開南丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M40.03.16:進水、命名:Makambo --.--.--:竣工、船主:Burns, Philp & Company, Limited、船籍港:Sydney、      船舶番号:121180、信号符字:HKNC、登録総噸数:1,159、登録純噸数:648
08.--.--:船主:Burns, Philp (South Sea) Limited、船籍港:Suva, Fiji  09.--.--:信号符字:VQWLに変更 10.09.20:Miltayriki, Vila, New Hebridesにて座礁 --.--.--:スクラップのため売却 --.--.--:浮揚、修理 15.--.--:船主:株式會社岡田組、船籍港:大阪、登録総噸数:1,133、登録純噸数:636に変更 16.--.--:登録総噸数:1,130、登録純噸数:629に変更
17.01.22:徴傭:一般徴傭船(救難船)、呉鎮守府所管、第十一特別工作部配属 17.01.31:官房機密第203番電:       第十一特別工作部配属救難船秋津丸三保丸、開南丸、北安丸東榮丸の五隻は香港回航後       第十一特別工作部長の定むる実施計画に依り取敢えず香港港内の沈船処理作業に従事せしむる様       取計はれ度 17.02.01:大阪〜02.02門司02.03〜02.09香港 17.02.09:沈没船処理(04.11まで) 17.02.14:海軍省軍務局、大海参第一部機密第244番電:       特設運送船那智山丸及佐世保鎮守府所管徴傭船三保丸、同秋津丸、同開南丸、同北安丸、同東榮丸を       して第十一特別工作部長所定に依る驅逐艦引揚作業に従事せしむる様取計はれ度 17.04.12:香港〜04.22昭南 17.04.15:船主:岡田商船株式會社、船籍港:東京に変更 17.04.22:沈没船処理(07.02まで) 17.07.02:昭南〜07.03パレンバン 17.07.03:沈没船処理(09.03まで) 17.09.03:パレンバン〜09.10昭南 17.09.10:沈没船処理(18.05.31まで) 18.--.--:昭南〜12.02彼南 18.12.05:彼南〜12.07プーケット 18.12.07:イタリア沈船引揚作業(01.22まで) 19.01.22:プーケット〜01.21彼南 19.01.27:彼南〜01.28プーケット 19.01.28:イタリア沈船引揚作業(02.17まで) 19.02.17:プーケット〜02.18彼南 19.02.22:彼南〜02.23プーケット02.29〜02.29カンタン03.03〜03.03プーケット03.18〜      〜03.19彼南 19.03.23:彼南〜03.24プーケット04.30〜05.01彼南
19.06.12:沈没 19.09.30:解傭
喪失場所:N07.54-E098.27 プーケット沖 喪失原因:英潜水艦Stoic(P.231)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.180)
 "State Library of Victoria", Image No. H91.108/1010
 "State Library of New South Wales", Image No. PXE 722/2275 

前の船へ ← 一般徴傭船(救難船) → 次の船へ

Homeへ戻る