曉鷹丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工、予定船名:MMS123又は124
16.12.28:押収
押収場所:香港黄埔船渠庇利分工場 押収原因:陸軍部隊による
17.04.28:船舶司令官より曉第2942部隊長宛て河川内海底電線敷設船に改造指令 17.05.03:曉第2942部隊長より株式會社大阪鐵工所九龍造船所に改造方発令 18.03.08:進水、命名:曉鷹丸 18.06.24:竣工
18.06.--:香港附近海底線修理 18.08.10:香港〜08.14マニラ 18.08.--:第二船舶輸送地区隊司令部配属、マニラーコレヒドール間海底線修理工事着手 18.10.01:マニラ在泊、湾内海底線修理中(10.03まで) 18.10.04:マニラ在泊(10.14まで) 18.10.15:マニラ在泊、海底線修理中(10.24まで) 18.10.25:マニラ在泊、作業(10.28まで) 18.10.29:マニラ在泊 18.10.30:マニラ在泊、作業 18.10.31:マニラ在泊 18.12.06:昭南回航、第三船舶輸送司令部海底電線敷設班配属      昭南、スマトラ、ジャワ及び沿岸島嶼間海底線工事 20.03.25:船舶通信聯隊(曉第2955部隊)配属 20.04.12:昭南〜西貢向け航行
20.04.17:沈没
喪失場所:N03.27-E103.37 マレー半島ペカン群ネオン沖約10浬 喪失原因:米哨戒爆撃中隊(VPB 111)のPB4Yによる空爆

同型船

 曉鷲丸

兵装

 機銃1基、爆雷4個。

写真資料

 「海底線百年の歩み」社団法人電気通信協会 S46.03 海底線施設事務所(P.433)
 "Aircraft Action Report (Unit Reporting: VPB-111) 1945/04/17"

前の船へ ← 押収船 → 次の船へ

前の船へ ← 電線敷設船 → 次の船へ

Homeへ戻る