硯山丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.04.15:起工 13.07.01:進水、命名:硯山丸 13.09.10:竣工
15.12.06:徴傭 15.12.16:入籍:内令第980号:特設砲艦、舞鶴鎮守府所管
15.12.16:砲艦長:海軍豫備大尉 高橋 熟 16.01.15:特設砲艦隊編制:内令第28号:第三砲艦隊 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第二根據地隊第三砲艦隊 16.01.15:小隊区分:第一小隊、艦船番号:2、略称:第32号砲艦 16.01.15:石炭、重油搭載 16.01.16:石炭搭載 16.01.17:舞鶴海軍工廠第三船渠にて艤装工事 16.01.21:真水搭載 16.01.22:出渠 16.01.22:真水搭載 16.01.23:艤装工事終了 16.01.24:舞鶴〜01.27蘭間01.28〜01.29橘浦 16.01.31:清水補給 16.02.03:橘浦〜出動諸訓練、旋回圏測定〜02.03橘浦 16.02.05:橘浦〜出動諸訓練、速力試験、楕力検測〜02.05下津 16.02.05:清水補給 16.02.06:下津〜02.06小松島 16.02.07:工作艦明石」に横付け、揚錨機修理 16.02.10:小松島〜出動諸訓練、防雷航行、陣形運動〜02.10橘浦 16.02.12:橘浦〜航行諸訓練〜機械故障〜02.12浦戸沖 16.02.13:浦戸沖〜聯合艦隊第四回基本演習〜02.13須崎  16.02.14:須崎〜聯合艦隊第四回基本演習〜02.15有明湾 16.02.15:石炭搭載 16.02.16:有明湾〜爆雷投射訓練、陣形運動、対潜警戒〜02.16有明湾 16.02.17:有明湾〜爆雷投射訓練〜02.17有明湾 16.02.18:真水搭載 16.02.19:有明湾〜02.20鹿児島 16.02.22:真水搭載 16.02.24:鹿児島〜02.24児ヶ水湾02.25〜      〜02.25 復水器故障〜      〜02.26鹿児島 16.02.26:真水、潤滑油搭載 16.02.27:復水器応急修理 16.02.28:復水器応急修理復旧 16.03.02:鹿児島〜03.04呉 16.03.04:主復水器及び補助機械修理、機械、缶内部掃除 16.03.22:呉〜03.26泗礁山 16.03.31:泗礁山〜      〜04.01 第一期特別大演習〜      〜04.02阿久根 16.04.04:阿久根〜      〜04.06 特設部隊聯合訓練〜      〜04.06橘湾(富岡湾) 16.04.06:真水搭載 16.04.07:橘湾〜特設部隊聯合訓練〜04.08佐世保 16.04.09:機関整備
16.04.10:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第二根據地隊第三砲艦隊 16.04.10:佐世保〜04.12舞鶴 16.04.26:転錨(工廠岸壁) 16.05.13:高橋豫備大尉退任、砲艦長補佐:海軍豫備少尉 増瀬 忠夫 16.05.15:砲艦長:欠員 16.05.15:特設砲艦隊編制:内令第522号:第三砲艦隊より削る 16.05.15:舞鶴鎮守府豫備艦
16.06.15:除籍:内令第682号 16.06.17:解傭
17.04.30:(船団)西貢〜05.06馬公 17.11.21:蘭貢〜ブライ 18.05.10:アンボン〜05.18スラバヤ 19.08.31:アンボン〜09.02ケンダリ09.03〜09.06ラハ09.07〜09.11マカッサル 19.12.15:(スバ09船団)スラバヤ〜12.19セブク島〜バリクパパン 19.12.--:バリクパパン〜12.23スラバヤ 20.02.06:(硯山丸船団)スラバヤ〜      〜02.07 1514 敵潜望鏡確認、「第二號哨戒艇」が対潜掃蕩〜      〜02.07 1535 零式水上偵察機が急降下爆弾2個投下〜      〜02.07 1552 「第十一號掃海艇」「第百四號掃海特務艇」来着〜   〜マカッサル 20.04.27:第一警備部隊電令作第160号:       第二號驅潜艇第十七昭南丸を併せ指揮し28日出撃、大丸、硯山丸及第十一産興丸を       マカッサル、ランカウイ島まで護衛 20.04.28:スラバヤ〜      〜04.30 1315 スパンジャン島西端180度10浬にて「大丸」が雷撃を受けるが被害なし〜      〜04.30 ---- サウル島に避泊
20.08.15:残存

同型船

 第八桐丸新興丸

兵装

 八糎砲2門。

写真資料

 「SANOYASU-80年の歩み」 H02.09 株式会社サノヤス 社史編纂委員会 (P.24)
 「サノヤス・ヒシノ明昌100年史」 H23.10 株式会社サノヤス・ヒシノ明昌(P.237)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る