來島丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T06.03.--:進水、命名:Baikal T--.--.--:竣工、船主:Russian Government
T12.--.--:マニラにて係船 S02.--.--:船主:Madrigal & Company、船籍港:Manilaに変更、"Titania"と改名 10.--.--:船主:Mollers' Towages, Limited、船籍港:Shanghai、船舶番号:158011、      信号符字:GYLNに変更、      "Christine Moller"と改名 10.05.24:上海〜05.26基隆05.27〜05.31イロイロ 10.06.06:(汽船「サルバドル」を曳航)イロイロ〜06.11海口(沖1浬) 10.06.12:海口〜06.13高雄(港外) 10.06.13:高雄州警務部高等課による取調べ 10.06.14:船舶法違反容疑で臺南地方法院高雄支部検察局に送致、船舶抑留 10.06.24:不起訴処分 10.06.24:高雄〜基隆〜上海
16.12.08:上海港内(浦東Mollers' Engineering Works)にて拿捕 --.--.--:信号符字點付:JKZR 17.03.26:佐世保鎮守府回航員に引渡し 17.03.27:佐世保捕獲審検所審検広告 17.03.31:上海〜富江湾〜長崎〜04.03佐世保 17.04.10:海軍省軍務局機密第540番電:特設掃海艇來島丸、横須賀鎮守府所管に予定 17.04.12:海軍省軍務局機密第547番電:雑役船(救難船兼曳船)、佐世保鎮守府所属、      第一〇一港務部に配属(供用)予定:速やかに艤装地に回航
17.05.06:官房第2747号:大東亞戦争に於て拿捕せる船を雑役船に編入       命名:雑役船「來島丸」       船種:救難船兼曳船(八百噸)       所属:佐世保海軍港務部、定数別:臨時附属       記事:大東亞戦争拿捕船「クリスチャン・モラー」 17.06.20:佐世保捕獲審検所事件番号第253号判決「捕獲」 --.--.--:信号符字改正:JWQY 19.01.--:リオ海峡にて電線敷設〜昭南(商港) 19.01.--:昭南〜巡洋艦「北上」と合同、「北上」を曳航〜昭南 19.02.24:昭南〜水雷艇」の救助 19.05.31:リンガ泊地〜運送艦早鞆」を曳航〜06.01昭南 19.06.29:昭南〜水上機母艦「能登呂」救難〜06.30昭南 19.07.12:昭南〜運送艦「早鞆」を曳航〜07.14リンガ泊地 20.02.19:「輝山丸」曳航作業 20.02.27:特設病院船第二氷川丸」曳航作業
20.08.15:残存 --.--.--:除籍 20.08.--:返還

同型船

 なし

兵装

 十糎砲1門、七粍七単装機銃2基、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「世界商船要覧」S16.12 海と空社
 "SOLD EAST" H.W. Dick & S.A. Kentwell 1991 Nautical Association of Australia Inc. (P.239.261)

前の船へ ← 救難船兼曳船 → 次の船へ

Homeへ戻る