女島丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 03.08.--:進水、命名:女島丸 --.--.--:竣工
03.10.--:新規登録:所有者:九州商船株式會社、船籍港:大阪市           登録総噸数:342、登録純噸数:202 --.--.--:長崎〜五島〜佐世保航路 07.12.10:変更登録:登録総噸数:336、登録純噸数:197 08.05.18:0300頃 長崎県蝙蝠ノ鼻東方沖合約1,000mの地点にて漁舟と衝突 13.08.23:変更登録:船籍港:長崎市 13.11.16:定期検査 13.11.21:変更登録:登録純噸数:191 16.03.05:中間検査
16.08.30:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設掃海艇、呉鎮守府所管 16.09.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 齋 佐一 16.09.20:株式會社名村造船所にて艤装工事開始 16.10.12:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第三十三掃海隊 16.10.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊第三十三掃海隊 16.10.15:掃海艇長:海軍豫備大尉 齋 佐一 16.11.20:軍隊区分:下関防備隊第三十三掃海隊第一小隊(2) 17.09.17:蓋井島灯台の284度10浬にて浮流機雷発見、曳航〜 17.09.17:特設驅潜艇第十一日東丸」に浮流機雷を引渡し 17.10.07:カベ島の25度2,200mにて浮流機雷発見 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 齋 佐一 18.07.07:吉見〜07.14吉見08.13〜08.14吉見08.28〜08.29吉見09.06〜09.06吉見 18.09.10:吉見〜09.25吉見10.05〜10.19吉見11.06〜11.25吉見 19.01.27:吉見〜01.30吉見 19.03.01:吉見〜03.02吉見03.06〜03.27吉見04.21〜04.24吉見05.09〜05.12吉見 19.05.10:掃海艇長:海軍大尉 上野 将 19.06.17:吉見〜06.20吉見07.22〜 19.07.24:(N35.19-E133.11)浮流機雷銃撃処分〜      〜08.10吉見08.19〜08.22吉見09.18〜09.21吉見 19.10.09:吉見〜10.29吉見11.11〜11.20吉見12.08〜12.11吉見12.31〜12.31吉見 20.02.07:吉見〜02.07吉見02.19〜02.19吉見 20.03.24:軍隊区分:関門防備部隊第一哨戒隊 20.04.10:戦時編制:大海幕機密第608号ノ230:聯合艦隊第七艦隊第三十三掃海隊 20.04.10:軍隊区分:佐世保鎮守府電令作第97号:對馬海峡方面部隊 20.04.10:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第--号:関門防備部隊 20.04.26:0750 0750 蓋井灯台の230度1,200mにて触雷
20.04.26:沈没 20.05.19:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第9号:直卒 20.06.01:特設掃海隊編制:内令第498号:第三十三掃海隊の項を削る 20.06.01:内令第502号:下関防備隊所属 20.06.01:戦時編制:聯合艦隊第七艦隊下関防備隊 20.07.10:除籍:内令第624号 20.07.10:解傭
喪失場所:N34.04-E130.47 蓋井灯台の230度1,300m 喪失原因:触雷

同型船

 男島丸。

兵装

 要調査。

写真資料

 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第七巻(P.123)
 「八十年の歩み」 H03.12 九州商船株式会社

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る