月」解列〜      〜01.17 0940 メレヨン島西方海面にて第六水雷戦隊及び第四部隊に合同〜      〜01.17 1315 驅逐艦「睦月」、同「望月」復帰〜      〜01.17 1515 驅逐艦「望月」解列〜      〜01.18 0430 驅逐艦「睦月」解列〜      〜01.18 0739 特設運送船第二號海城丸」が合同〜      〜01.19 1700 驅逐艦「睦月」復帰〜      〜01.20 1737 驅逐艦「夕凪」解列〜      〜01.22 1000 驅逐艦「夕凪」復帰〜      〜01.22 1500 第二部隊と敷設艦「津輕」が分離〜      〜01.22ラバウル港外 17.01.23:部隊揚陸 17.02.08:ラバウル〜04.18パラオ〜05.06宇品 17.06.17:門司〜07.07黄埔 17.07.07:黄埔〜07.07香港07.18〜08.04大阪 17.08.30:大阪〜09.03黄埔 17.09.05:黄埔〜09.09聖雀09.15〜09.18昭南 17.09.23:昭南〜09.24パレンバン10.01〜10.05バタビヤ 17.10.08:バタビヤ〜10.10パレンバン10.11〜10.12昭南 17.10.16:昭南〜10.21蘭貢10.28〜10.29パッセイン10.30〜11.05蘭貢11.10〜ポートディクソン11.26〜      〜11.26昭南 17.11.27:昭南〜11.29パレンバン12.04〜12.06昭南 17.12.06:昭南〜12.12蘭貢12.23〜12.29プライ01.13〜モールメン〜01.19蘭貢01.20〜02.06昭南 18.02.26:昭南〜03.08聖雀03.15〜03.21高雄 18.03.22:高雄〜03.27門司 18.05.16:門司〜05.27パラオ 18.06.24:(フ405船団)パラオ〜07.02佐伯 18.07.--:佐伯〜07.03宇品 18.07.07:神戸〜07.09釜山07.15〜07.17神戸 18.08.08:門司〜佐伯 18.08.12:(オ208船団)佐伯〜08.21パラオ 18.08.26:パラオ〜09.03ラバウル 18.09.22:ラバウル〜09.30パラオ 18.10.05:パラオ〜10.15宇品 18.10.21:宇品〜佐伯 18.10.31:(オ112船団)佐伯〜11.11パラオ 18.11.25:パラオ〜12.06門司 18.12.25:門司〜富江湾 18.12.27:(第124船団)富江湾〜      〜12.27 1300 機関故障により陸軍配當船富士丸」が船団から分離〜      〜12.30 0600 基隆行「白鹿丸」が船団から分離〜      〜12.31高雄 19.01.02:高雄〜01.07マニラ 19.01.20:マニラ〜01.22セブ01.23〜01.27ハルマヘラ 19.01.30:カウ〜01.31アンボン 19.02.10:ハルマヘラ〜02.13マノクワリ02.23〜02.26ハルマヘラ 19.02.27:ハルマヘラ〜03.03セブ03.04〜03.05マニラ 19.03.18:マニラ〜03.21高雄 19.03.27:高雄〜04.02門司 19.04.28:東京〜05.06サイパン05.09〜05.30トラック 19.06.03:トラック〜サイパン 19.06.11:サイパン〜      〜06.12 0930頃(N17.32-E144.10)米第58機動部隊艦載機による空爆により小破〜      〜06.12 2330 サイパンへ引返す〜      〜06.14 0200 敵艦隊に遭遇〜      〜06.14 0530頃 沈没
19.06.14:沈没 19.06.14:解傭
喪失場所:サイパン沖 喪失原因:米艦隊TG52.17及びTG52.18からの砲撃

同型船

 大阪丸

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1998年2月号「日本商船隊の懐古 No.223」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.189)
 "State Library of New South Wales", Digital order No. a638560r
 小樽市博物館所蔵(82-5)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る