第二永洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

18.10.16:起工 18.12.04:配当船発令:       授受地:大阪       授受年月日:昭和19年2月2日       記事:呉鎮守府より大阪警備府に委託 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 18.12.30:進水、命名:第二永洋丸 19.01.31:竣工、船主:關東タンカー株式會社→共同企業株式會社
19.02--.--:徴傭:船舶運營會海軍配當船、佐世保鎮守府所管 19.02.03:第35次海軍指定船 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.02.--:解傭
19.02.28:徴傭 19.03.20:入籍:内令第465号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
19.03.20:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(乙) 19.05.--:軍属200名便乗 19.05.02:門司〜05.11マニラ 19.05.--:便乗者200名退船、燃料油50t、缶水100t補給 19.05.13:マニラ〜05.18セブ 19.05.--:石油空缶1,500缶、空ドラム500本積載 19.05.19:セブ〜05.20ザンボアンガ 19.05.--:空ドラム200本積載、缶水100t補給 19.05.24:ザンボアンガ〜05.30バリックパパン 19.05.--:石油空缶1,500缶、空ドラム700本揚荷 19.05.--:重油7,000t積載、燃料油500t、缶水200t補給 19.06.01:バリックパパン〜06.05タラカン06.06〜06.09カウ湾 19.06.--:聯合艦隊に積載重油7,000t補給 19.06.11:カウ湾〜06.13ブラ 19.06.--:重油4,000t積載、燃料油100t、缶水100t補給 19.06.12:軍隊区分:聯合艦隊電令作第141号:渾部隊 19.06.13:船主:日本油槽船株式會社に変更 19.06.14:軍隊区分:渾部隊電令作第21号:補給部隊 19.06.15:ブラ〜06.17カウ湾 19.06.16:軍隊区分:南西部隊電令作第423号:渾部隊編制解除、NSAB編入 19.06.--:聯合艦隊に積載重油3,000t補給 19.06.18:カウ湾〜06.20メナド 19.06.--:故障修理、缶水200t補給 19.06.21:メナド〜06.23ダバオ 19.06.--:艦隊に積載重油1,000t補給、缶水100t補給 19.06.25:ダバオ〜06.27タラカン 19.06.--:原油6,000t積載、缶水100t補給 19.06.29:タラカン〜07.05バリックパパン 19.07.--:原油6,000t揚荷、重油6,000t積載、燃料油500t、缶水200t補給 19.07.10:バリックパパン〜07.19ザンボアンガ 19.07.--:重油1,000t揚荷 19.07.21:ザンボアンガ〜07.22セブ 19.07.--:重油1,000t揚荷、缶水50t補給 19.07.23:セブ〜07.27マニラ 19.07.--:重油4,000t揚荷、缶水200t補給 19.07.--:機関修理、二十五粍聯装機銃据付け 19.08.05:マニラ〜08.10タラカン 19.08.--:原油7,000t積載、缶水100t補給 19.08.13:タラカン〜08.20バリックパパン 19.08.--:原油7,000t揚荷、重油6,000t、航空揮発油900ドラム積載 19.08.28:バリックパパン〜09.02ホロ 19.09.--:航空揮発油900ドラム揚荷 19.09.03:ホロ〜09.04ザンボアンガ 19.09.--:重油1,000トン揚荷、缶水100t補給 19.09.06:ザンボアンガ〜マニラ向け航行〜 19.09.07:(N08.12-E122.37)にて米潜水艦"Paddle"(SS-263)の攻撃を受け被雷、中破〜09.09セブ
19.09.12:沈没 19.11.10:除籍:内令第1258号 19.11.10:解傭
喪失場所:N10.29-E123.90 セブ港内 喪失原因:空爆

同型船

1TM型戦時標準船

兵装

 要調査

写真資料

 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:80-G-247510
 "戦没した船と海員の資料館"
* 「あやその丸」として誤って紹介されているのが本船「第二永洋丸」です。

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る